2009年06月22日

ZAKI農園の南国フルーツ販売開始! 青パパイヤ

ZAKI農園の南国フルーツ、島バナナやグアバ、マンゴーなどまだまだ育成途中の物が多いんだけど、
収穫が始まった自然農法の青パパイヤと、今回一緒に売り出すことになった自分の師匠の無農薬マンゴーから販売を始めようと思います。^^
            
まず青パパイヤ!
 

沖縄では普通にパパイヤイリチー(ツナとの塩味炒め。野菜としていただきます。ご飯に最高!)にしてよく食べている食材です。
皮をむいて千切りにして、だしをパラパラ、ツナと一緒に塩味で柔らかく炒めるだけ!
不思議なほどご飯に合う!

ソムタムなど、サラダにしてよく食べているタイの人に言わせると、
熟す前の青パパイヤはダイエットに効果があり、他にも、抗酸化作用、整腸作用、便秘解消、疲労回復にも効果があるスーパーフルーツなんだそうです。
ソムタムの作り方紹介HP               
沖縄のおじいおばあの長寿を支えてきた食べ物の一つなんでしょうね。
ZAKI農園の青パパイヤは、無農薬無肥料の自然農法で作った、
野生状態に近い生命力の逞しいパパイヤです。
自然農法の生命力の強い食べ物を食べると、生命力を頂けます!!
ビシッと締まっていて冷蔵庫で10日以上もちます。(千切りにして冷凍もOK!)
まず内地では手に入らない自然農法の青パパイヤ3kgを、
初売りキャンペーンで送料無料! 代引き料、税込価格、3500円で販売開始します。

保存しながら健康食として食べて下さいね。
おれ自身が最近、病気してるんですか?と心配されるくらい勝手にやせて来てるのもその影響があるのかも。(もちろん元気だよ!)
普通の青パパイヤの乾燥の物がよく売っているけど、美味しさ栄養ともに生が1番です。
野生種.jpg
青パパイヤは通年取れるけど、今年はまだ収穫量が少ないのと、台風でやられちゃう事もよくあるので、
年間通して収穫しだい発送する形なので、期日の指定は出来ませんが、先着順で発送して行きます。

ZAKI農園の自然農法で作った青パパイヤ3kg。

初売りキャンペーンで送料無料!

代引き料、税込で、3500円で販売開始しましたが、現在台風のために秋まで出荷停止中です。


ご予約はこちらのメールアドレスへ→  zaki.firm2@gmail.com
お名前、住所、電話番号をお書きの上ご注文下さい。

☆青パパイヤの食べ方色々!

青パパイヤを料理したことがない方が多いと思うので、こんな料理にイケますよ、という例をご紹介します。^^

青パパイヤのンブシー(ンブサーとも言う)
IMG_3499.jpg
これも青パパイヤを使った沖縄の定番料理です。
ンブシーというのは煮物のことで、もしかしたら”ん”から始まる日本唯一の食べ物??
沖縄では塩、醤油、昆布をテビチ(トン足)と一緒に煮るんだけど、
色々アレンジがきいてこれまたご飯にとっても合います。^^
例えば鶏肉、豚の3枚肉(バラ)や豚の中身(白モツ)、手羽先、牛スジなんかもOK。
これは自己流の味付けだけど、鶏肉のモモ肉を昆布がなかったので鶏スープと醤油、カツオ出汁に塩を合わせて煮込んでみました。
大根と同じような感覚で煮物に出来て、大根よりコクがあるみたいな?
料理に仕上がります。
ポイントはパパイヤを煮過ぎると柔らかくなりすぎちゃうので、
時間のかかるものを先に煮込んでからパパイヤを入れ、
パパイヤが煮崩れしない適度な固さに”なる前”に火を止めて余熱でほっとくとちょうど良い煮加減になります。^^
豊富なパパイン酵素の力で肉が柔らかくなる。

青パパイヤを皮むきで皮をむいて種を取りぶつ切りに。
そして煮込むだけ。
ブリ大根やイカ大根のようにシーフード系も合うと思いますよ。
P8070037.JPG
これは豚の中身(白モツ)で煮ているンブシー。
P8070050.JPG

相性の良いツナと一緒に夏野菜カレー。
ジャガイモの代わりに青パパイヤを入れます。
ツナの塩分が出るので、ちょっと水を多めにしてケチャップを足すとちょうど良い感じでした。
IMG_3492.jpg

青パパイヤはキュウリやキャベツの千切りと同じように使えますよ。
例えば冷やし中華。
青パパイヤをサラダ状にして食べるには、生だと歯応えが強いので、
皮をむいてスライサーの千切りにする部分で細く下ろして、(沖縄語でシリシリすると言う)
ビニール袋に入れてすりこぎ棒でバンバン叩いてやると、しんなりして歯応えもある独特な食感(ソムタムのような)になります。
これはたまたま実が熟しかけて、中がオレンジに染まって来た青パパイヤを使った冷やし中華。
フルーティーな甘みと歯応えが腰のある冷たい麺によく合います。^^
冷やしたぬきにのせてもOK!
P8070026.JPG

また色々、青パパイヤメニューを増やして行きます。^^


posted by zaki at 20:05| 沖縄 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、パパイヤイリチーにして食べましたよ!
大根の炒め煮のようなお味でした。
ツナ缶との相性抜群ですね!
ところで、中の種(?)がとっても白くて綺麗で、
捨てるのが勿体無かったのですが、
あれは種ですよね???
(馬鹿みたいな質問でごめんなさいね。
あまりにも綺麗だったので・・・)
Posted by れい〜♪ at 2009年07月06日 23:19
青パパイヤ、火を通すとコクが出るんですよ。
今日もツナとの相性で、肉なしのパパイヤ&ツナを入れた夏野菜カレーを作ったんだけど、
ツナの塩気でしょっぱくなった分、ケチャップで酸味と甘みを足して水を加えたらバッチリでした。^^
ジャガイモの代わりになって、コクが出るのでべジーカレーにもいい感じだと思います。

島では、鶏肉と青パパイヤを煮込んだりして食べる人もいます。
手羽とかイカとかブリとか、大きめに切って煮込むと美味しいと思います。

中の白い種は噛んでみるとまさに大根の味がしますよ。
料理に使えると思います。
これから食べ方を考えてみようと思ってます。^^

ちなみに熟してフルーツになると、種は真っ黒くなって固くなるので食べられないです。
それは植えて苗を作ります。^^
Posted by zaki at 2009年07月07日 20:50
ZAKIさん連絡送れて申し訳ない、ちゃんと届いてます。アースガーデンや何やらで忙しかったんですが、今日倍音流ソムタムにして食べたら最高でした。また注文すると思います。
僕はタイが大好きで、タイに思いを馳せることが出来てすごく幸せでした
ありがとうございます☆
Posted by 倍音ケイイチ at 2009年07月09日 15:29
ケイイチ君、喜んでもらえて嬉しいです。^^
うちの長男もタイが大好きでね、お金を貯めてはしょっちゅう行ってました。
おれも行ってみたいんだけどね。^^
おそらく、赤道前後の暑い国々ではみんな青パパイヤを食べていると思うので、
その国それぞれの食べ方があると思うんですよ。
リサーチして色んな食べ方をUPして行こうと思ってます。^^
ありがとうございました。
Posted by zaki at 2009年07月09日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。