2006年02月28日

どうすれば国民は食料物資危機を乗り越えられるのか??

これは日本の経済崩壊を乗り越える、のと同じことですね。^^
政府には出来ない(口にさえしない)国民一人一人がやるしかない対応策。
もう政府に頼っている時代ではありません。
政府は国民のことを真剣に考えてなどいないから。^^;;
彼らにとって一番大事なのは、、それよりも自分達の利権ですから〜〜ッ!!(切腹ーッ!)
政治家と言うものは、自分の命よりも国民の幸せを優先する位の気概であるべきです。

ということで、
では国民はどうして行けば良いのか。

1・まず食料!!

これが一番国民の命に直接関わってくる最優先のアイテムでしょう。
お金はいくらあっても紙っぴら、しかも無い物は買えない、という状況になるから。
(都会が一番ハードな食糧不足になる。ほたるの墓のさらにやばい状態です。)

ソ連が崩壊した時、ロシアでやはり経済崩壊が起きたのは記憶に新しいことだと思います。
真冬に食料やエネルギーが不足して大変な状況だとの報道を皆さん憶えているでしょう?
あれは主に都市の状況だったんですね。
食料自給率が日本よりずっと高かったロシアは、田舎の方では食料はそれほど問題なかった。
都市は畑が少ないのと、お金が紙っぴらになって経済も流通しないので食料やエネルギーが不足した。
必然的に物々交換中心になった。
敗戦時の日本もそういう状態だった。
ところがロシアの都市の人達の多くは、田舎に畑付きのコテージを持っている人達だったそうです。
そういう人達はそこで自給をしてなんとかしのぎ、餓死者が出たとの報道までは流れなかった。
敗戦時の日本で言うと、都市の人達が田舎に疎開して、畑や田んぼを手伝っていた姿と言うところでしょう。

やはりソ連の崩壊と共に食糧供給を断たれ崩壊したキューバは、食料の大切さを思い知らされ、
そこら中で自給自足を始め、今や有機農先進国になっているのであります!
キューバの崩壊前の食料自給率は、43%だったらしい。
日本も一人一人が今から転換すれば遅くないんです!(政府は逆行してるから相手にしない。)
大変な状況に陥る前に。^^

そう、自給自足こそ社会が崩れても生きて行ける最後の砦であり、人類の原点の姿なんです。
それは、自然の循環の中で生きている野生動物達と同じ、その延長線としての滅びない人間のあり方なんです。
うちもまだ食料がなんとか出来て来たくらいだけどね。
まず食料がやっぱ大事だから。
自給って難しいって言うのが一般的な誤解なんだけど、自分達が食べる分の自給なんて簡単だし、とっても楽しくって美味しいんだよー。^^

そして分かち合い。

そういう状況では分かち合わないとみんなが生きて行けない。
敗戦時の映画”ほたるの墓”のように餓死者が出るような荒んだ世間にしてはいけない。
あの映画は見るのが辛かったけど、正に現代の私達への警鐘となるのかも知れない。

おれの中にもまだ解き放てていない我欲があるけどね。
これはまた別の機会にくわしく書くけど、

自然欲(自然界の摂理の中で自然に湧いて来る欲)と
我欲(自分の頭の捉われによって生ずる欲)ってCHが違うんだよね。
自然欲は、自然界の利全のバランスの中で満たされて行く喜びの欲。
我欲は、了見の狭い自分の頭の考えから出る自分だけを満たすのが中心の欲。(バランスが崩れて行く)

自然が与えてくれる自然欲の中には、周りも満たされる欲がちゃんと入っているのである。
なぜかと言うと、自然界の摂理は、みんなが満たされるあり方をちゃんと用意してくれているから。
お任せしていると自然にそうなって行くんです。^^

この資本主義のお金の意識支配によって世の中は我欲がとても多くなって社会のバランスがひどく崩れている。
みんなが幸せになる事が一番幸せに決まってるんだから。^^
元来自然の存在である人間はみんな元々それを知っているので、その感覚を思い出せばイイだけなんだよね。
みんな幸せになると信じると、それが自然に湧いて来きちゃうのがホントに不思議なのである。

 ・地域通貨

その分かち合いにとても役立つのが、”地域通貨”。
それぞれのスキルを政治や経済に任せないで生かし合って行ける地域自立型のコミュニティー。
全国に色んな地域通貨が立ち上がっています。^^
いろんな地域通貨のシステムがあるけど、ぜひ考えて見てほしいのが、スキルや物を提供出来ない境遇の人達も分かち合える、ギブじゃない”サーブ”(対価を求めない供給)の形なんだよね。
これが出来たら、誰もが生かされる地域コミュニティーが出来る。
”等価交換にこだわらない形”これをやっている地域通貨の方、見ていたらぜひ教えて下さい。^^


ということで、
都会に住んでいる人は田舎に畑を確保しよう! 畑も田んぼもいっぱい余ってます。^^
そして、地域通貨に入れてもらおう。
まずプランターで有機栽培を始めたり、週末菜園とか、徐々にそういう形に転換して行けばやりやすい。
こちらに簡単な有機野菜の作り方を(プランターのやり方も)書いてあります。^^

ZAKI's LIFE
http://www.zaki8.com/zaki/zaki's_life.htm


さてお待ちかね、 

・すぐには自給自足への転換を始められない状況の方!

食糧危機の急場しのぎとして、”個人での食糧備蓄”という手段があります。
これは、最低3か月分くらいの食料を備蓄しながら、食べては補填、食べては補填という風にサイクルして行くのを習慣付ければ良いわけです。
食料の置き場所がそこそことられるけど、自分や家族の命に関わることを考えたら、
優先事項だよね。
防災と言うことです。
この時代、防災の常備食料は3日分、なんてとんでもない話。^^;;
3か月分当たり前ですよ。^^
分かち合いのために5か月分以上して置けば、飢える人達に光が照らすでしょう。

備蓄しやすいのは、穀物では玄米(圧力鍋を持っていると、いざという時何でもかなり省エネで作れる)
栄養的にもベスト。(白米でも良いけど味はあまりもたない)
ちなみにお米は自給率が高いので、世の中から一気にはなくならないけど、
お金が紙っぴらになって使えなくなるので、買えないという状況になりますからね。
うどんそばスパゲティなどの乾麺類は賞味期限がすごく長いので便利ですね。^^

自給率の低い野菜や畜産物は早く都会の市場になくなってしまうので、
野菜に代わるビタミンミネラル源として、やはり賞味期限の長い、乾物の海藻類。
わかめ、海苔、ひじきなどは素晴らしい栄養源なので、野菜食べなくても当座は生きて行けます。^^
そして蛋白源、おかずとして、魚などの缶詰類ですね。

長期もつ乾麺類と海草、缶詰を主軸にして、毎月大目に生鮮品であるお米を常にサイクルして行くのが合理的かも。
乾物類も期限を見てゆっくりサイクルして行きましょう。

そして大事なのが、煮炊き用のカセットコンロとボンベです。(石油もガスもなくなる)
これは家族の人数にもよるけど、家族で1日1本くらいは使いそう。

水は、地震などの被災地では止まるので5日分位は最低必要。
被災地以外では経済崩壊しても急には止まらないと思います。
水は日本も自給出来ているわけだから。

備蓄はね、当たり前になってずっと続けるのが大事ですね。^^
まだ大きな異変が起こらないからと止めてしまったら意味がないので、
常にこれからはそういう危険がある世の中ですから、それもいつ来るか決まっていないのが怖いわけです。^^;
自給に転換していける状況になるまで続けるのが堅実ですよ。
そうなっちゃえばこっちのモンです。^^


食料だけで長くなっちまったわー、、
次回は、物資やお金について。^^
そのあとエネルギーもね。



posted by zaki at 17:05| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の食料危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

ZAKIのホラー劇場!

食糧危機はいつ来るのか??

こわい話だけどねー、防災というものはリアルをしっかり想定する事でこそ、きちんとした防災が出来る。
これからの時代を生きて行くためにも、やはり日本人はしっかり認識して置く必要がありますね。
控えていたけどやっぱり話しましょう。

そうなるプロセスはとてもシンプル。
円市場が大きく下落することです。
今の日本は円の価値が高いがゆえにガンガン食料や物資を輸入に頼ってしまっている。
純日本製の生活品を最近どの位見つけられますか? ほとんど見ないでしょ。^^;;
円の価値が暴落すると、輸入が困難になって食料や石油や海外依存物資が爆発的に値上がりしてしまうのです。
公称の食料自給率”40%”の中には、実は”100%輸入”の化学肥料と農薬に依存している、殆どの日本の農業生産が含まれているのでした。
農業機械に使う燃料は100%輸入の石油が原料です。(漁船もそう)
では輸入困難な状況になったら、農業生産は??
実質は自給率20%以下とも言われているのでございます。(日本史上最低)

もし輸入出来なくなった時の食料物資危機の規模は、戦後の食糧難どころではないと予想されているのでございます。
これはその筋の政府のお役人さん達はみんな知っている事実なのであります。
ちなみに円が暴落すると、株も国債も暴落、ハイパーインフレ(百倍千倍の物価高)&国民の預金封鎖→日本経済崩壊という事です。
お金も貯金も紙っぴら。
これは敗戦後の日本に実際にあった事です。(当時は今より全然自給率は高かった。)
戦前の1円札の当時の価値と、今の1円玉の価値が数桁違うのはそのせい。

コワイ?
でもコワイもの見たい??(笑)
ではリクエストにお答えして(されてないだろ!)円暴落のきっかけはどんなものが想定されるのかお話してみましょう。
目ぼしいものを3つ程。(コワイよ〜〜)

1.東京大震災

ここ数年来る来ると言われていて、政府も最近急に防災広告をやり始めてますね。
関東は関西と違うのです。(中央集権)
東京で阪神大震災クラスの大地震が起きたら、数ヶ月以上”政治経済の中心”が麻痺、
円市場は暴落、となる可能性が非常に高いのであります。(→経済崩壊)
阪神大震災時とちがう大きな懸念要素として、今は経済に大きな影響を持っているインターネット網が寸断されるという混乱も出る。
アメリカの9.11事件の時、ドルがかなり下落したのを覚えてますか?
日本の中心の東京が壊滅するというコトは、LAとNYが一気に壊滅するようなもんですぜ、旦那。
震度5で崩れるマンションだらけになっているのも1役??買うことになるでしょう。

東京大地震→全国食糧物資エネルギー危機なのであります。(みんな知ってたかな?)


2.第3次オイルショック

アメリカが次の金権戦争標的として計画している、イラン侵攻。
実はこの戦争は、今までのようにアメリカ支配層の金ヅルとアラブ人殺戮だけではないのです。
世界的な経済混乱、へたしたら第3次世界大戦に発展する可能性が高い。
アメリカ経済自身が崩壊する可能性も十分ある。

イランのタカ派の現大統領、アハマディネジャド大統領は、
アメリカがイランを攻撃したら、中東の原油生産国が占めるペルシャ湾の入り口である、
ホルムズ海峡を封鎖すると言っている。
イランはそれが可能な軍事力を持っているとの事。
(過去のイランイラク戦争当時もいざとなったらやるぞ!と言っていた、イラン自身も原油を輸出できなくなる、骨を断たせて骨を断つ最終カード。今度のアメリカの侵攻は、イラクの最悪の例を鑑みればイランにとって最終決戦覚悟)
そうなると、世界の25%の原油輸出が滞り、原油相場は暴騰、バレル200ドル(現在の3倍)以上に跳ね上がるとの予測がある。

実は日本の原油輸入は、その大部分がペルシャ湾岸の中東諸国に依存している。
はい、ホルムズ海峡の、”向こう側”の国々です。^^;;
日本はガソリン3〜400円レベル以上の未曾有のオイルショックに見舞われ、各種石油依存産業は壊滅→経済崩壊。(食糧物資エネルギー危機)
へたすると原油暴騰で世界恐慌へなだれ込み、反米各国はアメリカへの原油輸出を停止、アメリカは武力で解決しようとする(解決しないけど)→攻撃、そして自国の経済が破綻してさえそうする影の理由があったりするのです。
それはまさに第3次世界大戦。
このような危険を多大に含んでいるのが、アメリカのイラン侵攻という動きなのであります。
アメリカは、今年侵攻する危険が非常に高いです。(3月だろうと言っているロシアの専門家もいる)

http://www.sankei.co.jp/news/060213/kok021.htm

http://tanakanews.com/


3.政府の国家予算割れ。

さて次のホラー話。

2008年問題というのをご存知ですか?
小渕政権時代にばら撒いた40兆円の国債の償還期限は2008年。
団塊の世代が一気にリタイアする出費が嵩むのも2008年。
すでに1000兆円を越えると言われる財政債務が破綻すると言われるのも2008年。
2008年には、+40兆どころかそれ以上の莫大な額の余剰予算を組まなければ、
国家予算割れを起こしてしまう可能性が高い。
国家予算割れするという事は要するに破綻。
世界からの日本経済の信用が暴落するという事です。
円、株、国債は暴落、経済はデフォルト。
言わずと知れた食料物資エネルギー危機になる。


コワイですねー、コワイですねー、コワイですねー、、(古っ)
作り話だと思ったら、ネットで調べてみよう!!
(春休みの宿題)



その対処法はまた次回。^^






posted by zaki at 22:09| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の食料危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

弾き語りアルバム”In The Guitar”全曲無料配信スタート!

ネット上でのコンテンツサーブページをまとめました。^^
ネットでもストリートスタイル。
色々ご利用下さい。
ボイストレーニングプログラムも中々使えるよ。^^


今度ジャーナル雑誌、週刊金曜日の3/3号、”憲法と私”に自分の記事が載ります。

こんな情報もあります。 銭金HP(予告編)
http://www.tv-asahi.co.jp/zeni/

どこがちょー大物だっつーの。^^;;
体と声はでかめだけど。(笑)
暇だったら見てねー。^^

2006年02月23日

色々。

ここんトコ共謀罪反対イベントやら、強風やら、潮周りの関係で漁に出られなかったなあ。
外房の家にいればよく海に出るので、だいたい年中魚は獲れて晩飯のおかずには事欠かないんだけど、
都内や地方での活動が多い時は魚の備蓄が切れがちになる。
そういう時はたまの肉食に子供達があり付けたりするので喜んでいる。^^;

家族5,6人の晩飯のメインを買ったら毎日600円かかるとして、月に18000円、年に20万、
今使っている投網は2万で買って1年半使えているので、2万の投網で食費が20万以上は浮いている計算になる。
投網っていうのはえさ代や仕掛け代や時間もかからず、自給ベースに非常に効果的だ。
有機野菜作りと海での貝や海草やカニなどの狩猟採取も入れると、一般的な食費を1日一人400円としたら全体で年に50万位は浮いているんじゃないかな。
(買うと高い有機野菜や岩ガキや舌平目なんかの高級食材もけっこう食べられて。)

冬の魚のメインはやっぱボラが多いんだけど、きれいな場所のボラはくせのない白身でホントに美味しいのである。(特に冬は脂がのる)
ボラの切り身の冷凍備蓄で作った、きのことボラのホイル焼き。
子供たち大好き。

ボラの備蓄が切れたので、スーパーで1パック200円で売っていた背黒イワシ(カタクチイワシ)の刺身を作った。
美味いんだまたこれが。
普通の投網には細すぎて抜けちゃうけど、たまに引っかかってくる。
めざしの材料で、年中売ってるけど1月2月は虫の心配がないので生で頂ける。
身が柔らかいので包丁を使わず、指ですいて刺身を作る。
むかし魚屋さんに教わったんだけど、これを知ってると海でイワシが釣れたらその場で手で刺身作って食べれるよ。^^
200円でこの写真の倍位の量。
数が多いのでめんどい

15日、仲間と新宿でやった共謀罪ナイト、ネット配信など中々良い感じで成功しました。^^
その日のハイライトシーンのDL配信も後日始めることになると思います。
出だしの出番で、気合入れて行くゾ〜〜〜っ!!と叫んでいきなり欲望の歌(渇きという曲)で始めたんだけど、
MCの岩本さんがその直後戸惑っていたような記憶が、、^^;
あれで良かったんかなあと後で心配になったんだけど、一応好評だったようです。^^;;

その経過と現在の流れがここで見られます。
今なんだかとんでもない話になっているようです。
共謀罪ブログ(暫定版)
http://wave.ap.teacup.com/kyobozai/

やけに気合が入っていた。
                         写真提供 写真家 石郷 友仁さん 
(3/3発売の週刊金曜日に載る、憲法と私の記事に使う写真をこの日撮りに来てくれました。
ありがとう!)

最近都内の活動に出るたんびに、日本山妙法寺の石橋行受上人(マブ達)のお家に泊めて頂いているんだけど、
ここ数年ストリートやボラ活動ばっかで破産しそうなので宿代や食事が本当に助かります。^^;;(有難う、、)
懐のすごくデカイ大らかなお坊さんです。
いつも世界情勢の話や色んな深い話になる。
よく行受さんが作ってくれる、NYから持ってき来た全粒のオートミールが美味しくて元気が出る。^^
NYのお寺と、日本のお寺を行き来しながら活動しているのだ。
9・11テロやその背景関係にめちゃくちゃ詳しくて、いつも勉強させていただく。
1月に都内で写した写真。^^
1月の雪の日.jpg

共謀罪イベントの日も早い外房終電に全然間に合わなかったので泊めてもらったんだけど、
翌朝帰る時に、行受さんがある本を見せてくれた。
森三樹三郎さんの古代中国の老子と荘子の解説本だった。
老子ってさ、ZAKIさんみたいなことばっか言ってるよ、と言われてさっと読んでみると、
なんかホントにそんな感じなのだ。

自然に帰れ、無知無欲が人間の自然の状態、善や悪や知識は相対的なもので、道徳にさえこだわり過ぎるのは良くない、小国寡民(自然と一緒に暮らす自給村落的姿)であれ、神の信仰に代わる自然の摂理への信頼、赤子(純粋)の心に帰ること、人間の上下関係意識などくだらないこと、言葉によらない直感の重要視、

などなど悉くと言って良いほど感覚が一致していて、違いを探すことの方が大変だ。
(いくばくかの違いも見つけた)
この人も大自然の導くままに生きていたんだなあ、、と直感的に感じる。
実はこう言うことは、自分の周りの自給自足をやっている友達はみんな言っていたりやっていたりするようなことなのだ。
きっと自然界の摂理を感じる生活をしていると、誰もが解らせていただくことなのだろうと思う。
去年なぜか、上善水の如し、という言葉の意味がすごく好きになっていた。
そういえばあの言葉も老子の言葉だったんだな、、と思い出した。

老子の爺っちゃんが(彼はそう呼ばれるのは好きだとわかるのでそう呼ぶ。笑)
無為の政治、ということを唱えているんだよね。
ちょうど、滅びない次の社会システムのあり方について色々思いを巡らしているので、しっかり参考にさせていただこう。^^


ところで、時々散発で配信していた弾き語りアルバム”In The Guitar”の曲、明日全曲まとめて無料配信します。
正規のミックスでマスタリングしたものです。
1日15分で出来る、カラオケが上手になるヴォイストレーニングプログラムも配信するよー。^^

2006年02月13日

久々のボラ大漁!

毎年真冬は投網で取れる魚種がぐっと減っちゃって、ボラばっかりになっちゃったりするんだけど、
この冬はこのボラ達も少なくて困っている。^^;

この前も昼から太東漁港で投網を打っていたんだけど、
ほとんど魚の姿がない。
釣りの人達も、たまに小さいサメが釣れるだけ。。
ここんトコ漁獲が少なくて何も取れないで帰るのはなんだかとても心さびしかったので、
のんびりモードに入って釣りのおじさん達と喋りながら4時間ほどやっていた。
もう日が沈もうとした頃、どうせ取れないだろうなあ、、と堤防から外海側に網を打ったら。
とうとう入ってくれました、大中のボラの群れが一網に12匹!
もう腕が疲れはてていて、上げるのが一苦労だった。

やはり、粘れば勝つ。。
諦めなければ、道はちゃんと開けるのだ。
それを痛く再認識出来た1日でありました。。 

12匹、7kg。

大きな寒ボラも数匹入っていたので、久々に寒ボラの寿司にした。^^
残りはさばいてフライ用に備蓄しておく。
寒ボラ鮨。

なめろうも作った。
普通のアジやイワシのなめろうより美味いと思うよ、コレ。^^
寒ボラのなめろう。

そんなこんなしながら、
各種活動は平行して続けているのである。
共謀罪法案はこの通常国会中盤が山場となるだろう。
(急に口調が変わったぞオイ?)
通されてしまったら、戦前の言論弾圧状態になってしまう。
これで国民の声を封殺して、教育基本法を戦争肯定に変え、→改憲国民投票、→自衛隊を実戦軍隊として認めさせ、アメリカの戦争に実戦で加担させて行く、
という筋書きを着々と進められてしまうよ。
アメリカの次の標的はイラン、すでにかなりキナ臭くなって来ている。
このまま行くと、数年後、自衛隊員がイランに送り出され、実戦で殺し、殺されることになる可能性が十分ある。
そして、戦争は最大級の自然破壊を生む。
イラクの人々と大地は米軍の劣化ウラン弾の放射能で、取り返しの付かない大変な状態になっている。
結局証拠のないイチャモン付けて戦争を起こし、石油の利権だけは奪ってアラブ人は滅ぼせば良いという空恐ろしい意思さえ感じる。
このまま行けばイランも同じ論理でアメリカ主導の国連軍に集中爆撃される可能性があるよ。

なぜ日本政府は裏で立法を弄して、アメリカ政府とそのバックの戦争でガッポリ儲ける支配層の言いなりになろうとするのか??
そりゃ政治家達がそれで大きな得をするからでしょう。w
日本の政治腐敗はもう末期的です。
国民になるべく知られないように、影でコソコソこういう重大法案群を通そうとしているのが今の通常国会なのであります。(やめてくれ〜〜ッ)

さあて、黙って見てますか?国民の皆さん?
そんなコトはボラ達だって許しはしねえっぺ。
自然界の意思に反し過ぎてます。
人類は滅亡の因果律を爆進中です。

一人一人が意識を転換して行く事がそれを止め、地球と一緒に生きて行ける最後の望み。
子供達、孫達の未来を決めるのはおれ達なのである。
世界中の人達が、世界中の人達の幸せを願い信じて進むことが出来たら、その調和のエネルギーと行動は滅亡の因果律を逆転させるでしょう。
そんなことは誰でも分ること。
やるかどうか、なんだよね。
やれるよ。^^


あさって15日、新宿ロフト+ONEにて、共謀罪に反対する表現者達の会主催の共謀罪ナイトやります!
筋金入りのジャーナリストや表現者達のイベントです。
オレも実行委員やってます。(もちろん歌も歌うよ)
2ドリンク付き1000円。
インターネット中継も計画中。
詳しくはこちらへ!

共謀罪ブログ
http://wave.ap.teacup.com/kyobozai/40.html

2006年02月07日

デジカメ復帰。

デジカメが使えなくてここんトコUPしずらかったんだけど、なんとかなりましたぜ。^^

ここんとこの漁獲はやはり真冬本番の時期、中々厳しいねえ。
魚種もほとんど限られて、ボラ中心。
そのボラも今年はでかい脂ののった寒ボラが少ない。
ほとんど30センチ前後のイナだ。
ボラはやはり45cm以上にならないと脂がしっかり乗ってこない。

大雨の後は上流からの土砂で河口から海にかけて土色に濁るんだけど、
そういう日っていうのは、魚達がお互い見えなくて群れを作れないのだ。
魚達が川全体に散開している。
そんな日はよく網に魚が入るという定説なんだけど、結局魚が河口に入っていない時はやはり取れないのである。^^;
この日もそんな土色の河口でずいぶん打ったら、しばらくぶりにキビレ(黒鯛の親戚)のチンチン(黒鯛の子供)が入った。^^
今年初のチンチン。

その次の漁はやはり大雨の翌日。
濁っているのでこりゃいけるか!と思ったら、ぜーんぜん魚が居ない。^^;
イナっ子1匹だけだった。。
かなり頑張ってコレ。

これは昨日獲れた寒ボラ。
このサイズのがこの冬は中々入らない。
今年に入って初めての油ののった寒ボラだ。
47cm。
これはタイシャブの様に、シャブシャブにして食べた。
ボラはポン酢のシャブシャブにすると、ハッキリ言って黒鯛より美味い。
これは脂がのってなくても美味いよ。^^
久々。

ちょっと湯気でレンズがくもっちゃったんだけど、ボラシャブの写真。^^
家で取れた有機の白菜がまた甘くて美味い!
タイシャブに匹敵以上かも?

これは関係ない。
こないだ新宿で見かけて、思わず笑っちまった看板。w
イイセンスしてるぜっ!
映画の宣伝じゃない。

これまた漁には関係はないんだけど、今度、週刊金曜日の”憲法と私”、という記事の取材を受けることになりました。
何で憲法の専門でもないのにおれんとこ来るんだろうと思ったんだけど、きっと単に記者の西村さんが友達だからでしょう。(笑)

実は今、自衛隊に戦争させようとする憲法改悪や、そのために共謀罪作って言論封殺して、
教育基本法変えて戦争教育しようとしている今のイカレた政治のハンカクサさを、
イケイケのHIPHOP曲を創って広めちゃおう、という計画をやり始めていたのでちょうど良かったのであった。v^^
西村さん、ナイスタイミングーーーーーーーー→ Be Happyっ!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。