2006年10月14日

ちょっと珍しい魚。

もうこの辺で投網を打ち始めて4年になるけど、初めて網に入った魚。
何じゃこりゃ?? イシモチにも似てるけどヒレが違うよなあ、と思って回りの釣り師の人に聞いてみたら、
あこりゃアゴナシだ、と言われた。
はああ、こんな魚いたんだ、と思いつつ正式な名前を調べてみたら、
ツバメコノシロという魚だった。
なんだかすごくマイナーな魚で研究者もいなく、どういう系統の魚だかハッキリしていないらしい。
ボラ系じゃないかという話が出ているとか。

ツバメコノシロ

119-1935_IMG.JPG

この日は刺身に出来る白身の魚が4種取れたので、さっそくさばいて晩御飯のおかずに。
最近このへんでは珍しくなったカイズ(黒鯛の中位のやつ)も久しぶりに入った。

白身魚は刺身にすると何の魚だか良く分かんなくなっちゃうんだけど、
今回、カイズ(黒鯛)、セイゴ(スズキの小さいの)、アゴナシ(ツバメコノシロ)、イシモチの4種が取れたので味比べをしてみた。^^
上の皿の左側が黒鯛、右側がセイゴ、下の皿の左がアゴナシ、右がイシモチ。

119-1945_IMG.JPG

さて味比べの結果は??
魚は群れやサイズによって味が変わるので、この日の順位と言うことで。^^
どれも美味い白身の魚なんだけど、
なんと一番美味くてコクを感じたのは、アゴナシだった!
へええ、こんな美味い魚がいたんだ、と感心。
この辺じゃめったに取れる魚じゃないので心して味わっとけよー、と子供達に。
個人的にはイシモチの刺身がイサキっぽくってかなり好きなんだけど(ちなみにおれは脂ののったイサキが一番好き)
この日味わった順位は、アゴナシ、イシモチ、セイゴ、カイズの順番だった。

このところ風が強くって網が中々打てない日が続いていたんだけど、ここ数日間風がやんだので行って来た。
他の日の漁獲。^^

119-1921_IMG.JPG

119-1926_IMG.JPG





posted by zaki at 19:02| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味そうですねぇ。美しい、日本の魚たち。
Posted by at 2006年11月10日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。