2013年07月06日

ジンナーの作り方

魚突きをしている最中、取れた魚を引っ張りながら泳ぐんだけど、今までは突いたら魚を突っ込んで引っ張って口を締めるだけの手返しの良い浮きの付いた網袋を使っていた。
ところが最近1回に取る魚の量が増えてきて、網袋は中で魚達が勝手に泳いでいるので増えるほど泳ぎの抵抗が強くて速く泳げなくなってしまう。
ジンナーは沖縄のウミンチュが良く使うもので、魚を殺してから吊るす手間はあるけれど、
魚達が整列するので泳ぐ時水の抵抗が少ないのです。
で、こっちに変える事にした。
4年前にウミンチュの人から習った作り方。
これはウミンチュの人から詳しく聞かないと中々作り方を知る事が出来ないので、これから魚を突きたい人には結構レア情報だよ。

これが完成したもの。
この紐に魚のエラを通して吊り下げて、潜る深さに長さを合わせた水に浮くポリエチレンロープで引っ張って泳ぐ。
ナイロンとか水に浮かないタイプのロープはサンゴなどに引っ掛かる事が多いので水中拘束の危険が増えるから使わない。
SH3J0028.JPG

直径75mmの塩ビ管と両側のキャップを利用して中空にする。
そして紐を固定して結ぶための黒ゴム(これは8mmのやつ)を1本切れても大丈夫なように片側2本巻き付け縛る。
そこにひもの後を結ぶ。
なぜひもの固定に黒ゴムを使うかと言うと、塩ビ管に穴ををあけちゃうと水が入って浮力が無くなるから。
ひもは余ってた銛用のPEライン(耐加重150kg)を使った。
別にそんなに強靭なひもじゃなくてもOK。
SH3J0029.JPG

これがエラを通すための棒。
今回はアルミの棒を買ってきてディスクグラインダーで加工した。
ディスクグラインダーは一家に1台あると便利ですね、3000円で買えちゃうし。
銛先を素早く研ぐのにも重宝します。
真ん中に縛ったひもがずれないように窪みを作り、両側を尖らせる。
この窪みを作らないとエラを通す時にひもが抜けてしまいます。
形状が同じならプラスチックの棒を加工してもOKです。
SH3J0043.JPG

SH3J0035.JPG

反対側に縛った2本の黒ゴムに小さな紐の輪っかを付ける。
そして、吊るすひもの先を棒の窪みに縛り、その輪っかを通すと自然には取れなくなるわけです。
これで魚が抜けなくなり、1列にぶら下がってくれます。
ひもはたくさん魚を吊るすと短くなっていくので少し長めにしておきます。

SH3J0032.JPG

SH3J0033.JPG

SH3J0034.JPG

これで完成です。
ひもの結びが取れないようにしっかり縛るのがコツです。
瞬間接着剤で固めても良い。
塩ビ管の中にはキャップを外して小道具も入れられるよ。
早速明日使ってこよう。

全然関係ないんだけど、冗談で作った曲のモチーフです。笑
ラーメン好きの方に。
コードは面白いよ。





posted by zaki at 16:01| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I simply needed to thank you so much once more. I am not sure what I would have sorted out in the absence of the actual techniques shared by you about such industry. It actually was a real alarming problem in my view, however , looking at the very skilled tactic you dealt with the issue forced me to cry with contentment. I will be thankful for the advice and then trust you comprehend what a powerful job that you are doing instructing other individuals through your webpage. I’m certain you have never got to know any of us.
Posted by shoe lifts at 2013年07月30日 10:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368464987
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック