2005年07月27日

ここんトコの漁獲。

こないだ久しぶりに大きいボラが良く取れた。^^
河口の水が澄んでいて、遡上して来るのが見えたので、大きいのがサササ〜ッと何匹か来ると狙って打つ。
1キロ位のでかいのが12〜3匹も入ったので、半分見てたおじさんにあげて来た。
彼もボラの美味い食い方を知っている投網仲間だ。
この日は大漁。

河口でこのサイズ(30cm)のウグイ(ハヤ)が入ったのは初めて。
(下の写真の一番上の魚)
前に太東海水浴場で50cmの降海型のマルタ(ウグイのでかいの)が入ったんだけど、これは上流のウグイの感じに近い気がする。
もしかしたらマルタの小さいやつかも知れない。
安房マネーの海の交流会で塩焼きにして出したんだけど、おれも味見してみたかったな。
あと台風の日に25cmのカイズが1匹だけ入った。^^
珍しく入ったハヤ(ウグイ)

お客さんが多く来そうだったので、河口で磯しじみをたくさん取って来た。
でも来なかったので家族で2回に分けて食べちゃった。^^;
もう慣れてるので30分位で3kほど取れる。
深く掘ればだいたい1uに1〜1.5sは居るね。
しじみバターも美味い。
でもちょっと砂抜きがアサリなんかよりむずかしいんだよね。
大量の海の水持って来て、取り替えながら2日位砂抜きする。
もっと上手い方法ないもんかなあ、、
でかい入れ物で砂抜き中。

岬町の海沿いの高台の景勝地、太東崎灯台からの台風の大波。
天気の良い時は大海原が180度見渡せてホントに気持ちがイイ。^^
台風になると良くココに来る。
もっと凄い時はもっと凄い。
壮観な眺め!

この中に入ったら、もう出てはいけません!!
(ウソ)
実はこれ、第2次大戦当時の米軍艦補足のための電波探知機の名残の架台なのである。
機関銃砲座の跡もあるんだよ。


posted by zaki at 14:22| 千葉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZAKIさん、こんばんわ。
ふと思ったんだけど、ボラって出世魚だよね?こちじゃミュレ(Mulet)って呼ばれてて、それ以上出世しないけど(笑)、人気のある魚だよ。日本で言う「トド」も人気ある。焼いて醤油かけて、食い甲斐があって、美味い魚。日本の河は合成洗剤なんかで汚染されちゃっているから、きっと、みんな敬遠しちゃうんだろうね。俺、ボラ大好きだけどね。日本に居た時は、大井埠頭付近でハゼ釣って、女房に唐揚げにしてもらって食ってたよ。ダイオキシンとか気にしてたら、食えないだろうけど、美味かったね。ビールの肴には最高。
ちなみに、俺はシャンプーも食器用洗剤も洗濯用洗剤も使わない生活してるけど、今の日本人って、どうなんだろう?ちょっと、話がディープかな?
Posted by ばっぷ at 2005年07月27日 18:50
ばっぷさんどうもー。^^
やっぱりボラもね、取れる所によるんだよね。
生命力の強い魚だからさ、汚いところにも住める。
きれいな所にいるボラはまったく美味い魚ですよ、ホント。^^
ハゼって不思議なんだけど、においのする所で取れたやつでも美味い。
何でなのか分からん。^^;
そのディープな話は話し出すときりない話になりますな。(笑)
アクリルのスポンジ使ってるんですか?
手に残る若干の油っぽさをがまん出来ればいけるよね。
千葉の三芳自然塾では気にしてなかった。
土弄ってればそれも取れちゃうと思った。
なんか他にいいアイディアある??


Posted by ZAKI at 2005年07月27日 22:06
ディープな話の続き・・・
今、食器洗う時に使っているのは、こっちのスーパーで売ってる一番安いやつ。何を買うにも、大抵、「これが一番安い!」っていうのをポイントにしてますね。貧乏だから。^^
でも、もし着なくなった要らないセーターとかがあれば、それを解いて小さく編み直すと、たくさんスポンジ替りのものができます。こっちにはセーターなんてないですけど。あとは穴の開いた冬用の靴下とか。(笑)なんでもいいんじゃないかな?油をきれいに落とす必要なんてないんだと分かれば、全然、気になりません。
うどんとかパスタ茹でた時には、お湯を捨てずに取っておいて、それで最後に皿を洗ってます。その前に、できるだけパンや米粒で皿をきれいにしておくことがポイントかな。汁とか油はなるべく「自分で責任取って消化しちゃう」。^^
そうそう、だから結論としては、「美味いボラ食いたい!ハゼ大好きだけど癌にはなりたくない!」って思う人は、日常生活で洗剤使わないことだと思うんだけど、相当、ディープかな?(笑)
Posted by ばっぷ at 2005年07月28日 06:47
おおお、素晴らしくディープな生活してますねっ。
そうだよね、昔は洗剤なんて使っていなかったわけだもんね。
アクリルは不思議に皿の油分を落としてくれるんで、使わなくなったアクリルのセーターはイイですよね。
おれはそれでイケそうなんだけど、家族達の意識がそれをクリアしてくれれば、っていう所ですねえ、うちは。^^;
人プンもほんとは循環したいんだけど、畑にうんこ出来るのは今んトコやっぱり自分だけっちゅうか、家族に怒られるんですよ。
ちなみに自分は普段は体洗う洗剤は使ってないんだけど、シャンプーだけはまだ使っちゃってます。^^;
酢で洗うとかやってる人いるよね。
試してみるかなー。
頭も一度昔の人みたいに水洗いだけでどうなるのかやってみようかな。
体は汗をきれいに流していれば全然清潔ですねー。
肌の油分を全部落としてしまわないので潤いもキープするし。
洗髪もそこがポイントなのかも?
油分をシャンプーで完全に落としてしまうから、頭皮が過剰に油分を分泌するのかも知れないな。
Posted by ZAKI at 2005年07月28日 11:21
ZAKIさん、おはようございます。ZAKIさんも、さすがにディープですね。「畑にうんこ」って、なんだか歌のタイトルとかにしたら、大ヒットしそう。SMAPとかに歌ってもらってさ。(笑)
僕は仕事柄、キャンプツアーとかに出るので、野グソはお手のもんです。トイレットペーパーとかもなるべく使わず、手で拭いて川で手を洗ってたりする。近くに芝生でも生えてたら、犬みたいに擦り付けているかも。(爆)お客さんには嫌がって、二度と来なくなる人多いけど。だから、俺、貧乏なんだね、きっと。^^

身体の油分は、肌が必要とするから出しているものと考えれば、シャンプーや石鹸なんかで落とさない方が肌には良いはずですよ。僕はヘアスタイルが5分刈りなので超簡単!指の腹で頭皮を刺激してあげて、お湯で流すだけ。ヒゲも剃らないで、髪の毛切るときに、バリカンで3分刈りにしている。自分で言うのもなんですけど、これが結構、野性味があってカッコ良い。(爆)

このZAKIさんとのやりとり読んだら、みんな「なんだ、こいつら!?」って思うのかな?
Posted by ばっぷ at 2005年07月29日 06:09
野グソはホントに気持ちいいですよねえ。^^
あの爽快感は素晴らしい。
前に北海道で、高台の崖っぷちで180度の海を見渡しながらやった時は感動的でした。
しかし手で拭くってのは超ディープですねえ、おれもやったコトないですよー、^^;
あ、やったコトあるわ、、トイレで紙が、、
まあそんなコトはいいんだけどね。(笑)
でも意外とみんなやってたりして、、
そういえばインドの人はみんなそうなんだっけ??
Posted by ZAKI at 2005年07月29日 14:43
このディープな話はホントにきりないッスね。^^永遠にこの話で盛り上がれそうだよね。でも真面目に考えても「人間の野生化」には「うんこ問題」は避けて通れない話だと思うんですけど。「どういうウンコの仕方が地球にも良くて、自分も気持ち良くできるか?」。
インド人って、みんなそうなの?僕は知らなかったです。ニューカレドニアの連中(メラネシア人)は、全然、野グソ平気ですけど。海で泳ぎながら、ブダイが脱糞するような感じでしてたりもする。考えてみれば、イルカだってクジラだって、みんなウンコするわけで、だから海は物凄く巨大な浄化槽でもあるんですね、きっと。ただ、イルカやクジラはゴミは出さないし、自然分解できないモノを作ったりもしないから、その分、人間より偉いよなあって。
僕は決して「人間嫌い」なわけじゃないんですけど、人間だけじゃなくて、クジラやイルカとも一緒に+思考で幸せになりたいですよね。勿論、ボラやハゼともね。^^
Posted by ばっぷ at 2005年07月30日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。