2006年03月03日

食料物資危機を乗り越える。 物資について。

今の日本人の生活品がほとんど輸入、あるいは安い労働賃金と材料で作られた海外生産品である事は皆さん知っていると思います。
今の円の価値が高いがゆえに、どんどんそういう状況にしてしまった。
円が暴落した時、それらが輸入困難になって手に入らなくなる、あるいは爆発的に高騰するわけです。
政府はそれを良しとして来た。
国民の事を本当に考えている政府だったらそんな事をするでしょうか。

その結果として、日本の林業、漁業、農業などの第1次産業が安い海外製品に太刀打ちできなくなって来ている。
どんどん衰退するばかりです。
さらに担い手がどんどん減り、従事者の高齢化が進んでいて、もし経済が倒れなくても10年後の担い手がほとんどいなく、惨憺たる状態になるでしょう。
このまま行けば自給率はさらに圧倒的に下がって行きます。

そして、現在多くの物資の材料になっている石油は、限られた資源。
今世界中で石油の奪い合い合戦が起き、混乱が起きなくてもどんどん高騰して行くのはハッキリしてます。
すでにこの数年どんどん上がってるでしょ。^^;

石油、天然ガスなどの埋蔵資源という物は量が決まっていて、何億年という過去の生物の産物なので、
現在の自然界の循環系で生産出来ない物なんです。
だから世界的に石油などに依存しない形にならなくちゃいけないのに、奪い合いばっかりして企業が儲けるために自然破壊は止まらない状況です。
アホじゃないの??って話。^^;;


本来永続して物資を得られる姿というのは、
地域、あるいは国内で原料が調達出来ること。
そしてそれが自然界の循環の中でサイクル出来ることなんだよね。
それには、この国の自然をしっかり生かして行くことが大前提。
本来日本の森林資源や海の資源はほんとに素晴らしいものなんですよ。^^;
それを金のために破壊し捲くり、自給出来ない状態にして、、まったくイカレてますね。
それは金に意識を支配されていることの業であるわけです。
金という物自体の持つ、便利さと裏腹の業でもある。
金のシステムなんか無くせば良いと言うと極言かもだけど、
金に意識を支配されないあり方にして行くという事は出来ると思います。

と言うわけで、物資に関して永続出来る世の中に向けて重要なのは、国内で循環出来る自然素材品をみんなが使うこと。
そうして、それぞれの分野の自然素材をちゃんと日本の自然の中で循環する技術を持った、第1次産業のプロが活躍出来るようにする事。
な訳だよね。

それで去年立ち上げてみたのが、国産や地域の自然素材をみんなが使って行くために、全国のそういうちゃんとしたプロの自然素材を供給する人達が検索出来て、情報交換も出来る”自然広場”なんです。
          ↓
http://www.zaki8.com/sizenhiroba/index.htm

ところが、オレが色んな活動で忙しくなっちゃったもんで、去年の春から更新出来てないんです、すんません。^^;;
活動しながらHP、ブログ、広場の3つのサイトを一人でやるのはあまりにも無理があってさ。^^;;
誰か広場運営協力してくれる人いませんかねえ、あるいはこの広場の機能を統合して一緒にやってくれるようなWEBサイトさんあったら大募集!!


そして迎え撃つ経済危機。
輸入物資が急に手に入らなくなったらどうするの??

その一つの答えは、今からもう生活品を地域または国産の自然素材に出来るだけ変えておくこと。
それと、今持っている生活品を極力大事に長持ちさせる事です。
一つ一つ壊れて行ったら出来るだけ直し、(こういう時に地域通貨の技術を持った人が活躍)それもだめになったらそれを使わないで暮らせる生活に変える。(原始生活に戻って行こう。)
うちももうTVがそんな感じです。(笑)
石油製品は必ず使えなくなる事を今から覚悟しよう!
そうして自分の生活を見回してみると、何が今から石油製品から国産自然品に転換出来るのか分かりますから。

そして、どうしても必要な生活必需品が壊れたら、自分の家にあまっている生活品と、他の家にあまっている自分が欲しい生活品を物々交換してもらう。
それもだんだん出来なくなるから、平行して地域あるいは国産の自然素材でそれを作れる人から手に入れる形を作って行く。
その時にはお金が紙っぴらになっていると思うので、みんな物々交換か地域通貨です。
物々交換システムも、地域通貨の機能として今から作って行くこと大事だと思います。

そしてもっと大事なのが、等価交換にこだわらない、”分かち合い”。
言わずと知れてますね。^^
ギブ&テイク(お金や利己欲に意識を支配されやすく、世の中が世知辛くなる等価交換のシステム)の意識を今からやめて、
サーブ(対価を求めない供給)&レシーブ(気兼ねする必要もない喜びのレシーブ)
純粋な喜びを感じると、自分もサーブしたいな、っていう気持ち(愛)が湧いてくる。
そうしてあらたなサーブが生まれ、どんどん連鎖して行く。
いつの間にかみんながサーブし合うようになって、みんなが生かされる世の中になって行く。
ツーわけだな。v^^



次はエネルギー行ってみっか!


posted by zaki at 21:02| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の食料危機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZAKIさん 頑張っていますね!
でも、頑張りすぎて、倒れちゃわないかと 心配になります。くれぐれも、お体をお大事に!ムリしないでくださいね。
私も サーブ&レシーブ 上手く続けたいで〜す。


Posted by miko at 2006年03月05日 21:16
いやー、体は自然食くってるからどうにかなるんだけど、
仕事をみんなサーブして家族が生きて行けるかどうかが早急な問題ですね。(爆)
Posted by ZAKI at 2006年03月07日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14099233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック