2011年03月23日

避難者の受け入れを始めます。

原発が大量の放射能を拡散する危険を示唆するニュースが続く中、
沖縄県へ避難するための安い宿はないかとの問い合わせが増えているとの報道もあり、
こちら石垣島のZAKIファームでも集落の方達の協力を得て、避難者の受け入れを始めることになりました。
公共の施設ではないので、運営に必要な最低限の料金をお願いする形になりますが、かなり安く滞在可能と思います。

この辺は石垣島でも一番自然の豊かな人口の少ない田舎の集落です。
なので商店など都会的な施設はまったくありませんが、ZAKIファームで今採れている有機野菜を食べてもらったり、物資の調達などこちらで出来るだけの生活支援をさせていただきます。
滞在中時間はたくさんあると思うので、海で魚や貝などを獲ってもらったり、自分達が食べるための野菜の栽培を手伝ってもらったりしながらの避難生活になるので、結果的に自給能力が身に付いてしまうと思われます。
(自給自足プログラムではないのでスケジュールは組みませんが、随時必要に応じて海や川、畑での自給指導をいたします。)

滞在費用は提携民宿での宿泊と3食(料理はみんなで)が付いて中学生以上大人、
一人1日2千円になります。(小学生1500円、幼児500円、保護者同伴)
バンガロー泊のパターンも検討中。
ご希望の方は、以下のメールアドレスまでお問い合わせ下さい。
                 
問い合わせメールアドレス→ zaki.firm2@gmail.com







posted by zaki at 10:15| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

確実に全額届く義援金窓口

今回の東日本大震災の復興に向けて力になりたいという方は沢山いると思うんですが、
まだ交通機関さえまともに動いていないこの状況では現地に救援に向かうのも大変な状況。
自分のいる自治体窓口経由なら大丈夫なようですが、個人で物資を直接送るのは出来ないとの事で、
義援金を送るのが現在有力な方法と思います。

ところが、色んな所(悪党の詐欺窓口も含めて)が義援金を募集しているけど、
ちゃんと全額被災地に届くかが非常に心配。
しっかりそれを確かめた上で義援金を送りたい。

今現在、確実と思われる義援金窓口の一つが日本赤十字社の義援金窓口です。
         こちら ↓
東北関東大震災、義援金受け付け窓口

以前、赤十字の東京支部に行ってえらい人と思われる人から直接説明してもらった事があるんだけど、
通常の寄付受付窓口に送られたお金は、一旦プールされてそこから赤十字職員の給料や運営資金など、救援金以外の用途にも使われるとの事。
しかし、今回の東北関東大震災義援金、受け付け窓口で指定された口座への義援金は全額確実に届けられるとの事、
先ほども直接日本赤十字社東京支部に電話して確認しました。
コンビニのファミポートでの義援金窓口も含まれるそうです。
窓口間違えると全額は届かないのでご注意を。

東北関東大震災、確実に全額義援金が届けられる窓口
            ↓
東北関東大震災、義援金受け付け窓口


原発の爆発、非常に心配ですね。
原発推進側の学者さん達がテレビに動員されて、安心させるのを目的に解説している中、
この先に起こる可能性が非常に高くなっている破滅的状況、メルトダウンに関してはほとんど解説されていないのが現状です。
冷却がうまく行かなければ、必ずメルトダウン、炉心融解は起きます。(必ず原子炉格納容器融解まで進むとは限らない)
スリーマイル島原発事故では、メルトダウンは起きてしまったが、原子炉格納容器の融解までは至らず被害は少なかったが、チェルノブイリは格納容器ごと爆発し、広範囲に甚大な被害を及ぼした。

現在の福島第一原発は、壊れた原子炉や核燃料プールは冷却が非常に困難な状況で、自衛隊ヘリや放水車からの放水も、見るからに焼け石に水というか、例えるなら止め処なく加熱される焼け石に霧吹き、という様に見えます。
着々と崩壊に向かっている様に思えてならないのは自分だけでしょうか。
少なくとも、今解説している原発側の人達の言う安全という言葉は、気休めに過ぎないと思っていて間違いないでしょう。

メルトダウン 炉心融解
が起きた最悪の状態では、数百キロから千キロ以上に渡って放射能が高濃度で拡散される可能性があります。
遠くに移動出来るなら、今の内から退避しておくのが賢明でしょう。

過去の原発事故例

チェルノブイリ原子力発電所事故

スリーマイル島原子力発電所事故

チェルノブイリ原発事故の後、日本政府は、日本の原子炉はアメリカ型なので広範囲に甚大な被害を及ぼしたチェルノブイリの様にはならないと説明していたが、もう言い訳になりません。
アメリカのスリーマイル島の事故の後、
”1989年の調査で圧力容器に亀裂が入っている事が判明し、異常事態が更に長引いていたならば、チェルノブイリ原子力発電所事故と同様の規模になっていたと言われている。”(WIKIより)
とのことです。

一基でもメルトダウンによる原子炉格納容器の破壊が起きたら、凄まじい放射能で回り全部の原子炉の冷却作業は不可能なってしまう可能性が高い。
そうすると、周りの5基の原子炉も連鎖的に同じ運命をたどり、史上最悪の原発事故となる可能性もあります。
この最悪のシナリオを知っておくのは非常に重要です。
最悪の事態を想定するのは、防災の基本中の基本。
政府もマスコミも、今の段階からこの可能性について言及すべきです。
少なくとも人々が今から準備出来るから。

原発業界やそこから金をもらっている、前そして現政府は、最悪のシナリオを想定出来ずに今回の原発事故を起こしてしまった。
またこの期に及んで、その原発事故による最悪のシナリオへの対応をしておかないのは何故??
それを伏せている政府、マスコミはまったく持って無責任としか言えませんね。
メルトダウンによる原子炉崩壊が起きても、安全だと言い張り続ける可能性もあります。
ある程度離れていた被爆者に深刻な症状が出るのは後のことになる場合が多いからです。
ちゃんと避難させなかったら、数ヶ月から数年後に、原発人災による最悪の後の祭りが日本全土を襲う、なんて事になりかねないです。


posted by zaki at 13:20| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。