2007年01月26日

国民投票法の行方。

民主を護憲に向けること、今これが大事な時です。
やれる限りの事をやってやりましょう。

下記の全ての民主議員事務所に以下のように電話しました。

「参院選をひっくり返すために民主をぜひ応援したいと思っています。
参院選に向けて、これから与党の悪法案の酷さをアピールしながら
都内全域の人の多い駅などで与党の落選運動を展開して行こうと思っています。
主に街宣運動をやって行くんですが、うちらのやり方だと1時間に1万人位にはアピール出来るので、
選挙までに都内で最低100万人へのアピールを目標にやって行こうと思っています。

しかし今、民主も与党と一緒に国民投票法を決めて行く流れになっていますよね、
そうなると護憲の立場としては落選運動に民主を入れざるを得なくなってしまうんですよ。
民主さんを応援して行くためにも、
ぜひ国民投票法には反対の立場で進んで頂きたい、とお伝え下さい。」

議員会館の部屋によく外から歌が聞こえて来ますと、秘書さんの何人かはこちらの事を知ってたみたい。
あの勢いで都内中で街宣やられたらどうなるか、少しは感じてくれよベイベーっ。
国民は日本に戦争なんかされたくない。
世論は改憲政党は支持しない。
これが主流になって行けば行きます行くなら行く時みんな一緒にイッちゃおう!

今、自然活動の記事が中々アップ出来てないんだけど、右の過去ログにたっぷり載ってるのでよろしくー。^^


以下、許すな!憲法改悪・市民連絡会からの転送メールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高田健@許すな!憲法改悪・市民連絡会です。
重複お許しください。
転送をぜひお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
下記は本日の「毎日新聞」の報道です。
緊急に民主党への電話やFAXでの要請をお願いします。1人でも多くの要請が影響を発
揮すると思います。
本日、明日の働きかけが重要と思われます。
「与党の改憲手続き法案は問題が多すぎます。多くの市民は法案の内容をほとんど知らさ
れていません。この国会で急いで採択させるべきではありません」等々。
市民連絡会の民主党への「要請」は会のサイトのブログに掲載してあります。参考まで。

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070123k0000m010131000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070123k0000m010134000c.html

小沢一郎代表 電話03−3508−7175 FAX03−3503−0096
菅 直人代表代行 電話03−3508−7323 FAX03−3595−0090
鳩山由紀夫幹事長 電話03−3508−7334 FAX03−3502−5295
枝野幸男党憲法調査会長 電話03−3508−7448 
            FAX03−3591−2249
平岡秀夫陰の内閣法務相 電話03−3508−7091 
            FAX03−3508−1055
-----------------------------------------------------------
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健
東京都千代田区三崎町2−21−6−301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/








2007年01月17日

国民に対する恐怖の言論弾圧法案、”国民投票法”。

このところ中々魚が獲れない。
年を追うごとに減っている。
近所の釣り師や投網師達は、国民投票法案に恐れをなして
魚達が沖に逃げ出してるにちげーねえよ、、とボヤいている。(ウソ)

と、こういうことを報道関係者が流したら、、逮捕されてしまうのが
”国民投票法”(別名、改憲手続法)なのである!!(なヤツいねーよ)

一回だけイナっ子が取れた。^^; (これでも4日分ほどある)
2007-1-17 329.jpg

戦争放棄の憲法9条を改悪して自衛隊を日本軍に戻し、アメリカの戦争に実戦で投入、
兵器を浪費させ、米日軍事産業がらみの利権を貪ろうとする安倍政権と与党議員達が画策している、
逮捕の恐怖で国民の言論を弾圧して、ムリやりこっそり憲法を改悪するための法案。

それが、”国民投票法”なのである。

その恐るべし要点を以下に分かりやすくまとめてみました。


・最高位の法律である憲法の改正を、全国民の過半数ではなく、
制限の多い有効投票の過半数で決める。 しかも最低投票率下限なし!
体制に迎合させた少数の国民中心で決められる。

・国民投票を直前に告知し、国民に考えるひまも与えない。

・投票率を下げ、なるべく大多数の国民に知られないようにさっさと改憲出来る。

・国民が各条文の是非を問えない抱き合わせ一括投票。

・法案の三分の一は規制と罰則、逮捕の恐怖で改憲反対運動つぶし。

・公務員が改憲に意見すれば逮捕!

・教師が憲法の大事さを教えたら逮捕!

・反対するであろう在日勢力など、国籍持たない市民は除外。反対運動したら逮捕!

・新聞やテレビにゃ何も言わせない。虚偽の改憲報道したらみんな逮捕!
”虚偽”に基準などない(どうとでも難癖付けられる)改憲反対報道への脅し。

・投票予想を公表すれば逮捕! 市民が憲法改悪に関する世論の動きを知る事が出来ない。

・金が物言う広告だけはOK。 金ない市民は広告出来ない! 金を使える政府の独壇場。

・国民の言論を封殺した憲法改正。→本来権力の行使を規制するための憲法が、
国民の人権を規制し戦争を肯定させるファシズム憲法へ。
国民にとって最大の法的擁護である憲法が失墜し、ファシズム政権はやりたい放題!

そのための国民投票法なのである、、
まるで憲法改悪のために特化した”共謀罪”のような代物だ。
”今なら”反対運動は自由なのである。^^

庶民を奴隷化し癒着大企業に貢がせ、私利私欲のために憲法を改悪し、
日本に再び戦争をさせようとしている安倍政権の本当の姿を、
まだ知らない多くの国民に知らしめるべし。

政府はそれを一番恐れているのである。



”世直しでヨロシクネっト”、国民投票法コンバージョン制作中っ!
肝心のオリジナルバージョンも同時進行中。^^

国民投票法に関する詳しいことはこちらへ!
マンガリーフレット、”本当は恐ろしい国民投票法”
とても分かりやすいネットでも公開中のマンガリーフレット閲覧出来ます!
このリーフレットどんどん広めよう!! 
           ↓
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/honto-ha-osoroshii.html

2007年01月05日

新年のご挨拶。

明けましておめでとうございます。^^
ZAKIです。

政府は2008年の憲法改悪を目指し、着々と戦争推進法案の強行採決を進めて来ました。
残念ながら防衛庁の昇格上げ法案と教基法改悪法案は決められてしまいましたが、
全ての運動をなし崩しにしてしまう共謀罪法案の採決だけは死守して来れました。
統一地方選と参院選を控えた次の通常国会では、共謀罪は中々出して来れないでしょう。

これらに対する徹底的な市民運動と、その中で焦って法案を強行して来た安倍政権は、
諸々のスキャンダルなども積み重なり、支持率はガタ落ち。
参院選をひっくり返し、政府の悪さに歯止めをかけるという、
今年の平和運動側の重大目標を成し遂げていくという意味では、
焦って墓穴を掘り続けて来た政府の現状に対し、
私たち平和運動側は表面的には押されているけれど、
政府の足元がぐらついているこの期を徹底的に利用して追い討ちをかけて行く、大チャンスともなっています。

次の通常国会での政府側の最大の懸案は国民投票法(改憲手続法)の成立です。
通常国会は1月後半から始まりますが、3月いっぱい位までは彼らは予算委員会に忙殺されるので、
4月頭前後から法務など各委員会が動き出して来ます。
民主も合意の下に進められている国民投票法の採決を覆すのは至難の業ですが、
もし採決は止められなくても、そういう法案を採決してしまうということの重大な意味を徹底的に国民にアピールし、
反戦と護憲の世論を大きくして行く事で、直後に控える選挙を勝ち取って行く潮流にして行く事が肝心だと思います。
日本が戦争をした方が良いと思う普通の人などいませんから。
時間はもう数ヶ月しかありません。
今何をして行く必要があるのか、一昨年からの共謀罪阻止運動に関わって来た中、
なぜ共謀罪は今阻止出来ているのか、という観点から色々と気付いて来た重要な事を講演会でお話ししようと思います。
それを今後の平和運動の勝利に役立てて行けたらと思います。

戦争で金儲けをする勢力の力が世界を覆っている中、彼らも自滅に向かっているのは明らかです。
今正に、命懸けでも立ち上がって行くべき時が来たと思っています。
それは、その言葉の通り、殺されるのも辞さない覚悟で行動して行くことだと思います。
その覚悟が据わってこそ出来る、力強い行動の世界がある事が分かりました。
それはやけになって突撃するというようなこととは違う、別次元のものです。

歴史の中で、そういう力が蜂起し、体制を覆して来た例をご存知と思います。
それを、非暴力と調和の力で実現していく事が、人類の新しいステップだと確信しています。
私達の子供達、孫達の時代を、悲惨な世の中にさせないために。



2007年1月13日(土) Chiba Peace主催の船橋でのシンポジウムのご案内です。
緑のテーブル共同代表の小林一朗さんらと共に講演します。
詳しくはこちらに。 無料 賛同協力受付中

シンポジウム 地域から平和を in 二和向台 
        ↓
http://sapporo.cool.ne.jp/hommelets/peace.html

戦争推進政権を倒し、平和政権を作り上げるために
「今どういう事をすべきなのか」
全国の共謀罪反対運動の成果に見る成功の条件と、
参院選勝利、憲法改悪阻止に向けての重要提案。
そして運動では中々歌えない、
ZAKI本来の愛と自然のバラード達を歌います。
興味ある方、見に来てください。^^


ライブ講演受付中。

庶民奴隷化、戦争推進政権の怖さをまだ知らない多くの人々に伝え、
世論を護憲に向け平和政権を勝ち取る!!
数十回の共謀罪阻止街宣で培ったノウハウ、
安全でとても効果的な、音楽を使った街宣のやり方。
(実際に駅などでプチ街宣をやって見せながら説明出来ると手っ取り早いです。)
多くの市民活動が繋がり合い、力を合わせる方法論。
また、経済が倒れても生きて行ける自然循環生活の奨め。
などのテーマについてのライブ講演依頼、受付中です。
ZAKI本来の海と哀愁と生を歌うバラードも聞けます。^^
基本的に講演料は交通費のみ、あとは投げ銭、カンパでやっています。
平日夜も可。

電話 0470-80-3038
メール kouen@zaki8.com

家族と共に投げ銭で活動しております。
やって行くのは正直困難ですが、頑張ります。
投げ銭受付の口座が載っています。
        ↓ 
http://www.zaki8.net/serv/servebako.htm
郵便振替口座番号  00120−4−704209
口座名義  野崎昌利


自分に出来ることを世の中に開放し、貧富関係なく誰でも受け取れる。
大道芸人と同じストリートスタイルで生きています。
ギブ&テイクじゃない、”サーブ安堵レシーブ”って何??
        ↓
http://zaki.seesaa.net/article/12334220.html



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。