2009年06月20日

種類不明の魚??

この所色々やってて漁に出る日が少なかった。
電灯潜りも始めた所だけど、まだ良いポイントが分からなくて獲れない。^^;
夜の潜りは怖いっすよー!
真っ暗で自分がどこにいるのか良く分からないし、
口の尖った大きなダツが突進してくる危険も常にある。(突き刺さる)
サメにも出くわすことがあるらしいけど、人間はまず襲って来ないそうだ。
獲った魚をバクッと食い千切られることはあるらしいけど。
電灯潜りはまともに出来るようになったら報告します。^^

下はお手軽な投網漁で取れた魚。
投網は簡単なのでパッと行ってパッと2〜3日分の魚を取って来れる。
自給にはこれで十分なんだけど売れるような上物はそんなに入らない。
この日は珍しく、上物のゴマフエダイの3〜40cmのが一辺に入った。^^
ゴマフエダイの皆さん

この赤っぽい大きな魚、河口に上って来る唯一のフエダイ。
だからたまに河口での投網に入るのだ。
沖縄の3大高級魚の一つ、タマンもフエダイの仲間なんだけど、
刺身はこっちの方が美味いと思う。
コクがあるんだよね。
沖縄の魚は味気ないなんてよく言うけど、ヒラメとか白身の刺身が好きな人にはバッチリですよ。^^
あっさりしてコクがある

下は別の日の投網にはいった魚。
見たことない魚が1匹入った。(一番下の黒いの)
ナマズか??と思ったけど、ヒゲがない。
ヒレを広げるとまるでシーラカンスかハイギョのような出で立ち。
まさかハイギョじゃねーよなと思いつつ、刺身で食べてみるとあまり美味しくはない。
川で取れる魚は寄生虫がいる可能性があるので、見知らぬ魚は生で食べない方が良い。
おれはアニサキスに何度も腹を食われるのに慣れているので(メチャクチャ痛いけど)
とりあえず何でも刺身で食ってみるんだけど真似しないでね。^^;
アニサキスに食われる痛みがキタ〜ッ!!と思ったら、
昼間から強い酒とお酢を胃に流し込んで殺す。(何日も掛かることもある)
不思議な魚が1匹。

ずん胴で肉厚、顔だけナマズのように少し扁平している。
なんかスゲー珍しい魚取ったのかも??
誰か分かりませんか?この魚。
ナマズではない。

下の写真はウミンチュの人に、売れない魚だからともらった魚。
もらったのはオレじゃなかったのでなんて魚なのか聞けなかった。
この下の黒っぽい大きな魚。
確かに刺身で食べるとあまりコクがないので売れないんだろうな。
でも氷で冷やした酢醤油にクースーを入れたタレに付けると普通に美味しく食べられる。^^
この魚も誰か分かったら教えてください!
この大きいのも種類不明。
posted by zaki at 15:00| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ネッツと申します。
ナマズの様な魚は「ホシマダラハゼ」ですね。

下の魚は「オオグチイシチビキ」(方言名タイクチャーマチ)だと思います!
Posted by ネッツ at 2009年06月23日 15:07
ネッツさん初めまして。
ホシマダラハゼですか!
ハゼと名が付くけど全然ハゼっぽくない。
この川でもう50回は投網漁やってますが初めて取れました。

オオグチイシチビキ、顔つきが青物っぽかったのでそれ系かなと思ってたんだけど、フエダイ科だったとは。
そういや同じフエダイ科のアオダイにちょっと似てるかも?

どうもありがとうです!
Posted by zaki at 2009年06月25日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック