2013年01月29日

短編小説。

地元の伊原間中学校のPTAが毎週交代でやっている読み聞かせ、
今朝はおれの番だったので、昨夜取り急ぎ書いた短編小説を自作自演で読んで来ました。
物語を書くのは中学生の時以来。
子供達にけっこう受けたのでブログにもUPしてみますね。


                   青白く輝く道

                               作、ZAKI

今はなん時か分からない。
でも歩いてゆけば分かるだろうと、歩き始めた。
歩いているうちに飛んだ方が良いという事が分かったので、
体に意識を集中し、重さをなくしてふわりと空中に浮かんで行った。
意外に普通に飛べるな、と思い、高さを上げて行った。
ゆったりと電線の高さを超え、下の畑や牧場がだんだん小さく見えてくる。
前に進む念力を込めて進み出した。

でも牛の事を思い出した。
前に牛には会ったことがある。
牛達はモリモリと茶色い草を食べていたけど、それが茶色いということは牛には関係なかった。

飛んで行くとマーペー(石垣島の伝説の尖った山)が見えて来た。
遠くに見えるマーペーより高く飛んでみようと念力を込めた。
うーん、中々高く飛べない。
一生懸命念力を込めるんだけど、中々高く飛べない。

野底の集落が下に見えて来たけど、どんどん海の方に広がっていくのが分かった。
野底の集落は海に広がって行く地域なんだな、と思った。

マーペーを飛び越えたいという気持ちがふくらんで来る。
でも中々それ以上高く飛べないのがイライラしてくる。
マーペーの中腹の方まで来たのでこのままではぶつかってしまう。
もっと高く飛ぶよう、念力を込めた。

あああ、ぶつかりそう、、 だけどなんとか上にのぼり始め、
山肌沿いに頂上に向かって舞い上がり出した。
マーペーに生えている木々が見える。
どんどん山肌沿いに上がって上がって、どうにかマーペーの頂上を越えた!
マーペーの頂上を越えた先には!
なんと巨大なおばあちゃんがいた!
巨大なおばあは手に印を結び、呪文を唱え始めた。

おじいは消防のホースを持って来て、おばあに物凄い勢いで水をかけ始めた。
ばあちゃんを冷やせ−! このままでは大変な事になるぞー!!
と、おじいは水をかけ続けるが、ぶしゅうーーと蒸気を立てておばあは中々冷えない。
おばあの中から物凄いエネルギーが溢れ出しているのだ。
おじいがかけ続けている水を物ともせずに、おばあの胸が輝き始めた。
青白く輝くおばあの胸の中に飛び込んで行った!
世界が青白くきらめき出し、心が1000メートル先に進んだ。
この青白く輝く道は、あの世への道だった。
自分は死んだのか、でも関係ない、前に進むんだ!と心に決め突き進んだ。

でも一つだけ心に残る事があった。

告白しておけば良かった。
たとえ気持ちが伝わらなかったとしても、思いを伝えたという達成感はあったはずだ。
ふられる事を怖がる自分は、何かに挑戦できない自分なのだ。
未知の物に踏み出して行く勇気が大事なんだ!!

と思ったけどもう後には引けない。
今はこの道を飛び出すことが先決だ!

青白く輝く道を飛んで行き、出口が見えて来た!
出口は緑色だ。

緑色は自然の色。
どうして緑色なんだ?
でも空は青だよね。
海は青緑だ。
青と緑が自然の世界の色なのか?
他の色もあるけど何で青と緑なんだ?

そんな事を思っている内に、緑の出口を突き抜けた!


声が聞こえた。

あんたは何者なんだい?
質問がやって来た。
質問が行く手をふさいで前が見えない。
おい、どいてよ!っと叫ぶ。


自分が何者か分からないと、あの世には行けないんだよ、 と言われた。

せっかくここまで来たのにあの世に行けないの! と叫んだ。

今のあなたはあの世にはいけない、、向こうの世界に行きなさい。

と声が伝えた瞬間!
ぱあーーーっと広がる世界に踊り出した。
これが向こうの世界! いや、もうこっちの世界だ。
何だ、この世界は!!

そこは、、


自分が望む世界だった。


”この先の世界は、自分で創るのです。”

と、遠くからあの声が聞こえた。



お、し、まい。




メールアドレス  zaki.firm2@gmail.com



posted by zaki at 11:05| 沖縄 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

今年は明けましておめでたかった個人的に。

元旦の目覚めが素晴らしく良かった。
通常起きたばかりは茶蔵が動いていないので地獄波動にやられてるけど
それが無く希望のエネルギーだけがやって来た。
こんな事はほんとに久しぶりだった。

実はおれ、年賀状恐怖症(特に書く事が)で数年前からやってないので送られても返信もしません。
これからも送らなくっていいからね、用がある時に電話してくれればいいからよ。^^

posted by zaki at 22:20| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。