2006年11月29日

共謀罪強行採決、最大の山場となりました。

緊迫度最大限です!

やっと各新聞も死んだふり報道を返上して、強行採決急浮上を報道し始めました。
遅過ぎる!!
しばらく黙ってろと言う政府の報道規制が入っていたとしか思えませんな。
1日の金曜日、5日の火曜日の法務委員会での強行採決を狙ってます!!
この日を抑えられれば、彼等はもう今国会で参院を通す時間がなくなるのだ。
統一地方選と参院選が待ち受けている来年の通常国会にこの世紀の悪法、共謀罪が持ち越され審議されることになれば、世論は大反発、与党は大敗という流れになるのだ!
ここを絶対押さえ込もう!

12月3日(日)、”1億2千万共謀の日V”昼12時より、
銀座マリオン前で共同行動、表現者たちの会と共に3時間の大街宣をやります!
来られる方、加勢よろしく!(プラカード有難し)


そして先ほど法政大学でまたもや不当逮捕!
昨日共謀罪の座り込みや教基法の集会に来ていた若者達が法政大学構内で逮捕されています。
若者達の力を恐れる大学側や当局の焦りが、戦前の様な不当逮捕という行為に走っているのでしょう。
このネットメディア全盛の時代にどんどんシッポを出してくれます。(アホだね〜、時代が違うんだよ)
彼らはこの程度のことではひるむ事もないエネルギーを持っていることは分かっているので、応援するのみです。
援護して行きましょう!
          ↓
http://hosei29.noblog.net/blog/10273571.html


ここずっと、東京の日本山妙法寺の石橋行受上人のお家に泊めさせてもらいながら、街宣や国会前、各悪法案反対の集会やデモで歌っているんだけど、
国会前は常に警察の弾圧がうるさくて、強硬な態度で止めろと迫って来たり、体を押し付けて来たり、演奏を始めるとギターを取り上げようと掴んで来たり、
きのうも教基法の国会前集会で10数人の警官達が取り囲んで来た。
(きのうは国会前に来る米軍再編反対デモのために大勢の警官が動員されていた。)
教基法改悪反対の人達がガードしてくれ、もみ合い状態の中で新曲の
”世直しでヨロシクネっト”の教基法改悪反対バージョンを歌詞が出来立てで見ながらだけど、1曲歌い通した。
かなり非日常的な現場なので、見に来るとカルチャーショックを受けるかも。(笑)
警官達を憲法に保障された自由と人権の名の元に皆で論破し、押し返した時には、感動の渦が湧き上がります。
韓国のTV局のカメラと(韓国の局が来て!日本の局はなぜ全然報道しない!?国民を騙す報道規制だよ)レイバーネット系のTVカメラが取材に来ていました。
今連絡があって、レイバーネットにきのうの動画がアップされたとの事です。
タイトルがちょっと恥ずいけど、みんなで頑張ったんです。
(ていうか守ってもらってました。笑)
         ↓
http://www.labornetjp.org/news/2006/1164770503633staff01

そんな中でよく思うのは、警官の人達も上からの命令で仕方なく弾圧をせざるを得ないんだよな、ということ。
警官にも色んな人がいる。
暴力的な人、いきなり強硬的な口調で弾圧して来る人、会釈をしてから柔らかい態度でしつこく来る人、とても優しそうで音を下げて下さいと言いながらも共鳴してくれている感じの人もいる。

別におれは彼らに恨みがあるわけでもないし、警官とガチャガチャしたくてやっているのではないのである。
街頭で歌を歌うと彼等がその場の役目として命令されて弾圧に来る。
こちらは非暴力で正当な人権を主張してやり通すしかないのである。
ふと思い出したのは、世界中みんな幸せになる、という調和のエネルギーがここでもきっと生きるに違いないんじゃないか、
こちらがそのエネルギーで調和していけば、大変なガチャガチャも減って行くんじゃないかな、と。
最近一人一人の警官の人と大声で論議するのは面倒だし声がかれるので、こういう趣意書を見せて読んでもらったり、その場で大声で朗読して周りの警官たちに聞いてもらう。
弾圧するのは憲法違反であり、イリーガルであるという事を認識してもらうと、強硬姿勢がけっこう静まる。
良識を捨てていない警官の方が多いと感じている。
それでも強行して来る警官がいる。
表情を見ると、
真面目で、論理的に破綻しても職務遂行にムリヤリ走ろうとする人や、
あるいは確信犯的なふてぶてしい表情で、
完全に洗脳され、弾圧を楽しんでいるかの様な雰囲気さえする人もいる。
きっと上に命令されれば、裏金工作や不当逮捕など悪い事も平気でやりそうな感じだ。
(裏金は警官全員に支給されているんだけどね。)
こういう人達に大事なことを解ってもらい、調和することなど一体出来るんだろうか、、と壁を感じてしまう。

でもやってみようと思う。
まずやってみることが大事なのである。
馬鹿だからだ。
馬鹿は”まれに”、そんな馬鹿な、というような事をやり通すことがあるらしい。(爆)
岩石オープン自然バカ??(意味不明だな、、)


警官達に囲まれると、これを読み上げている。


       路上演奏趣意書

私達は、憲法によって保障されている言論の自由、
表現の自由に基づいて演奏しております。
憲法とは、下位の諸法による権力の行使に対する規制規範であると、
政府の憲法調査会がハッキリと認めています。
証拠捏造ではない、出元のハッキリした苦情もなく、
通行の妨げにもなっていない演奏を止めろと言うのは
過剰な権力の行使に当たり、国民の自由と人権を侵害する憲法違反です。
路上で誰もが楽しく歌を歌うことさえ一々届出を強制されるようでは、
国民はたまったものではありません。

市民の税金を頂いて市民の平和を守る責務を持つ警察の方々には、
憲法の最上位の行使力に守られた
国民の表現の自由を尊重し、
強硬な態度で憲法違反を犯すような、職務意義
本末転倒にならぬよう、慎重な行動をされるよう、
よろしくお願い致します。
私達の使命と目的は同じです。
共に日本を平和にして行きましょう。
私は警察の皆さんの良心を信じています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちなみに昨今の平和という言葉の使われ方はあまり好きじゃない。
裏側に、”私は良い人”というサブタイトルが書かれている場合があるから。
LOVE&PEACEという言葉も同じ意味で好きになれない。
ダークサイドも色々持っている自分としては気持ちわるくなってしまう。
しかし、地球の平和を守るんだ!という昔のアニメのセリフは大好きだ。
完全に洗脳されている。(爆)


へんな共謀罪の歌、無料配信中!
下記の2つのURLのどちらかを、右クリックで対象をファイルに保存すればダウンロード出来ます。
CDに焼いたりして上手く使って下さい。
        ↓


絶対廃案だーーーーーーーーッ!!!!!


2006年11月27日

共謀罪阻止、銀ブラ街宣。

23日の集会前にやった、今回3回目の銀座歩行者天国での街宣の映像が共謀罪TVにオンエアーされてます。
なぜか警察もぜんぜん来なくて、たっぷりやらせて頂きました。(笑)
銀座のホコ天は人も多く、広くて町中に音が響き渡る。
おそらく1万人位にはへんな共謀罪を聞かせられた。
全国でガンガンやって行きましょう!
与党は死んだ振りに騙されない強かな運動と野党の頑張りで採決を逡巡しています。
今週の強行採決を抑えられれば政府与党は非常に不利になります!
(今週の強行採決を抑えられれば、会期を延長されても今国会期中に参院を通す時間が無くなる。)
来期通常国会に持ち越されて、天下の悪法共謀罪が審議されることになれば、
会期中の全国知事選と、直後の参院選で、与党側に大打撃が来ると予想されるからです。
明日からの法務委員会が正念場です。
今こそ国民の意思を見せ付けてやろう!!
明日も運動のみんなと共に国会前でガンガンプレッシャー掛けます!

共謀罪TV、銀ブラ街宣映像。(更新とともに下におりて行きます。)
        ↓
http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/

へんな共謀罪の歌、無料配信中!
下記の2つのURLのどちらかを、右クリックで対象をファイルに保存すればダウンロード出来ます。
CDに焼いたりして上手く使って下さい。
        ↓



死んだふりを装いつつ、与党が今週、抜き打ち共謀罪強行採決を策動中!
おととい出された、日弁連、海渡弁護士からの呼び掛け文です!

以下転送文。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Subject: Fw: [NoNuke:11265] >転載歓迎<共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党


共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ

>転載歓迎<共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党                     海渡 雄一(弁護士)

法務委員会理事会で与党が動きはじめた

 まず、22日と24日の毎日新聞によると、共謀罪の審議について法務委員会の理事会のレベルではっきりとした動きが出てきた。
22日の衆院法務委員会理事会で与党理事の早川忠孝氏が「共謀罪法案の審議に速やかに入りたい」と主張した。
これに対し、平岡秀夫議員(民主)らは、米国が国際組織犯罪防止条約を批准した際に共謀罪に関する規定を留保したことを政府が隠していたとして、「審議の条件が整っていない」と反発したという。激しい議論になったが、与党側が「正式な提案ではない」としたため、結論は先送りされた。
 衆院法務委員会は24日、理事会で今後の審議日程を協議した。自民党の複数の理事が、共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案の審議入りを主張したが、野党側は強く反発したという。協議はまとまらず、27日に再度話し合うことになった。
22日は一人だったのが、24日には複数になっているところが不気味だ。

 保坂展人議員のブログも急を告げている。
 「本日(24日)、午後1時から開かれた法務委員会理事会で、来週の火曜28日の定例日に「共謀罪」の審議入りが「個人的な要望」として提案された。
1時間の一般質疑を挟んで再開された理事会では、さらに「条約刑法(共謀罪)の審議に入って下さい」「次は条約刑法の決着をつけるべきです」との複数の与党理事からの発言が続いたが、与党筆頭理事は最後まで正式な提案をしていない。
しかし、共謀罪の強行突破が「現場の要望」から国会対策委員会レベルの承認を取り付けつつあるものと判断し、「教育基本法の与党単独採決」に続いて、デタラメ虚偽答弁を続けてきた「共謀罪」も「強行採決」ぶくみで臨時国会終盤の日程に乗せてきたものと思われる。
「防衛省昇格法案」の取り扱いをめぐって紛糾してきた安保委員会も来週の採決へ向けて動きつつあり、「自称・美しい国内閣」の本性があらわになりつつある。
 (中略)
 次の理事会は夕方5時半から開かれる。「共謀罪審議入り」が与党の正式な提案な提案であるのか否かは、この場で明らかになるはずだ。
にわかに緊迫をましている法務委員会の現場からの緊急報告である。
 (追記) 5時半から理事会は、与野党平行線のまま。ただし、与党理事の多数が「共謀罪審議入り」を提案するも個人単位の意見表明にとどまっており、与党としての正式提案なのかどうか曖昧だ。
だが、「臨時国会の会期内に条約刑法も少年法も成立させる」というのが原則的立場だという「原則的」な姿勢表明はあり、野党側や世論の動向を伺っているのかとも思われる。
月曜日の午後3時半から、続きをやることになって、来週に持ち越した。」

国対も動き始めている?

 真偽のほどは不明だが、二階自民党国対委員長が火曜28日審議入り、12月5日(再来週の火曜日)には共謀罪の採決を考えているという情報まである。
保坂さんのブログにもあるように、共謀罪の強行突破が「現場の要望」から国会対策委員会レベルの承認を取り付けつつあるとみて対策をとった方がいい。

 今国会では、与党はずっと、共謀罪は見送りだという情報を国対筋から発信し続け、マスコミもこの情報をそのまま流してきた。
しかし、教育基本法も衆議院を通過し、補選と知事選も19日で全部終わった。だからということで、共謀罪の審議入りというのは、あまりにもひどすぎないか。
選挙の前には嘘を言って、国民を欺いていたことになるではないか。
与党が共謀罪の成立を図ると言っていれば、補選も沖縄の知事選もどうなったかわからないのだ。国民もマスコミも徹底的になめられている。
選挙が終わった今なら強行採決をしても、来年の統一地方選挙、来夏の参院選挙までに有権者には忘れてもらえると与党は高をくくっているのだ。

国民をだます政治は民主主義とは呼べない

 やらせタウンミーティングを見ても、安部首相以下の今の与党執行部にとっては、
世論は「聞く対象」ではなく、「自ら作るもの」なのだろう。選挙に不利なことは隠しておいて、選挙が終わったらやりたい放題という今の政治のやり方を許したら、民主政治は成り立たない。
政治を行う人が自らの意図を隠して、国民の審判を受けることなく、政策を遂行するとしたら、それはもう民主政治とは呼べない。
来週は月曜から共謀罪も波乱の国会の始まりだ。
 与党が共謀罪を持ち出してくるなら、これに全力で反撃し、共謀罪、教育基本法、憲法改正手続き法、防衛省昇格法の悪法4法案をまとめて、廃案に追い込み、私たちの手で民主主義を取り戻さなければならない。私たちはだまされないし、決して忘れないというメッセージを与党国会議員へ送り続けよう!


***************
〒160-0022
  東京都新宿区新宿1−15−9
      さわだビル5階
      東京共同法律事務所
  TEL 03-3341-3133
  FAX 03-3355-0445
mail:ay1y-kid@asahi-net.or.jp
     弁護士 海渡 雄一
***************

2006年11月21日

共謀罪街宣告知。

23日の京橋プラザでの共謀罪、教基法の大集会を盛り上げるため、
その直前まで銀座で共謀罪反対の街宣行動を行います。
今まで参加してくれた方、新たな参加者、時間あいていたら加勢よろしくです!
23日11:45分、京橋駅近くのホテル西洋前集合。
移動しながら1時間ほどやります!

今日は国会前でやっています。


共謀罪の歌、無料配信。
ダウンロード出来ます。
街宣車や、街で流したりすると効果的です!


2006年11月20日

国会前。

ここずっと、国会前中心に戦争政策を推し進める法案群をやっつけるために活動してます。
ほとんど千葉に帰ってない。^^;
自然活動見に来てる人にはゴメンなさい。
今ほんとに国会が危機状態なので。

教育基本法改悪法案は残念ながら衆院で強行採決された。
全国で抗議の集会が起きている。
しかし過去の例からしても、参院での攻防で成立阻止出来た例もあるので、
さらなる運動を全国で広げて行けば良い。
より多くの国民が教基法の改悪がいじめ問題の解決になるどころか、
教育の現場の厳しいマニュアル統制の強化で、さらに問題は悪くなる可能性があり、
子供達もその締め付けをくらい、差別選別教育による教育格差を広げる結果になる、という教基法改悪の現実を知ることが大事だ。
各マスコミに報道規制がかかって、それがほとんど知らされていない。
政府はそれを国民に知られることを一番恐れているのだ。

共謀罪もまた、マスコミには死んだふりを通しながら、20日の理事懇と21日の法務委員会での抜き打ち強行採決を狙っている。
沖縄知事選で与党が勝ち、勢いが付いているのでその可能性は格段に高まっている。
21日は共同行動と共に国会前で徹底的に共謀罪阻止の声を上げる予定!

もう見てるかも知れないけど、共謀罪TVに国会での活動の様子がオンエアーされています。

http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/

警官の連中がニヤニヤしているのは、その前におれがギャグ飛ばしていたせいもある。(笑)
映像ではよく分からない編集になっているのが残念だが、
実はこの警官隊とのもみ合いは、自民党本部の目の前で行われているのである。
自民党本部前は、国会前よりもさらに警察がうるさいのだ。
自民党前を大音量を鳴らして通りかかると、血相を変えて警官たちが取り囲んで来た。
通らせてくれよと再三抗議しているのに通さない。
結果その間、自民党前でずいぶん長い間、共謀罪の歌をかなりの音量で流せたのである。(笑)
それがこの時の一番の成果であった。
警官たちは、上から命令されている単純行動しか取らないので、こういう事になる。
やーおかげ様で自民党前でたっぷり曲を流せました、ありがとう!
とお巡りさん達にお礼を言って、議員会館前に戻ったのであった。w
そういう笑えるシーンが色々(おっぱいはつかまないで下さいねー!とか)あったんだけど、次はカットしないでよろしく。(笑)
抗議シーンばかりだとパターン化して面白くなくなっちゃいそうだから。^^;
(今後の編集スタッフのセンスに期待)
やっぱ活動は楽しくやらないとね。^^


2006年11月15日

本日、教育基本法改悪強行採決!!共謀罪も17日強行の可能性高し!!

このところ都内に泊まり込んで国会周辺や集会で歌い巻くってます。
(きのうは自民党本部前でぶっ放して来ました。)

子供達を規則でさらに縛り付け、弱肉強食の教育格差を広げ、戦争推進を正当化させる教育基本法改悪法案が今日17時18分、
野党が審議拒否している中、教育基本法が衆院法務委員会で強行採決されました!
(いじめを減らすなど単なる大義名分、実際にはいじめを増やす事になる子供達の規制強化法)
明日、本会議採決を強行しようとしています!
爆発的な抗議と共に、国民の反対意思を全国で上げて行きましょう!!
保坂議員の話では、やらせタウンミーティングの発言者に5千円のお金まで出ていた事が発覚した中での強行採決です。

国会現場筋では、教基法強行ついでにどうせやるなら今の内に一緒に共謀罪も、と、
17日に共謀罪も強行採決してくる可能性が高いとの事です。
明日の国会前抗議行動と、国会を取り囲むヒューマンチェーン、そして17日の共謀罪強行採決阻止に国会前に集結し、全力で阻止しましょう!!
ファクス攻勢も徹底的にやりましょう!!

共謀罪の歌もCDに焼いて全国で街宣車で流すなど、有効に使って下さい!
(無料配信、ダウンロード)




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。