2005年03月12日

鴨川の、

安房マネー代表で水彩CGアーティストの林さんのお家に薪や自給暮らしを見学しに行ってきました。
林さんちは鴨川の里山の上の古民家に住んでいて、田んぼや裏山まで付いた広い土地を安く借りて家族4人で自給暮らしをしている。
そのかわり、家の補強や敷地の世話に大変苦労が掛かるとのことで、
林さんの立ち上げた地域通貨の安房マネーのシステムで会員が助け合い、
ずいぶんお世話になっていますよー、とのコト。^^
棚田でのお米作りもやはり一人では大変とのことで、助け合ってやっていますって言ってました。
自分達で育てた玄米ご飯をいただいてみたら、すごく香ばしくて美味しかった。
やっぱり米が自給できるっていうのは素晴らしいなあ、、と思ったなあ。
ご馳走様でした、林さん。^^

薪ストーブ暮らしやテレビもない古民家での生活もすごく味わいがあって、
ほんとの田舎暮らしの醍醐味がそこにあった。
自給や地域通貨やシュタイナー教育のコミュニティーのモルゲンランドの話で盛り上がっちゃって、
写真を撮るのを忘れてしまった。^^;
繋がりあって色んな活動盛り上げて行きましょうねー!

うちは9年前に岬町に越してきた当初はこんなに自給暮らしにハマッて行くとは思ってなくて、
田舎にスタジオ作って有機野菜作りながら音楽創りたいー、と思って越して来たので、
家は普通の2×4なんだよねえ。
当時古民家補修して暮らすこと思い付いていればなあ。
今頃ローンに悩まされる事もなかっただろうに、、(爆)
出かける前に魚を取って行ったんだけど、おうちでは菜食にしているとのコトで、
(主義とかじゃなくなんとなくそうなって来たんだって)
大きいぼら一匹分だけ柵にして持っていった。^^
帰って一匹すぐさばいた

まだまだボラばかりの中、一匹だけコチの仲間が入った。
半年振りだ。^^;
やっと春の流れが来たんだねえ、、
平べったくてマゴチやメゴチとは違うような感じなんだよね。
ぼうずコンニャクさんトコで聞いてみよう。
正体不明のコチ

実は林さんちでも米糠を食べていたんである。
そういう暮らししてるとやっぱり分かるんだなあ、、
林さんち流の米糠の食べ方で、オールブランペーストっていうのを教えてくれた。
米糠を菜種油であえて醤油少々に塩で味を付けるんだけど、これが香ばしくてマジ美味いのである!
さっそくうちでもやってみた。^^
香ばしくてご飯にバッチリ!

林さんちでも米ぬかと言うとヌカ床??ってイメージがあるので、英語でかっこ良く言っているんだってよ。
うちのキャシャーンパウダーとおんなじだ。^^
(違うかな、、)

林さんのHP、スタジオニルヴァーナです。
http://www.awa.or.jp/home/oneness/

安房マネーのHP。会員募集中!
http://www.awa.or.jp/home/awamoney/



元祖ブログランキング
人気ブログランキング


posted by zaki at 13:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。