2005年04月11日

海岸の幸

なんかおれ最近長い投稿多いよなあ、読みずらいだろうしやっぱシンプルに行こう〜。

大潮の干潮時に3人で海の食いもん取って来た。^^
この辺は真冬は昼間潮が下がらないので来てもこういうの取れないんだけど、3月からは昼が干潮の潮回りになる。
一時間でこん位。(7キロ位)
3人でやればけっこう取れるね。^^
イガイ(黒い貝)にイボニシ(ツブみたいの)にハバノリ(真ん中)にアラメ(昆布みたいの)にイワガキ。(右上)
全部地元の漁師さんの漁場じゃない突堤で取って来た。
岬町にも一ノ宮町にもイワガキの漁師さんはいない。

イボニシは塩茹でで酒のつまみに、ハバノリは佃煮に、アラメは湯がいて醤油をかけて、
イワガキは生で塩水かポン酢で、(うちの家族はみんなカキにあたらない)
イガイは味噌汁にする。
普通の旅行者の人はこういうのいっぱい居るの見えても食えると思わないみたいだね。
自分も越して来た頃は思わなかたからな。(笑)
海の幸の宝庫なんだけどね。
イワガキとハバノリは買うと高いよー、波には濡れるけどね。^^

お金にしたら5千円位あるよ。

小さい子供は大人がやってると何でもやりたがる。
波打ち際で一緒に海草の種類やとり方教えていたら、二人でドバァと冷たい波を頭からかぶった。
服がビチョビチョになっちゃって、一瞬泣きそうになってガタガタ震えるんだけど、オレは横で大笑いしている。
慣れて来たら一人で波の中に飛び込んで遊んでた。(笑)
野生化していけ!



posted by zaki at 17:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。