2011年04月13日

危機は続いていますが、

2号機ですでに起こっている格納容器の損壊、各原子炉でそれが今後拡大するかどうか、それが今後の日本、世界の運命を決するようですね。
それが更なる地震で爆発的に起きるのか、スリーマイルの後日調査で指摘されているように長期化によって起きて行くのか分からないけど、
常に注視して避難準備を考えておくのが賢明と思います。
難しい判断ですが、そうならない事を祈っています。
石垣島でのその時のための受け入れ態勢を出来るだけやっておこうと思います。

国の財政も危機に面しているようです。
破産した時の食糧危機にも備えておきましょう。
自給自足の真価がその時に発揮されるでしょう。
大都市依存型ではなく、田舎暮らしを今こそ考えるべき時です。


posted by zaki at 22:53| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田舎の国土は移住に充分足りてますか?人が住むのには平地じゃないといけないと思います。

そして原発から遠いとか、地盤が固いとか、海抜から高いとか、地震プレートの上かどうかとか。
放射線の動きも気になります
http://www.naver.jp/radiation

石垣島も台風が多いので竜巻なんかも気になりますね
千葉県に来てるぐらいだから。。。


よろしければリンクさせてください^^
http://ameblo.jp/lifesty/
Posted by nature_koch at 2011年05月05日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック