2005年12月19日

敬介のアジア放浪記 中国編 上海

先月韓国に入り、フェリーで中国の大連に渡り、中国を縦断する感じで南下して、今ちょうど雲南省からベトナムに入った息子の敬介から直送の、写真放浪記スタートっ!!
今までバイトで貯めたお金で、現在茨城大3年目を休学してアジアを周っている。

第1弾、上海です。 以下、敬介からのメール。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


中国はビザなしで滞在できるぎりぎりの15日しかいなかったから、結構ハードなスケジュールで回ってたな。
とりあえず上海の感想。

この4枚は全部上海で取ったもの、1枚目はフェリーの上から工業地帯を、撮ったもの。
この写真に載ってるような工業地帯が上海の浦黄江って河の河口からフェリーで二時間分、だから少なくとも20kmくらいは続いている。
そんなわけで上海の空気はかなり汚染されてる。
工場の煙突から出てる煙の色を見るからに、おそらく浄化はほとんどしてないと思う。
浄化に金を回すくらいなら生産に回すって感じ。
呼吸するだけで喉が痛くなるくらい。喘息もちの人には地獄じゃないかな。

工業地帯の河

ちなみに2枚目の写真は昼の2時くらいに撮ったもの。
雲ひとつない快晴なのに、太陽は夕日みたいな色だし、少し向こうのビルがかすんで見える。
それくらい空気が汚れている。

上海 昼空.JPG

まあこれはぱっと見た上海の悪い部分で、いいところもたくさんある。
3枚目の写真は上海でも有名な繁華街「外灘」から浦黄江の対岸をとった夜景。
外灘はもともとはイギリスとかの占領地だったらしくて、イギリスっぽい建物がとても多いところ。
夜の外灘はすごくきれいで、カップルもけっこういたなー。
中国人の女の子をここに連れてくとすごく喜ぶらしいよ。

上海 外灘の夜景.JPG

4枚目の写真は上海でも有名な観光地の「豫園」。
中国の趣を残した観光地で、雰囲気を楽しむにはもってこいの場所じゃないかな。
ただべたべたの観光地で、見せ物として作り直された感があるから、そこがちょっと残念。
ツアー客がかなりいたし。

豫園 1.JPG

上海には3日しかいなかったから、主に見て回ったのはこれくらいじゃないかなー。
物価が高くてツアーが多いから、個人旅行者には人気はないみたい。
写真は全部送れないから、こんな感じでちょくちょく紹介してくよ。
こういうのあんまりやったことないからどうまとめればいいかよくわからんけど(笑)


(父)
うん、そういう感じでイイよ、いい感じだ。^^
俺は二十歳の時にお前が出来て以来いつの間にか子供が4人に増えちゃって、放浪したくても出来なかったのだ。
俺の分まで世界を回って来い!(笑)


現在、先日の音楽と祈りのライブレコーディングの音を編集中です。
後日写真と共に音も無料配信っ!
posted by zaki at 14:24| 千葉 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなぁ〜
若いときにいろんな国の文化に触れて友達を作って・・・・・
そんな若者がこれからの日本を作っていくのだろうと思うと、「捨てたもんや無いなぁ」と思う。

ZAKIさんの広い背中を見て育ったからかな。
Posted by ぺー at 2005年12月19日 17:13
敬介くん良い感じだ!!!
ZAKIさんの感想も良い感じだ!!!

父と息子の素敵な交遊だね。
16日の音源楽しみにしてまーす♪

じゅん
Posted by じゅん at 2005年12月20日 09:32
「いいなぁ〜」と私も書こうと思っていたらペーさんに先を越されてしまった。
何が勉強になるってやはり世界をその肌身で見て回ることだと思います。
日本の中に埋まっていたら見えないことが世界から見ればいろいろいやというほど見えて来ると思います。親子のやりとりがほのぼのとしていていいですね。

この写真って携帯で撮ったものなのでしょうか?
随分解像度が上がっているようですね。
Posted by ヘンリー・オーツ at 2005年12月20日 09:54
あはは。
これでも反抗期時代は爆発的な親子喧嘩を繰り返していたのであります。^^;
ビリビリ雷神さんが雷撃を落とせば、悩める若虎はガオーッと噛み付く、ってな感じで。(笑)

今でもたまに噛み付くけど、ここ数年で急激に大人になった。
今や自己否定リフレッシュの術はオレよりあいつの方が上手だね。
ガチガチ討論してる時でも自分の考えが違ったと感じたら、すぐ自分を入れ替えて新しい事実を受け入れられる。
二十歳でそれが出来るヤツはそういないっ中華おりゃ30過ぎて覚えた位だからな。^^;
淳もそうだし、最近の若者はなんでも覚醒が早いよね〜。
頼もしいコトだわ。^^

ちなみにあいつはPDAのカメラで写してネットカフェのPCに転送してメールで送ってます。^^
Posted by ZAKI at 2005年12月20日 14:04
ZAKIさん、こんにちわ。いやあ、頼もしいッスね、息子さん。今、中国の環境は悲惨な状況になってるみたいだよね。知り合いの研究者が中国の内陸部へ視察に行って、環境難民が都市に集中してきているって言ってたよ。過去の森林伐採と過放牧が主な原因らしい。政治体制の壁も厚いんだろうな。そんな中国を肌で感じて、空見て理解できる息子さん、もう立派な大人だね。^^
Posted by ばっぷ at 2005年12月20日 20:35
うん、なんか公害出し捲くってた日本の高度経済成長期の初期と同じような印象を受けますねえ、、
中国の石油消費量の激増に対してOPEC諸国の石油生産量は頭打ちで全く追い付かなくて、各国の熾烈な石油の奪い合いが始まってますよね。

昨今ニューヨークの石油市場は2倍、日本の軽油と灯油も2倍に向けて跳ね上がっているのに、
日本のガソリンだけは上下繰り返しながらゆっくり上がっている。
今オイルショック並みのガソリン200円時代になってしまったら経済崩壊の引き金になりかねない日本の状況。
急激な石油高騰でインフレに転じて国債の利子が払えなくなる危機(破綻)に対する、日本政府の石油業界に対する必死のコントロールを感じるのは私だけでしょうか。。
ちょっと話が飛んじゃったかな?(笑)

敬介はベトナムは短期滞在にして、今タイに向かってます。^^
1度行ったタイが好きになったようで、張り切ってタイ語勉強していたので早く行きたいんだと思う。
ここにコメント入れればいいじゃんと言ってあるので、そのうち来るんじゃないかな。
Posted by ZAKI at 2005年12月20日 23:11
親父に来いと言われたので、ちょっとのぞいて見ました、アジアを貧乏旅行中の息子です!今回の旅の目的はとにかく「いろんなトコを見て回る」なので、自分が見たものについて感じたこと、知ってること、聞いた話等を出来る限りまとめて写真と一緒に送ってみました!
 中国を見て回って一番に感じたのは、とにかくめちゃくちゃ人が多いってことですね。さすがは人口世界一!確か今年1月に13億を突破したとか。戸籍登録されてない人(主に農村部に多い)を含めると16億はいるんじゃないかと言う人もいるそうです。そのほとんどが主要民族の「漢族」です。
 中国ををどの側面から考えても、浮かびあがる重要な点として、この多大な人口があると思います。
 今の中国の漠然としたイメージといえば、経済発展(とそれを原因とした様々な問題)とか、反日とかそういうのがあってちょっと旅行はし難い感じですけど、行ってしまえばそんなのはほとんど関係ないです!観光も独自の文化がちゃんと残ってて面白いし、特に中華料理に関しては単に美味いだけでなく、何でもありな感じが凄い面白いです^^興味のある方は是非行って見て下さい!
 中国は次はチベットの方に行ってみます!
Posted by むすこ at 2005年12月29日 22:33
おお、やっと来たか。^^
今、年末の忙しさにプラスして色んなことがバタバタし捲くっていてブログの更新が進んでいないんだけど、
追々更新進めて行くから。
この年末、地球の平和を守って行く、仮面ライダー隊が始動したっ!
地球の未来はもうダイジョブだ。

今バンコクかな?
あったかい正月でいいな、そっちは。^^;
こっちはなんだかめちゃ寒いぞ。
たまにここに顔出しなよ。
では来年も、BE HAPPY!!ーーーーー→→
Posted by ZAKI at 2005年12月30日 15:03
ZAKIさん、明けましておめでとうございます。そして、敬介くん、はじめまして。ばっぷと言います。

いい感じの旅してますね。人口が多いことを肌で感じるってことは、相当な数なんだろうね。人いきれとか体温まで分かっちゃうような感じなんだろうね。
ちなみに僕の暮らしているニューカレドニアってところは、四国くらいの面積に23万人が住んでいます。これでも人口が急増しているんですよ。田舎に行ったら、人間より馬やブタや鹿の方が多いくらい。しかも野生です。もっとも、人間が食用に持ち込んで野生化させて、狩猟対象にしているんだけどね。

チベットはどんな感じなんだろう。また是非、教えてください。楽しみにしてます。
ちなみに、僕はたぶん、敬介くんの親父さんよりちょっと若いくらい(ZAKIさん、失礼!)だと思うけど、20代最後の歳からずっと旅を続けているような生活してます。

以後、よろしくです。^^
Posted by ばっぷ at 2006年01月01日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10824892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック