2017年12月29日

農業管理小屋建築中。

今まで農業管理はおじいの小屋を共同で使わせてもらってたんだけど、
今回市役所に申請して新しい自分達用の小屋を作る事にしました。
自分で作るんだけど、基本2×4の間伐杉材を使って木造で作ってる。
12.5坪、計25畳の大き目の小屋。
骨組みと基礎を全体作って、まずは10畳分を完成させる予定。
11月に申請が通って着工許可が出ていたんだけど、12月前半が雨続きで中々進みが遅く、
最近雨が降っていないので急ピッチで建設中。
まずは車両やトラクター進入用の3m×4mのスロープをコンクリで固めた。
自分で材料集めて来てコンクリ練ったんだけど、1.5tを練るのは大変だった。^^::
1度に練れるのは50キロなので20分かかる練りを30回以上やって何とか完成。
次に基礎に関連する骨組みを作って基礎コンクリを8ヶ所、3t打つんだが
スロープのコンクリ作りで疲れ果ててしまったので3t自分で練るのは諦めたー。
生コン組合に頼んでミキサー車で持ってきてもらう事にしました。
この作ったスロープは5センチ厚なんだけれど重たいミキサー車が通ったら割れてしまう可能性があるので畑に入れるかどうか微妙だったんだけれど、何とか入れるルートを探してお願いした。
現在の様子。
IMG_20171227_121626.jpg

8ヶ所、計3トンの基礎は自分で穴を掘っておいてミキサー車が来たらネコ車で兄々が運び流しながらおれが表面のレベルを整えて馴らす。
柱に連結したアンカー金具の下部分がコンクリに埋もれ固まって固定される形。
耐用Kgの高いコンクリ用ビスを使用。
台風風が強い東側を重く設定した。
大変ではあったけど約2時間で完了。
自分で練るのに比べたら遥かに楽でした!
IMG_20171227_121656.jpg

台風対策のため斜交いを多用した2×4工法の頑丈な構造壁を各面に多く作って頑丈にする予定です。
前方の2反の小屋前の畑。
写真ではよく見えないけれど左側にサイパンレモンが40本、防風用に風に強めなパンノキが3本にジャックフルーツが2本、トゲバンレイシが2本、ケガキが1本植わってますよ。
うちの畑はここ以外に2反分の20種類以上の果樹が育っている無農薬無肥料の協生農法果樹園と1反のキビ畑があって、キビ畑の方は従兄弟が管理している。
IMG_20171227_121716.jpg

年内にまず10畳分が出来て使えるように頑張る!!



posted by zaki at 11:13| 沖縄 | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。