2004年08月18日

おっきい岩ガキチャレンジ

今日はライブもないので、せっせと海で食料ゲット。^^
12時干潮だったので、カキ取りに行きつつ網打って来た。
10時半に夷隅河口で1時間ほど打ったんだけど、やっぱり干潮前後の河口は水深が浅くてあんまり取れない^^;
チンチン、カレイ、ハゼ、コハダ1っ匹ずつで、さっさとカキ取りに行った。

もう秋も近づいて、この辺の大きいカキはだいたいウエットスーツ着た人達が取り尽してしまった。
わざわざ銚子の方とかからここまで来て、取って行って売っているらしい。
地元の連中もブーブー言ってる。
自分らの海は取り尽しちまったんだろう。
ありゃ、ちゃんとした漁師じゃねーな。

見える所のはもう全然無い。
テトラ帯の沖側の波打ち際ならまだいっぱいあるんだろうけど、(ウエット着てても危険)
Tシャツに短パンのおれにはもっとムリだ^^;
波の中の岩場を手探りで探してみたら、
時間は掛かったけどおっきいのがいくつか取れた。^^
名人の高橋爺は、足で探して見つけるらしい。^^;
(彼も普段着でやってる)

岩ガキってさ、でかくて重いやつは、さぞかし身もでかいんだろうと思ってたんだけど、
違うんだよねえ。^^;
そこそこ身も大きいけど、でかくなる程殻に対して身が小さくなってくんだな。
4年目くらいのでも、形が良いやつは身が大きいよ。
でかいの探して取っても、重さばっか嵩んで大変だし
大した収穫にならんことが分かった。(笑)

やんちゃガキと岩ガキ

蓋側

下側

美味そうでゴメン^^;
ツーかマジで美味い。
この辺でも取れる場所によるけど、
海のミルク、つか海の生クリームって感じ。(笑)
外房に来れば、お店でも食べれるよ。
それか高橋爺に頼めばイイ^^ いっつも海に居るよ。
おれが取ってたら分けてあげるし。^^


posted by zaki at 18:21| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩カキに引っかかってやってきました。
地元鳥取なんで、岩カキはおなじみ。

日本海のものとおもっていましたが、千葉でも採れるんですね。写真:おいしそう

何年か前、友達が密漁してはスナックとかに売って夏を暮らしていたのですが、大量に採って浮上してみるとそこには「海上保安庁」が!!罰金ですんだのですが、電話があってもらいうけに行ったのがいい?思い出です。
Posted by tarako at 2004年08月18日 18:36
旨そうなカキですね。テトラポットののカキは、ひとつ取ると次から次に取れて、ラークチン。市場でもテトラポットの丸みを持ったカキが売られてます。前日のバカガイですが、イガイの仲間です。イガイ、ムラサキイガイ、ミドリイガイ等がムール貝の名で売られています。
本当のバカガイはすし屋の、あおやぎです。
イボニシの背中の卵は、イボニシの卵です。
その横の貝は、シマメノウフネガイだと思います。のっかている貝のウンチ食ってます。アワビ、トコブシ、アカニシ、サザエ等にもくっついています。
Posted by つづき at 2004年08月18日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。