2005年09月24日

カサガイの身のはずし方。

満潮時にテトラなどで良く取れるコトが分かったベッコウガサの簡単なむき方発見。^^
生で食べるのに最初は金ずちで割ってたんだけど、中々大変だったのだ。
デジカメ無くしてから、弟にもらったばかちょんデジカメで撮っているので画像がわるくてすんません。^^;
フラッシュ時の露光がすげーいい加減なんだこのカメラ。^^;

やかんにお湯を沸かし、斜めにしてお湯が流れるようにした板の上にカサガイをおいて、かわいそうだけどお湯を上からかける。
ちょぼちょぼかける。

すると一瞬うごめいて身がポロッと外れるようになるのだ!
はずれた身からわたをはずして洗えば、ベッコウガサの刺身が出来上がり。^^
アワビほどじゃないけど、まあまあ美味い。^^
火を入れて食べるならさっと湯どうししちゃえばまとめて簡単に外れる。
バター焼きがまた美味いですぜ、だんな!
ポロリ。

そしてまたまた大発見だったのが、このワタの中に入っている卵?肝臓?ウニみたいな部分がある。
これを生で食べてみたらビックリ!
マッタリしたコクがあって、ウニみたいな絶品だったのだ。
茶色い場合と白っぽい場合があって、茶色いのは苦味がある。
白っぽいのは苦味もなく、日本酒にバッチリの珍味なのである。
ちなみに寄生虫やウイルスはチェックした訳じゃないので自己責任だ。(ワハハ)
カサガイは違うけど、二枚貝は数十%の確立でウイルスが入ってるそうなので生食いはご注意!
と言いながら二枚貝の岩ガキはバンバン生で食っちゃってるけど。(笑)
ベッコウうに.jpg

以前カツオのさし身にいたアニサキスに胃と腸を食われて顔面蒼白悶絶の痛みにやられ、4日間入院した事があるんだけど、
アニーちゃんの痛みが来たら、医者行かなくてもウイスキーとか強い酒を2時間位ストレートでちびちび流し込めば、胃の中でアニサキスが死ぬという事が分かったのでもうコワくない。(笑)
(アニーちゃんの痛みだと分かる人なら。医者は絶対薦めない方法。爆)
情報はもちろん大事だし、自然と付き合う上である程度の危険は基本なのである。
古代の人々は、こういう事はちゃんと親が教えてくれていたんだろう。
現代人が野生化して行くプロセスでは、自然と付き合いながら徐々に命のボーダーを見極めて行くワケだ。
徐々に慣らしていけば大丈夫。^^

この所太東漁港にカイズとセイゴの群れが入ってるよ。^^
2キロ半ほど取れた。
カイワリも久々に入った。
画像わるくてゴメンサイ。^^;
9-21.jpg

ちなみのこの時、毒のある魚のアイゴの稚魚に刺された。
めったに網に入らないので何の魚じゃ??と手にとって見た瞬間、ア、アイゴ!と思った瞬間にチクリ!
蜂に刺された位の痛さ。
毒はわりと良性で、1時間で痛みは引いちゃった。
大きいアイゴならもっと痛いだろうなあ。


posted by zaki at 15:32| 千葉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お元気そうで何よりです。
私、8月8日より本日まで怪我して夏休み入院していました。

カサガイのきもですが、白いのが雄、茶緑が雌です。
それぞれ精巣、卵巣で、他の貝でもでも精巣のほうがうまいですよ。

台風通過後の大漁をお祈りします。
Posted by 網仲間 at 2005年09月25日 10:41
ZAKIさん、こんにちわ。アイゴには僕もやられたことあります。アイゴにやられたら、傷口からなるべく血を吸って、その後、ぬるま湯に浸けておくと治ります。うちの女房はダイバーなので、1週間に1度くらいの割合で刺されまくっています。最近は体内に抗体ができたもしれないって、そこまでは言ってないか。(笑)
Posted by ばっぷ at 2005年09月25日 15:39
網仲間さんお久です。^^

1月半も入院していたんですだ?!
大変な怪我じゃないですか。
退院したんだ、調子はどうですか?
スポーツ選手は体がほんとに資本だもんね。
自然食くって大事にしてくださいね。
白と茶色、あれって精巣と卵巣だったんだ、ホタテのワタの白いのと赤いのの違いと同じかあ。
おれ鳥のレバみたいに油の乗った肝臓が白くて乗ってないのが茶色いのかと思ってた。^^;
勉強になりました、ありがとうっス。^^
Posted by ZAKI at 2005年09月26日 11:30
奥さんダイバーだったんだ、>ばっぷさん。
ニューカレドニアにもアイゴが沢山いるんですねー、
1週間に1度刺されてりゃ絶対抗体出来ますよ。
クラゲもそうだもん。^^
でもカツオノエボシにだけは刺されたくない。^^;
綺麗な南の海にはサメとか色々危険な生き物いるんだろうなあ。
美しい女には棘がある、、あんまり関けーねーか。(笑)
前にハワイでガンカゼにやられた。^^;
30cm位あったんで食ってみよう!と欲を出したのが敗因でした。
軽く触れただけで指に蜂の様な針2本食い込んでチュウチュウ毒注入された。^^;
2〜3週間痛痒かったな。
でもあの野郎いつか絶対食ってやるぞ、と闘志が湧いてしまったのであった。
かわいそうなガンカゼ、、、(だって美味そうなんだもん!)
Posted by ZAKI at 2005年09月26日 11:50
ZAKIさんも、さすがに海ではいろいろ痛い目に遭ってますネ(笑)。僕はカツオノエボシには3回くらいやられました。1度など、ふくらはぎに巻きつかれちゃって。1週間ぐらい、ミミズバレ状態が残っていましたね。

しかし、ガンガゼ喰おうとするなんて、かなりの冒険家ですね(笑)。
Posted by ばっぷ at 2005年09月26日 17:36
カツオノエボシに3回もやられたんでスカイ?!ばっぷさん。
やられた人に雷みたいな衝撃痛だって聞いてたけど。
気絶しなかった???
Posted by ZAKI at 2005年09月26日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。