2005年06月18日

栽培中ッ。

春から夏にかけて作っている野菜の経過です。
化成肥料も農薬も一切使わない有機栽培。^^
ずっと自己流で試行錯誤しながら作ってたんだけど、いつの間にか最近知った赤嶺氏の循環農法に近づいていたのが嬉しい。
循環農法を知ってからは、より雑草を活かすやり方にしてます。^^
いつの間にかずいぶん種類が増えていた。
170坪の畑をフルに使うのは今回初めてだなあ。
この位の広さなら3家族分以上の野菜が作れるよ。^^
このデカイ投稿の下に歌舞伎町シリーズ第3弾もUPされてるのでお見逃しなく。(笑)

初春寒すぎて種まきが2度失敗してしまったトウキビ。
おれが北海道出身なので、うちではトウキビと呼んでる。
函館の方で、トウキミという看板も見た事がある。^^
今回40本位。
とうきび.jpg

かぼちゃは保存が効く便利な野菜なので多めに作りたいところ。
窒素肥料が多いとうどん粉病が出るので、植物系の堆肥は少なめにした。
株によって育ちの差が出ている。
8株くらい。
かぼちゃ.jpg

冬から続けて作っているキャベツ。
この一群は春に苗を植えた。
もう収穫出来るのが出ているね。
チョウチョ除けの網をかぶせている。
そのままやってると青虫取りが大変。^^;
冬なら網が要らないけど、植え付け時期が超微妙。
今30株位。
キャベツ.jpg

地這のきゅうり。
普通は敷き藁をするんだけど、芝の上に広がせている。
芝が一時日が当たらなくてやられちゃうけど、また復活する。
3株。
この株は秋前に収穫が終わるので、秋に取れる株もこれから作る。
きゅうり.jpg

サツマイモは肥料がなくても育つ、食糧危機には有り難い作物だ。
今回ほんとに全く肥料をやっていない初めて使う所(野原状態)に植えてみた。
さてどうなるでしょう。^^
いつかは必ず来る食糧難のシュミレーションだ。
50株。
サツマイモ.jpg

このインゲンの種類は蔓がないので作りやすい代わりに収量が少ない。
追肥をやり続けると、長期収穫出来る。
でもやっぱりこれから秋取りの株も植える。
蔓なしいんげん.jpg

ちょっと植えるのが遅すぎたのでどうなるかなあ。
小玉スイカは実りが早いからいけるかも??
8株。
小玉スイカ.jpg

去年の秋に植えた春菊、収穫が終わって種取の株だけ残してある。
このくらいで十分過ぎる種の量が取れる。
春菊.jpg

今年は黒豆の枝豆(大豆の若取り)を植えた。
味が濃くてほんとに美味いんだよね。
密集させないで風通しを良くするのと、花の咲く時期に乾燥させないのが大事。
50株。
ジャガイモの後に大豆収穫用の大豆も植える予定。
有機の味噌を作るのだ。
納豆も作りたい。^^
枝豆.jpg

たまねぎの後を多種混作エリアにしようと思って、三つ葉とアスパラを植えた。
アスパラの収穫は来年以降。
夏にニラも混作する予定。
他にも何種類かハーブを植えてみよう。
アスパラは写真だとスギナ(つくしの葉)と区別が付かない。^^;
3株&5株。
三つ葉にアスパラ.jpg

冬を越えさせた絹さやエンドウ。
これでオムレツを作るとすごく美味いというコトを三芳自然塾でやってみて分かった。^^
もうすぐ収穫も終わる。
5株。
絹さや.jpg

植えっぱなしのオレンジラズベリー。(多年草と言うか木だね。)
ちょうど実りだして来た所。
どんどん広がっていくので、畑に周って来たら抜く。
実は綺麗だけど、ジャムにするなら赤いラズベリーの方が全然色が良い。^^
最初1株がだいぶ増えた。
ラズベリー.jpg

冬のブロッコリーの残り。
種取り用だ。
なぜか塔が立たなかったのが1株出てる。^^
ブロッコリ.jpg

大きいトマトは世話が大変なのでいつも作らない。^^;
ミニトマトは簡単。^^
連作だけ気を付ければいい。
4株。
これも秋取りのを後で植える。
ミニトマト.jpg

春のホウレン草の種取り用の株。
アリマキがすごく付くんだよね。
ダイジョブかな、、
ホウレン草.jpg

ナス科の肉厚のパプリカ。
有機のパプリカはほんとに甘くて美味い。
フルーツみたいで、子供達もオヤツ代わりに食べられる。^^
赤と黄色を植えた。
10株。
パプリカ.jpg

種を蒔いて2週間なんだけど、初めてやるので他の雑草と芽を見分けるのに困っている。^^;
直播でやったんだけどうまく行くかなあ。
パセリ5株にセロリ20株。
パセリ、セロリ.jpg

今回のニンジン育ちが良いね。^^
期待出来そう。
もっと間引かなくちゃ。
最終的に20株。
にんじん.jpg

ちょうど収穫が終わって日陰で干しているニンニク。(写真用に日向で)
中々出来が良い。^^
味もバッチリで血液もサラサラだ。
230株。
このニンニクの後にミニトマトを植えた。
干し終えたニンニク.jpg

ちょっと育ちが遅いのが気になるにが瓜。
去年競輪選手のつづきさんに頂いた沖縄産の太くて短いニガ瓜の種を取って置いて植えた。^^
沖縄の暑さじゃないとダメなのかな。
にがうり.jpg

有機でほんとに作りやすいナス。
虫も秋まで余り付かない。
追肥をやり続けると長く取れるんだけど、
これから秋ナス用の株も植える。
ナス科は4年位は連作しないでやっている。
まずは3株。
後ろに巨大化した小松菜の列。^^
これは漬物にしてみる予定。
ナス.jpg

サトイモは植えようと思ったらもう種屋さんに種芋が無かった。^^;
しょうがないからスーパーの芋を買ってきて植えてみた。
芽止めが心配だったけど、やっと出て来た。^^
遅かったので多収はムリそうだ。
水気が大事なのででかい丸畝を作って低くしてみた。
周りに盛った土に追肥を入れて土寄せして行く予定。
これは初めてなので試行錯誤だ。
11株。
さといも.jpg

このシソ、どこからか飛んで来た野性のシソ。^^
売ってるちりめん種の大葉じゃない。
葉が肉厚で固めだけど収穫時期が長い。
毎年勝手に生えてくるので何株か分からん。^^;
.jpg

メイクイーン。
もう収穫的期だね。
このあと大豆を植えるので、いっぺんに収穫して乾燥した場所で秋まで土中保存する。
前に北海道産の男爵イモと食べ比べてみたんだけど、うちのメイクイーンの方がコクが全然強かった。^^
出来も良いし物々交換やってみようかな。
130株植えた。
じゃが.jpg

保存しやすいので沢山作りたかったんだけど、忙しくて30個位しかやれなかったタマネギ。
いただいた紫タマネギの方の玉が巨大化している。
そういう品種なのかなこれ?
たまねぎ.jpg

苗作りが遅れちゃって小さいけど植えちゃったオクラ。
小さいうちアリマキにやられやすい。
星型の葉っぱが出るまで持てばしっかり大きくなる。
今回どうだろうなあ、、
酵素液で守ってみよう。^^
おくら.jpg

今年は野菜いっぱい作ろうと作付け計画を作ってやってるんだけど、
いつの間にかなんだかんだで28種類になってる。
今年この後もう10種類位やるんだけど、今収穫期の野菜が終わった後だ。^^
ハーブ数種類とニラに白菜に麦にチンゲン菜にネギに、、あと忘れたw
季節になれば思い出すだろう。

今まで1番の大作かも、この投稿。(爆)
posted by zaki at 11:15| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事です。ZAKIさん野菜は見事です。変に過保護にしないで野生の力を信じて作る。いい感じですね。こんな野菜を食べてるといいウンコが出そうです。今年はZAKIさんのところのニガウリ食べてみたいですね。
Posted by ぼうずコンニャク at 2005年06月19日 22:34
ぼうずコンニャクさん、どうもです。^^
けっこうあれです。
必要以上に保護しない分、楽です。
これが有機作物の農家だったら、この程度の世話ではやって行けないと思います。
自分達が食べる分位の有機栽培は、はっきり言って簡単ですから。^^
季節を考えて良い有機肥料をあげて、野菜の周りの草だけ取って土に返していればたいていのモノは出来ちゃうじゃないですか。
野菜ごとに1回目の失敗位は大目に見て。(笑)
そんな感じが伝わればいいなあと思っています。^^

土曜日の木更津の干潟の探検でお会いするのを楽しみにしています。^^
Posted by ZAKI at 2005年06月20日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック