2006年11月27日

共謀罪阻止、銀ブラ街宣。

23日の集会前にやった、今回3回目の銀座歩行者天国での街宣の映像が共謀罪TVにオンエアーされてます。
なぜか警察もぜんぜん来なくて、たっぷりやらせて頂きました。(笑)
銀座のホコ天は人も多く、広くて町中に音が響き渡る。
おそらく1万人位にはへんな共謀罪を聞かせられた。
全国でガンガンやって行きましょう!
与党は死んだ振りに騙されない強かな運動と野党の頑張りで採決を逡巡しています。
今週の強行採決を抑えられれば政府与党は非常に不利になります!
(今週の強行採決を抑えられれば、会期を延長されても今国会期中に参院を通す時間が無くなる。)
来期通常国会に持ち越されて、天下の悪法共謀罪が審議されることになれば、
会期中の全国知事選と、直後の参院選で、与党側に大打撃が来ると予想されるからです。
明日からの法務委員会が正念場です。
今こそ国民の意思を見せ付けてやろう!!
明日も運動のみんなと共に国会前でガンガンプレッシャー掛けます!

共謀罪TV、銀ブラ街宣映像。(更新とともに下におりて行きます。)
        ↓
http://incidents.cocolog-nifty.com/the_incidents/

へんな共謀罪の歌、無料配信中!
下記の2つのURLのどちらかを、右クリックで対象をファイルに保存すればダウンロード出来ます。
CDに焼いたりして上手く使って下さい。
        ↓



死んだふりを装いつつ、与党が今週、抜き打ち共謀罪強行採決を策動中!
おととい出された、日弁連、海渡弁護士からの呼び掛け文です!

以下転送文。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Subject: Fw: [NoNuke:11265] >転載歓迎<共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党


共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ

>転載歓迎<共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党                     海渡 雄一(弁護士)

法務委員会理事会で与党が動きはじめた

 まず、22日と24日の毎日新聞によると、共謀罪の審議について法務委員会の理事会のレベルではっきりとした動きが出てきた。
22日の衆院法務委員会理事会で与党理事の早川忠孝氏が「共謀罪法案の審議に速やかに入りたい」と主張した。
これに対し、平岡秀夫議員(民主)らは、米国が国際組織犯罪防止条約を批准した際に共謀罪に関する規定を留保したことを政府が隠していたとして、「審議の条件が整っていない」と反発したという。激しい議論になったが、与党側が「正式な提案ではない」としたため、結論は先送りされた。
 衆院法務委員会は24日、理事会で今後の審議日程を協議した。自民党の複数の理事が、共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案の審議入りを主張したが、野党側は強く反発したという。協議はまとまらず、27日に再度話し合うことになった。
22日は一人だったのが、24日には複数になっているところが不気味だ。

 保坂展人議員のブログも急を告げている。
 「本日(24日)、午後1時から開かれた法務委員会理事会で、来週の火曜28日の定例日に「共謀罪」の審議入りが「個人的な要望」として提案された。
1時間の一般質疑を挟んで再開された理事会では、さらに「条約刑法(共謀罪)の審議に入って下さい」「次は条約刑法の決着をつけるべきです」との複数の与党理事からの発言が続いたが、与党筆頭理事は最後まで正式な提案をしていない。
しかし、共謀罪の強行突破が「現場の要望」から国会対策委員会レベルの承認を取り付けつつあるものと判断し、「教育基本法の与党単独採決」に続いて、デタラメ虚偽答弁を続けてきた「共謀罪」も「強行採決」ぶくみで臨時国会終盤の日程に乗せてきたものと思われる。
「防衛省昇格法案」の取り扱いをめぐって紛糾してきた安保委員会も来週の採決へ向けて動きつつあり、「自称・美しい国内閣」の本性があらわになりつつある。
 (中略)
 次の理事会は夕方5時半から開かれる。「共謀罪審議入り」が与党の正式な提案な提案であるのか否かは、この場で明らかになるはずだ。
にわかに緊迫をましている法務委員会の現場からの緊急報告である。
 (追記) 5時半から理事会は、与野党平行線のまま。ただし、与党理事の多数が「共謀罪審議入り」を提案するも個人単位の意見表明にとどまっており、与党としての正式提案なのかどうか曖昧だ。
だが、「臨時国会の会期内に条約刑法も少年法も成立させる」というのが原則的立場だという「原則的」な姿勢表明はあり、野党側や世論の動向を伺っているのかとも思われる。
月曜日の午後3時半から、続きをやることになって、来週に持ち越した。」

国対も動き始めている?

 真偽のほどは不明だが、二階自民党国対委員長が火曜28日審議入り、12月5日(再来週の火曜日)には共謀罪の採決を考えているという情報まである。
保坂さんのブログにもあるように、共謀罪の強行突破が「現場の要望」から国会対策委員会レベルの承認を取り付けつつあるとみて対策をとった方がいい。

 今国会では、与党はずっと、共謀罪は見送りだという情報を国対筋から発信し続け、マスコミもこの情報をそのまま流してきた。
しかし、教育基本法も衆議院を通過し、補選と知事選も19日で全部終わった。だからということで、共謀罪の審議入りというのは、あまりにもひどすぎないか。
選挙の前には嘘を言って、国民を欺いていたことになるではないか。
与党が共謀罪の成立を図ると言っていれば、補選も沖縄の知事選もどうなったかわからないのだ。国民もマスコミも徹底的になめられている。
選挙が終わった今なら強行採決をしても、来年の統一地方選挙、来夏の参院選挙までに有権者には忘れてもらえると与党は高をくくっているのだ。

国民をだます政治は民主主義とは呼べない

 やらせタウンミーティングを見ても、安部首相以下の今の与党執行部にとっては、
世論は「聞く対象」ではなく、「自ら作るもの」なのだろう。選挙に不利なことは隠しておいて、選挙が終わったらやりたい放題という今の政治のやり方を許したら、民主政治は成り立たない。
政治を行う人が自らの意図を隠して、国民の審判を受けることなく、政策を遂行するとしたら、それはもう民主政治とは呼べない。
来週は月曜から共謀罪も波乱の国会の始まりだ。
 与党が共謀罪を持ち出してくるなら、これに全力で反撃し、共謀罪、教育基本法、憲法改正手続き法、防衛省昇格法の悪法4法案をまとめて、廃案に追い込み、私たちの手で民主主義を取り戻さなければならない。私たちはだまされないし、決して忘れないというメッセージを与党国会議員へ送り続けよう!


***************
〒160-0022
  東京都新宿区新宿1−15−9
      さわだビル5階
      東京共同法律事務所
  TEL 03-3341-3133
  FAX 03-3355-0445
mail:ay1y-kid@asahi-net.or.jp
     弁護士 海渡 雄一
***************



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

植草一秀氏の勾留はいったいいつまでなのか、日にちをカウントし毎日更新するバナーを作りました。
Excerpt:  弾圧に備えた最低限の法律知識と心構えの救援ノートを読もう  これから毎日勾留
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-11-28 18:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。