2013年05月26日

最近の漁獲

3月から島内での引越しやらなんやらかんやら超忙しくてブログの更新をサボっていたのはこの私です。

はぁ〜でもねえ、この3月に50の大台にのった身として、非常に新鮮な自分の将来の展望が明確になって来た。
超燃えているオレ様だ。(ジャイアン?)
80歳になるまでの30年間にやり遂げたい大きな目標がドンドンドンッとハッキリしてきたゼ。
とりあえず30年間は燃え続けるだろう。
絶対にやり遂げる。

というわけで最近の漁獲なんですが、
去年からやっている昼間のスピアフィッシング、これまで60回ほどの突行(釣行とは言わない)を繰り返し、
島の色んな魚突きポイントを実際に潜って調べ、それなりに大物を突けるようになって来た今日この頃です。
今良く行くポイントでは4〜50センチのカーエー(日本語でゴマアイゴ)が突きやすい。
最初は耳抜きがダメで7m以上潜れなかったけど、最近はそれが勝手にクリア。
何もしなくても耳が抜けるようになって10m〜15mほど潜るようになって来た。
銛先の選択とベストな銛の長さもハッキリしてきました。
2mから5mの色んな長さの銛で試して、
自分と石垣の海にベストなのは、返し付きのパラライザーまたはチョッキ銛先の、長さ2.8mに決定だ。
初速が速く、ある程度水中で狙いを動かせる中位の長さの銛がオレには合っている様だ。
茶色で斑点のある大きいやつがカーエー。

MA330002.jpg

SH3J0018.JPG

MA330006.jpg

SH3J0001.JPG

このカーエー、肉の締まったくせのない白身魚。
肉厚で45cmのやつで2キロ位あるので、1匹獲れればそれだけで3日分の晩のおかずになる。
刺身や煮付けや中華用などあらゆる料理に使えるので重宝します。
中々美味しいよ。
下の写真はカーエーの中華オイスターソース炒め。
こりゃイケる! 鶏肉と間違えそうな食感。
こいつを1回の突行(2〜3時間)でコンスタントに2匹取れるようになるのが現在の目標。
大物たくさん獲るには技術をもっと磨かなくちゃ。
数は少ない素早い大物と出会った時に、確実に気付かれない近付き方と寄るスピードと銛を放つタイミングを極めなくてはならない。
昼間の魚突きは夜の電灯潜りと違って元気に泳いでるやつを狙うので突くのが難しい。

SH3J0029.JPG

意外だったのがオスのカーエーのおなかに入ってる白子が美味い!
サンゴ礁の魚はワタがくさいんだけれど、こいつはラッキー。^^
でも泳いでるカーエーがオスかメスかの見分けがつかない。
茹でてポン酢で頂きます。

SH3J0025.JPG

イラブチャーは最近、蒸して食べるのがうちの流行。
身が崩れないし食べやすい。
それに塩バターまたはポン酢で頂きます。

SH3J0013.JPG

5年目を過ぎたうちの自然農法果樹園、去年は初めてマンゴーが3個だけ採れたんだけど、今年は100個以上採れそうです。
自然農法をうたっているマンゴー農家をネットで何件か見付けたけど、みんな有機肥料をやっているようだった。
おそらく肥料さえやっていない本来の自然農法でマンゴーを作っているのは日本でうちの農園だけじゃないかな。
収穫が超楽しみだ。(早い台風来るなよ〜〜!!)


posted by zaki at 16:43| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

スピアフィッシング(魚突き)

石垣島はだんだん暖かくなって来ました。
天気が良いと25度くらいまで上がるようになった。
冬場北風が強い時期は寒くて中々海に入る気がしないんだよね。
22度越えると海に入る気がする。

えー、去年の夏から始めた昼間の魚突き(電灯潜りじゃない)、
この半年で30回ほどやってきました。
まだまだ初心者です。
最初は何しろ色んな場所を潜ってポイント探しに明け暮れた。
まずはリーフの中でやってみたけど浅い所は30センチ以上の大きい魚があまりいない。
小さい魚は素早く逃げてしまう。
ある程度深場になると30センチ位の魚もちらほら見え出す。
サンゴが入り組んで漁礁状になっている場所に魚は沢山います。
そういうポイントを色んな海で見付けておくんです。
それと、リーフエッジ(波の立っている外れの方)は急に水深が14〜5mに深くなるんだけど、
沢山の大きな切れ込みがあって大きな魚が多いですね。
ただ場所によって300m〜1Kmは泳がないと行けないので行くまでがけっこう大変。^^;

さて魚を突くわけですが、夜の寝ている魚を突く電灯潜りと違って、昼間の魚達は元気に泳いでいるので
普通に近付くとすぐ逃げてしまいます。
最初は追っかけ回しながらやっていたけど、効率が悪いし同じ場所でやっていると魚達がすれてしまって突けなくなる。
やっている内に、ポイントの沢山ある海域を常に移動しながら突くやり方に変えました。
そうすると、出会い頭の油断している魚を見つけやすいんですね。
こっちに気付いていない魚にスーーッと近付いて行ってすかさず突く。
これが大事である事が分りました。
そんなこんなで1回の突行、2時間ほどで30センチ前後の魚が3Kgほど突けるようになって来ました。
投網より効率良いし確実性も出て来ましたね。
こんな感じ(それぞれ別の日の写真)

P7180245.JPG

P8150022.JPG

P8190047.JPG

P8200049.JPG

P9020068.JPG

P9030104.JPG

自給するには十分なレベルにはなって来たんだけれど、大きい魚を突きたくなってきちゃうわけよ。
40センチ以上の大きい魚は数自体かなり少ないし、警戒心が強く動きも素早いので中々近付けないんですね。
で、どうすれば大きい魚を突けるようになるか色々考えて燃えてくるわけです。

そこで装備の話をしてみますね。
まず取った魚を運ぶ道具は沖縄では浮きを付けたジンナーというエラを通して吊るす道具が良く使われてますが、
自分は、1m位の大きな網袋に浮きが付いているやつに魚を入れて潜る深さ(12mくらい)のロープ繋いで引っ張ってます。
どっちも釣具屋さんに売ってるよ。
網袋は手返しが早くて魚が死にずらいけどジンナーの方が沢山の魚を取った時の泳ぐスピードは早いです。
5K以上魚を取るならかなり重たいのでジンナーの方がいいでしょう。
大きいジンナーは売ってないのでウミンチュさんは塩ビ管などを使って自分で作ります。

マスクとシュノーケルは普通のやつを使っているけど、2時間以上付けてると顔が痛くなって来てマスクの跡がガッツリ顔に付きます。
なので今度フレームレスのフィットの良くて視界の広い上等マスクを買う予定。
4〜5時間続けてやれるように。
フィンは安い長めの物を使ってるんだけど、これもやっぱり物足りなくなってきたので、
高いけど遠距離ダイビング用のしっかりしたロングフィンを買うことにしました。
クレッシーというメーカーのやつが良さそうなんだけど、日本で買うと2万4千円とかするんだよね。
生産国のアメリカのアマゾンに頼むと半額で買えます。笑
届くのに10日以上掛かるけどね。
ダイビング用品は全般にアメリカのアマゾンがかなり安いですよ。
そして潜りやすくするためのダイビングベルトにウエイトを4個付けてます。
手袋はグリップの強いものを2枚重ねにしてる。
パワーの強いゴムを使うと痛くなるから。
そして秘密兵器がこれ。

P9030076.JPG
カムフラージュスキンです。
サンゴ礁の迷彩色で体を包むわけ。
これ日本に売ってません。^^
冬場は水が冷たいので1.5mmの薄手のウエットスーツを着てからさらにこれを被る。

そして肝心の手銛(ヤスとも言う)。
今使ってるのは中空タイプのカーボン3本継ぎ、3.6mのもの。
ヤフオクで高性能な手銛をリーズナブルな価格で販売している手銛本舗さんの作品、2万円。
まじ安いと思います、高いところはこういう長物5〜6万円以上します。
P2220001.JPG

銛先は何種類か使ってます。
左からパラライザー(返しは無いけど深く刺さると3本の銛先に魚がぎゅっと締まって取れなくなる。手返しが良い、付いてる返しは自作)
真ん中が両羽タイプ(魚体にでかい穴が開くのであまり好きじゃない、スペア用)
右が二又タイプ(返しが大きくすごく効き過ぎて魚が外しずらいので小さく削ってある)
それと写真に無いけど(この時、魚の体の中に刺さり込んでしまっていて撮れなかった)
大物用のチョッキ銛先(刺さると銛先が外れるようになっていてワイヤーで繋がっている。この銛先はとても良いんだけど、説明が大変なので後日)

P2220201.JPG
2〜30センチの小物を沢山獲るにはパラライザーがやりやすい。
めったに無いけど返し付きのやつはさらに捕獲率が上がります。
大物にはやっぱりチョッキ銛先ですね、超大物でも手銛が折られたりしなくなるし。
去年、2.5mのパラライザー銛で20キロ以上ありそうな巨大なガーラを突いたんだけど、無謀でした。
自分が水中に引っ張られて、挙句にはゴムがブッ千切れて、頭に銛を突き刺したまま奴は逃げて行きました。
それ以来、あいつを絶対仕留めてやる!!
という情熱に駆られ、大物用の手銛とフロートシステムを使ってチャレンジ中なのであります。
そしてだんだん大物が獲れるようになって来たよ。
さっき突いて来た50センチのツノマン(例のチョッキ銛先が食い込んで取れない)と前回突いて来たやはり50センチのアカククリ。
どっちも刺身が中々うまい魚。
ツノマンはすごく警戒心が強くて素早いのでなかなか突く事が出来なかったんだけど、
今回やった〜〜!!て感じ。^^
大物チャレンジ、続行します。

P2220198.JPG

P2010173.JPG



(注)海の仕事は何でも、例えば魚突きならロープ(必ず水に浮くポリエチレン製を使ってます)がサンゴに絡んで水中拘束だとか常に死の危険がありますので、初めは必ず慣れた人と一緒に教えてもらいながらやって下さいね。
これを見て一人で挑戦して死んじゃっても一切責任は取りませんから。
海の仕事は、死線を見極める事がもの凄く重要なんです。
自己責任でよろしくね!


posted by zaki at 17:08| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

短編小説。

地元の伊原間中学校のPTAが毎週交代でやっている読み聞かせ、
今朝はおれの番だったので、昨夜取り急ぎ書いた短編小説を自作自演で読んで来ました。
物語を書くのは中学生の時以来。
子供達にけっこう受けたのでブログにもUPしてみますね。


                   青白く輝く道

                               作、ZAKI

今はなん時か分からない。
でも歩いてゆけば分かるだろうと、歩き始めた。
歩いているうちに飛んだ方が良いという事が分かったので、
体に意識を集中し、重さをなくしてふわりと空中に浮かんで行った。
意外に普通に飛べるな、と思い、高さを上げて行った。
ゆったりと電線の高さを超え、下の畑や牧場がだんだん小さく見えてくる。
前に進む念力を込めて進み出した。

でも牛の事を思い出した。
前に牛には会ったことがある。
牛達はモリモリと茶色い草を食べていたけど、それが茶色いということは牛には関係なかった。

飛んで行くとマーペー(石垣島の伝説の尖った山)が見えて来た。
遠くに見えるマーペーより高く飛んでみようと念力を込めた。
うーん、中々高く飛べない。
一生懸命念力を込めるんだけど、中々高く飛べない。

野底の集落が下に見えて来たけど、どんどん海の方に広がっていくのが分かった。
野底の集落は海に広がって行く地域なんだな、と思った。

マーペーを飛び越えたいという気持ちがふくらんで来る。
でも中々それ以上高く飛べないのがイライラしてくる。
マーペーの中腹の方まで来たのでこのままではぶつかってしまう。
もっと高く飛ぶよう、念力を込めた。

あああ、ぶつかりそう、、 だけどなんとか上にのぼり始め、
山肌沿いに頂上に向かって舞い上がり出した。
マーペーに生えている木々が見える。
どんどん山肌沿いに上がって上がって、どうにかマーペーの頂上を越えた!
マーペーの頂上を越えた先には!
なんと巨大なおばあちゃんがいた!
巨大なおばあは手に印を結び、呪文を唱え始めた。

おじいは消防のホースを持って来て、おばあに物凄い勢いで水をかけ始めた。
ばあちゃんを冷やせ−! このままでは大変な事になるぞー!!
と、おじいは水をかけ続けるが、ぶしゅうーーと蒸気を立てておばあは中々冷えない。
おばあの中から物凄いエネルギーが溢れ出しているのだ。
おじいがかけ続けている水を物ともせずに、おばあの胸が輝き始めた。
青白く輝くおばあの胸の中に飛び込んで行った!
世界が青白くきらめき出し、心が1000メートル先に進んだ。
この青白く輝く道は、あの世への道だった。
自分は死んだのか、でも関係ない、前に進むんだ!と心に決め突き進んだ。

でも一つだけ心に残る事があった。

告白しておけば良かった。
たとえ気持ちが伝わらなかったとしても、思いを伝えたという達成感はあったはずだ。
ふられる事を怖がる自分は、何かに挑戦できない自分なのだ。
未知の物に踏み出して行く勇気が大事なんだ!!

と思ったけどもう後には引けない。
今はこの道を飛び出すことが先決だ!

青白く輝く道を飛んで行き、出口が見えて来た!
出口は緑色だ。

緑色は自然の色。
どうして緑色なんだ?
でも空は青だよね。
海は青緑だ。
青と緑が自然の世界の色なのか?
他の色もあるけど何で青と緑なんだ?

そんな事を思っている内に、緑の出口を突き抜けた!


声が聞こえた。

あんたは何者なんだい?
質問がやって来た。
質問が行く手をふさいで前が見えない。
おい、どいてよ!っと叫ぶ。


自分が何者か分からないと、あの世には行けないんだよ、 と言われた。

せっかくここまで来たのにあの世に行けないの! と叫んだ。

今のあなたはあの世にはいけない、、向こうの世界に行きなさい。

と声が伝えた瞬間!
ぱあーーーっと広がる世界に踊り出した。
これが向こうの世界! いや、もうこっちの世界だ。
何だ、この世界は!!

そこは、、


自分が望む世界だった。


”この先の世界は、自分で創るのです。”

と、遠くからあの声が聞こえた。



お、し、まい。




メールアドレス  zaki.firm2@gmail.com

posted by zaki at 11:05| 沖縄 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

今年は明けましておめでたかった個人的に。

元旦の目覚めが素晴らしく良かった。
通常起きたばかりは茶蔵が動いていないので地獄波動にやられてるけど
それが無く希望のエネルギーだけがやって来た。
こんな事はほんとに久しぶりだった。

実はおれ、年賀状恐怖症(特に書く事が)で数年前からやってないので送られても返信もしません。
これからも送らなくっていいからね、用がある時に電話してくれればいいからよ。^^

posted by zaki at 22:20| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

今年初収穫の果物

自然農法の果樹園を作り始めて4年が経ちました。
その間、早く実る島バナナやパパイヤ、レモンやグアバ、アセロラ、ピタンガなどが収穫出来るようになって来ました。
まだ実っていない木も結構あるけどね。
今年に入って、一昨年植えたグリーンバナナ(未熟の青いバナナを芋として食べる)が数本実って、
主食として食べてみてます。
タンザニアではこれがメインの主食だとの事。
他の東アフリカ諸国でもマトゥケと呼ばれてやはり主食の一つとして食べられているそうな。
幅がぶっとくて房もでかく、無肥料状態でもガッツリ育つ生命力!
P7100140.JPG

島バナナよりも若干風にも強くて、手が掛からないので主食を補うためにもう少し増やしてみよう。
ところでどうやって料理するかが問題。
アフリカでは蒸かしたり茹でてマッシュにしたり、ぶつ切りで煮込んだりするのが主流らしい。
マッシュにすると、丁度ジャガイモとサツマイモの中間みたいな味。
若干独特のにおいがあり、慣れてしまうか、コショウをかければ消える。
マッシュにしたのをそのまま食べても普通に美味しいんだけど、ポテトサラダにしてみたらジャガイモと勘違いしそうなくらい似た味に仕上がった。^^
P7170209.JPG

そしてソテー。
多めに油をしいて両面焼き上げて塩を振ると、中々香ばしいちょっとパサッとしてるけどさくっと歯ごたえがあって中々いける。
P7150143.JPG

写真はないけど甘しょうゆで煮物にしてみても普通に美味しい。
これはコンソメで煮てみたもの。
コショウでにおいを飛ばせばそれなりに美味しい。
P7150142.JPG

まああれですな、ジャガイモに準ずる感じで代用としてなんにでも使える感じですね。
生命力が強いので野生状態でも十分育つはず。
無農薬無肥料で果樹をうまく使う協生農法に適した作物と言えるでしょう。

ところで、今年4年目の自然農法マンゴーが初めて収穫!
去年からの天候不順で石垣島のマンゴーは今年大変な不作年。
そんな中、うちの12本のマンゴー(今年さらに5本増やした)に初めて実ったのはたったの3個。^^;
しかしどれも7〜800gもある丸々とした超巨大玉!
P7260008.JPG

実は無農薬無肥料の自然農法でマンゴーを育てるのはとても難しく、おそらくそれをやっているのはうちだけかも。
ネットで検索してみると、自然農法と謳っているマンゴー農家さんが見つかったけれど、有機肥料は使っているようでした。
あの奇跡のりんごと同じように、無農薬無肥料のマンゴーがしっかり出来たら、それこそ奇跡のマンゴーってことになる。
自然状態できれいに作る技術を身に付けなくてはならない。
未開拓分野なので試行錯誤が必要だ。
ちなみにお味は?
ほとんど野生状態で育てているのでさっぱり系の味を想像していた。
ワクワクドキドキしながら食べてみると、これが、、、
なんと言う深みのある甘さ!
糖度にしてもうちの爺ちゃんが作ってる有機栽培マンゴーに勝るとも劣らない、というかより深みを感じさせるような味でした。
来年は100個以上の収穫を目指しますぞ。


posted by zaki at 11:06| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

Spear Fishing(魚突き)

この所、本来の自給自足の話を書いていなかったのでまた再開しますね。

石垣島での魚獲りは毎年釣りと投網でやって来たんだけど、今年は釣りをしないで昼間の魚突きをやる事にしました。
沖縄の投網は夏場のミジュンやハダラという美味しい小魚を獲るのが中心で、季節性があるんだけど、
釣りは通年やれますね。
そしてこの魚突き。
これには2種類あって、夜に電灯を持って潜り、寝ている魚を突く電灯潜りと、
昼間に泳いでいる魚を突く昼の魚突き。
沖縄では夜の電灯潜りが主流。
でもハワイとか海外では昼間の魚突きやってる所も多い。
その違いはですね、電灯潜りは寝ている魚を突くので正確にイチコロ(目の斜め後ろ)を突いて1発で止めを刺しやすいこと、なので魚体を傷付けずに済む。
銛も安いやつでOK。
しかし魚のいるポイントを見付けるのが難しい。
昼間に沢山魚のいるポイントに夜に行ってみても全然居なかったりするんですね。
それと、夏場は魚が少ない。
それとダツという鼻の尖った魚が襲って来て人に突き刺さる危険や、夜なので方向を見失い遭難する危険も昼より高い。
魚のいるポイントを沢山見付けられれば、電灯潜りの方が上等に魚を突けます。
以前何度かチャレンジしてみたんだけど、基本的に夜は酒飲んで寝たいタイプなので行かなくなってしまったのであった。(笑)
その時のログ参照

で、昼間の魚突きはというと、泳いでいる魚は警戒心が強い上に素早いので中々突けないし、正確にイチコロを狙うのはさらに難しいのです。
そのかわり、視界が良いので魚が居る場所は泳いでて見つけやすいのと、昼間は夏場でも魚が沢山いるというメリットがあるわけです。(通年やれる)
なので、慎重に魚達の隙を狙って近付き、素早くターゲットをロックオンし突く、という技術を磨けばしっかり魚が獲れると言うわけですねー。
しかしそれには軽くて素早い上等なカーボンの銛(値段が高い、いいのはm1万以上)などの装備が必要。
で、この夏からは昼の魚突きにチャレンジしようという事になったわけです。

まずネットで調べ、全国でやっている人達の発信している情報を色々と確認。
スピアフィッシングの基本を教えてくれているサイトもあったし、
中古のゴルフクラブを改造して銛を作っている人がけっこういました。
昼の魚突きはあきらめずに絶対にある程度までは極めて行きたいので道具も良いものが欲しいし、
初心者が作るのはかなり難しそうなので、高いけど出来ている銛を買う事にした。

2.5mのパラライザー銛先のカーボン銛と延長用の1.25mの中間ポール(合わせて約4万)をネットで購入。
2.5mと3.75mを状況に応じて使い分ける事にした。
2万円しないアルミ銛というのもあったんだけど、調べてみると折れやすくて耐久性が低いようで、
カーボン銛ならそう簡単に折れないし、何10年と使えそうなのでここは初期投資をしっかりしておく事にした。
このカーボン銛、2.5mで使うと軽くてめちゃくちゃ初速が速く、魚が銛が飛んでくるのに気付かないほど。
射程距離は銛先から約2m。
3.75mで使うと、延長した分重くなるので強いゴムに変更する必要があり右手の負担が強くなる。
射程距離は長くした分伸びるけど、長くなるほど狙いを定めるのが難しく外しやすいので高度な技術を求められる事になる。
ちなみに石垣島の昼の魚突きの達人、うみんちゅ三郎さんはなんと6mの銛を使っているとの事。
それで最高1日500`の魚を獲った事があるそうで、
4m程度の銛でも難しいのに6mの銛なんて想像すら付かない世界だよ。
ちなみにスピアフィッシングの世界大会では2.5mが主流なんだそうで、使いやすい長さなんでしょうね。

その他の装備として、クラゲや海の刺してくる生き物や紫外線対策のための上下のラッシュガード(ウエットスーツ生地の薄い服)、長めのフィンと、視界の良いマスクにシュノーケル、グリップの強いゴム手袋、獲った魚を入れる水面に浮かぶ浮きの付いた網袋を用意した。
あそれと春や秋の水温でも長時間やれるように1.5mmの薄手のウエットスーツもゲット。
アメリカの通販から直輸入したら日本よりぜんぜん安かった。
獲った魚を沖縄のうみんちゅの人はジンナーという道具を作って吊るすんだけど、前回作ってはみたんだが、
自分的には浮かぶ網袋の方が使いやすいのでこれで行ってます。
あと、周りでは誰も使ってないある秘密兵器も後々使う予定。^^
5月の梅雨が明けたら海に繰り出そうと準備していたんだけど、明けたらぎっくり腰になっちゃってしばらく動けず。^^::
まだ完治してないけど今月の初めから突行を始めました。

これは最初の突行の時に撮影したビデオです。
この日は以前泳ぎ釣りをやっていた時に見つけてあったソフトコーラルの群落ポイントに行ってみた。
ここはよく魚達が群れている所で、近所の海岸から200mほどの行きやすい場所にある。
25〜35cmの青、赤のイラブチャにコショウダイの3匹が取れた。(ビギナーズラックだね)



その後このポイントに数回行ったら、行く都度に突けなくなくなって行くのであった。
同じポイントばかり攻めていると魚がすれてしまって逃げるのが上手くなって行くのだ。
自ずと他のポイント探しへと進んで行くのであった。
この時はリーフ内の浅い場所だったけれど、その後、より深いところへ、より遠くの沖へ、そしてリーフエッジの大物へ、と展開して行くのでありました。
シリーズでお伝えして行きますぜ。


posted by zaki at 10:35| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

大飯原発、再稼動決定!! 報道規制史上最悪。

15日以降、オウム真理教、高橋容疑者の逮捕劇をタイムリーに合わせ、
16日、その大量の報道の陰に紛らせこっそり大飯原発再稼動を決定した野田総理。
ネットで、”大飯原発 再稼動決定”検索して上位でヒットしたのはたったのこの記事だけ、あり得ねえ。
これ

あからさまにこういう非道をやって来る異常な政権。
前の自公政権と同じ事を正にやっている。
いや、それ以上に卑劣、国民よ、騙されるな!!
この状況はどこのマスコミも報道していない。

再稼動決定への色んな抗議リンクもどんどん消されている。
この方のサイトは15日の国会前での11000人!!の大抗議集会の動画リンクがまだ残っています。
皆さん見て欲しい!!
こういう国民の大反対を報道規制して封殺しようとするのが現政府なのです。
これが原子力村の、金と脅しに屈した政権の姿。
現実を知ってほしい!
        ↓
       こっち

追記、
こういう場合の報道規制の流れは、
時の政府が警察庁(警視庁を監督する官僚)や警視庁の手駒(権力派閥次第で色々)に対して、何か大騒ぎに出来る検挙の事案はないか、→〜〜の事案はここまで確保しています。
では15日に検挙せよ。(こちらはその騒動に紛れて翌日に大飯原発の再稼動を決定する。)
というように、政権が警察機構をコントロールする。

同じく金権の支配下にあるテレビや新聞などのメディア(最大スポンサーである電力会社の下部たち)にも自動的に周知され、
報道規制されるのです。
全ては金のための所業。
いつも騙されるのは国民なのです。



posted by zaki at 22:24| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

北九州市の瓦礫焼却強行状態。

プロバイダのサーバーダウンでネット不通だったのだけどさっきやっと回復。
この北九州市による瓦礫受け入れ弾圧状態は異常極まりないです。
国会前で闘ってた時もこれほど酷い事はありませんでした。
恐ろしい事が起きています。
情報拡散よろしくです!!
       ↓
数少ない、現実を伝えている動画報道

石垣市でも3月末から瓦礫受け入れの急な動きがあって、瓦礫受け入れに反対する6団体とそのネットワークが立ち上がってその時は石垣市議会での議決はどうにか阻止、
現在は県の段階で止めてもらうための沖縄県議選候補達への公開質問会を企画、
24日木曜、1時〜3時、石垣市双葉公民館で行います。



posted by zaki at 22:06| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

それは決まってる。

政治家が儲からない政治システムにしろ。
欲張った大富豪共が自分のためだけに金をバラ撒きコントロール出来ない、厳正かつ厳格な政治システム。
そうすれば真面目に国民の事を考える真剣な者達だけの政界になるんだよ。

そして大富豪共の所得税を今の40%から高度経済成長時代の70%以上に上げろ。
そうすりゃ税収は大回復。
政界を牛耳って貧富の差を凄まじく広げて来たのは奴等。
庶民から搾取した金をたんまり貯め込んでる。
奴等から税金をごっそり取れば自然な経済バランスが取り戻され、
日本は破産しなくて済むんだよ。
消費税増税など庶民から日銭を毟り取って奴等を得させるだけだよ。

posted by zaki at 22:32| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事

金権が功を為さない社会システム。それが大事だ。どうやってそれをやる? やってやれ。


posted by zaki at 22:13| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

食糧備蓄特集、今日放送したラジオの原稿そのまんまUP。

被災者避難者支援ネットワーク石垣、”ちむぐくる”がお送りするラジオ番組、
YUIYUIちむぐくる。
ラジオチームみんなと一緒にディレクション、パーソナリティーやってます。^^

今日の放送内容、シェアしたいのでこっちのブログにも載せますね。
原稿そのまんまだけど許してちょ。
世界は大変な動きしてます。

以下今日放送した原稿。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

防災シリーズという事で、今回は食糧備蓄に関しての特集をお送りします。

防災というものは最悪のシナリオをしっかり想定する事でこそ、きちんとした防災が出来ます。
これからの時代を生きて行くためにも、色んな状況に対応出来る準備をして行きたいですね。
食べ物や物資がなくなってしまう、エネルギーがなくなってしまう、という状況、
食糧物資危機、エネルギー危機はどういう形でやって来るのか?
後の祭りにならないように、これをまずはしっかり想定してみましょう。


・ まず今回の東北大震災のような大災害によるもの。
東北で起きてもとんでもない状況になりましたが、これが例えば関東で起きていたら。
1. ここ数年来る来ると言われている関東大震災がもし起きると、
2. 人口や企業が膨大に集中している関東では、被害は東北と桁違いの数百兆円の規模になります。
数ヶ月から数年の間”日本の政治経済の中心”が破壊され、麻痺してしまい、経済に非常に大きな影響を持っているインターネット網も寸断されてしまう。
国際経済で円市場は暴落、国家破産となる可能性が非常に高いですね。
円の価値がどーんと下落すると、食料物資の輸入が困難になって、震災による食糧難だけではなく、国全体の食料、物資が乏しくなってしまうわけです。
終戦当時の日本がそうでしたね。
今の日本は当時よりなん10%も食料自給率が低いので、終戦時よりももっとひどい食糧危機になる可能性があります。
3. だから食料自給率と言うのは大事なんですね。
エネルギー危機がやってくると、農業機械や漁船も使えなくなるので、さらにどーんと自給率は落ちてしまいます。
終戦当時のようにハイパーインフレ(百倍千倍の物価高)が起きてお金も貯金も紙っぴらになってしまいます。


この国の破産による食糧危機というパターンは近年かなり現実的なものになりつつありますね。
日本はGNP比で世界最悪の1000兆円の借金を抱えてますから、いつどんな災害や世界経済、国際情勢の激動で破産してしまうか分からない状況なんですね。

例えば今世界で騒がれているEUの債務危機。
ギリシャを筆頭に破産寸前のEU各国の経済危機が止められない状態になっているそうで、
そのあおりを食らってEU全体が経済崩壊する可能性が高くなって来ています。
今現在でさえそのせいで調子の良かった中国やブラジルも含めた世界経済がすでに減速している状況ですからね。
EU経済の崩壊が起きれば、同じように破産寸前のアメリカや日本経済も倒れてしまう危険が高いですね。
そうなると日本は、食料、物資危機になってしまうというわけです。

そしてもう一つ、実は正にこのお正月に世界的なエネルギー危機になってしまいかねない戦争に火が付こうとしています。
皆さん聞いてないでしょうこんな話。
日本のニュースではほとんどやってないですからねえ。

このお正月に欧米各国が核兵器を開発しているかもしれない?イランの原油の輸入禁止に踏み切る事を決定したそうで、
それに対抗してイランは、ペルシャ湾の唯一の出入り口であるホルムズ海峡を封鎖すると言っています。
それによって世界の20%の原油が中東から輸出出来なくなり、世界の原油が高騰するいわゆるオイルショック状態になってしまう。
そしてなんと日本の原油輸入の80%はそのペルシャ湾内の国からの輸入なので、
原油の供給が絶たれて大変なエネルギー危機になりかねないという事です。

それに対して、アメリカは行動を起こすと宣言しました。
言わずと知れた軍事介入の事ですね。
ホルムズ海峡を封鎖したらアフガニスタンやイラクの様に武力制圧するぞと言ってるんですね。
イラン戦争勃発の危機が迫っているわけです。
例によってアメリカが戦争を起こすと、自国の軍需産業が儲かるので渡りに船という状況ですね。
そうなると日本は大変事になってしまいますけどね。

こういうような大変な世界情勢のニュースが日本のテレビでは全く流れないというのが不思議でしょうがないんですけどね。
これらの情報はインターネットのニュースからなんだけど、探さないと見つからないという状況です。
EU債務危機、とか、ホルムズ海峡封鎖、で検索すればこれらの最新ニュースがヒットしますよ。

ここで1曲


それでは第二部後半です。
EU債務危機、とか、ホルムズ海峡封鎖とか国民に大変な事を知らせもせず対策も取らない政府やテレビメディアに頼ってると大変な事になりかねないので、
国民はここでしっかり自分達で対策をして置きましょうという事で、
どうすればそういう大災害や世界的な危機を乗り切る事が出来るのか、
という今回の特集の大事なところをお話しようと思います。



ということで、
では国民はどうして行けば良いのか。

1・まず食料!!

これが一番市民の命に直接関わってくる最優先のてーまでしょう。
お金はいくらあっても物は買えない、という状況になるので。
終戦後のように食糧を生産出来ない都会が一番大変な食糧不足になるんですね。ほたるの墓って映画見たことある? 今は食料自給率がすごく低いので、そのさらに大変な状態になりかねないんです。

ソ連が崩壊した時、ロシアでやはり国家破産が起きたんだけど覚えてる人いますか?
真冬に食料やエネルギーが不足して大変な状況だとの報道が日本でも流されました。
あれは主に都市の状況だったんですね。
食料自給率が日本よりずっと高かったロシアは、田舎の方では食料はそれほど問題なかった。
都市は畑が少ないのと、お金が紙っぴらになって経済も流通しないので食料やエネルギーが不足した。
必然的に物々交換中心になりました。
敗戦時の日本も配給と物々交換という状態でしたね。
ところがロシアの都市の人達の多くは、田舎に畑付きのコテージを持っている人が多かったそうです。
そういう人達はそこで自給をしてなんとかしのぎ、餓死者が出たとの報道までは流れなかった。
敗戦時の日本で言うと、都市の人達が田舎に疎開して、畑や田んぼを手伝っていた姿と言うところでしょうね。

やはりソ連の崩壊と共に食糧供給を断たれ破産したキューバは、食料の大切さを思い知らされて、
そこら中で自給自足を始め、今や有機農、自然エネルギーで自給率100%を達成したんだよね。
キューバの崩壊前の食料自給率は、今の日本と同じような43%だったらしい。
日本もやれば出来るんですよ!!

そう、自給自足こそ社会が崩れても生きて行ける最良の生活保障、なんです。
人類の原点の姿だよね。
自然を大事にして一緒に生きて行きながらね。
自給自足って難しいって言うのが一般的な誤解なんだけど、自分達が食べる分の自給なんて簡単だし、楽しいし美味しいしお金かからないし最高ですよ、ほんと。^^
パーマカルチャーと一緒に自給自足の具体的な特集もこれからやって行きますから。


それと分かち合いですね。

そういう大変な状況では分かち合わないとみんなが生きて行けない。
敗戦時の映画”ほたるの墓”のように餓死者が出るような荒んだ世間にしちゃいけないよね。
あの映画は見るのが辛かったけど、正に現代の私達への警鐘となる映画でしょう。


自給自足はすぐに沢山食べ物が得られるわけじゃないので徐々に始めてってもらうとして、

・すぐには自給自足への転換を始められない状況の方とかもいますからね。

食糧危機の急場しのぎとして、”個人での食糧備蓄”という手段があります。
備蓄という表現は今一なので、かみっぴらにはならない安心貯蓄ということで、
食料貯蓄と呼ぼうと思います。
これは、最低3か月分くらいの食料を貯蓄しながら、食べては補い、食べては補いという風にサイクルして行くのを習慣付ければ良いわけです。
食料の置き場所がそこそことられるけど、自分や家族の命に関わることを考えたら、優先事項ですよね。
防災と言うことですから。
この時代、防災の常備食料は3日分、なんてとんでもない話で。
3か月分当たり前ってかんじですね。
分かち合いのために半年から1年分以上して置けば、飢える人達に光が照らすでしょう。

貯蓄しやすいのは、穀物では玄米(圧力鍋を持っていると、いざという時何でもかなり省エネで作れる)
栄養的にもベスト。(白米でも真空パックのは長持ちするでしょう。)
ちなみにお米は自給率が高いので、世の中から一気にはなくならないけど、
お金が紙っぴらになって使えなくなったら買えないという状況になりますからね。
うどんそばスパゲティなどの乾麺類は賞味期限がすごく長いので便利ですね。^^

自給率の低い野菜や畜産物は早く都会の市場になくなってしまうので、
野菜に代わるビタミンミネラル源として、やはり賞味期限の長い、乾物の海藻類。
わかめ、海苔、ひじきなどは素晴らしいビタミンミネラル源なので、野菜食べなくても当座は生きて行けます。
食物繊維を玄米で取れれば。
そして蛋白源、おかずとしてポークなどの缶詰類ですね。
魚の缶詰は原産地が表示されないので放射線に関してちょっと心配ですね。

だいたい主な保存可能な食品の賞味期限がどのくらいか調べてみました。

基本のペットボトルの水は2年。
そして穀類系から
お米には賞味期限が書いてなかったですね。
長期保存できる物に関しては賞味期限の表示義務がないそうです。
そば、そーめん、うどんなどの和食の乾麺1、2年 ・スパゲティー、2〜4年 
・ インスタントラーメン 4〜6月(意外と短い) ・小麦粉 半年から1年 

おかず関係
・ ポークなどのおかずになる缶詰類 2から五年 トマト缶が野菜不足にお勧めですね。
蛋白源としてのおかずや野菜の貯蓄としては缶詰がメインになりそうですね。
でも麺などの小麦製品はたんぱく質がお米の倍くらい、豚ばら肉と同じくらいありますからね、肉魚食べなくてもたんぱく質の補給はいけます。
そして蛋白源といえば豆ですね。
大豆や金時豆などは1〜2年もちます。
ブラジルのフェイジョンていう料理、豆を塩とニンニクで煮込んだだけなんだけど、
納豆みたいにご飯にかけると良く合いますよ。

次は調味料関係。
 ・さとうしお期限なし  ・みそ半年  ・しょうゆ2年 ・マヨネーズ、ケチャップ半年
・焼肉のタレなどビンの調味料は半年。  ・カレールー 1〜2年
・ サラダ油は半年から1年と短めですね。・ごま油、オリーブオイルは一年半と長めです。 ・鰹節1年 ・コンソメ1〜2年

次は乾物関係。
・ 干ししいたけ1年 ・わかめやこんぶ1年 ・乾物じゃないけど経験的にもづくの塩漬けは1年半

そして嗜好品関係 贅沢な貯蓄ですが念のために。
・お茶 半年から1年 ・清涼飲料水 半年から1年 ・コーヒー 豆を挽いたものは1年、インスタント2年 ・お菓子類は ものによって半年から一年半 


貯蓄として食糧を買う時は、必ず賞味期限を確認しましょうね。
ただポイントは、賞味期限は味を保証する期限という事で、消費期限とは違うという事です。
ほとんどが賞味期限表示なんだけど、味は保証しないけどそのあとも食べられるかどうかは自己責任でよろしく、という事なんでしょう。

そして大事なのが、煮炊き用のカセットコンロとボンベです。(石油もガスもなくなる)
これは家族の人数にもよるけど、家族で1日1本くらいは使いそう。

水は、地震などの被災地では止まるので10日分位は最低必要と思います。
被災地以外では国が破産しても急には止まらないと思いますね。
水は日本も自給出来ているわけだから。

備蓄はね、当たり前になってずっと続けるのが大事ですね。^^
まだ大きな事態が起こらないからと止めてしまったら意味がないので、
常にこれからはそういう危険がある世の中ですから、それもいつ来るか決まっていないのが怖いわけです。^^;
自給自足に転換して行きながら続けるのが堅実ですね。
自給がある程度出来ているうちでも、去年のように気候変動で作物が出来ない事もあるし、食料貯蓄はもう始めてますよ。

食料だけで10万円分くらい貯蓄出来たら4人家族が半年食べられる位になるでしょう。
みんなが急に食料貯蓄を大量に始めるとスーパーに食べ物がなくなっちゃうので、
月に1〜2万円分ずつ増やして行けば良いと思いますね。

このシリーズ、次の回は物資とエネルギーの貯蓄編をやろうと思います。
食べ物以外の生活資材の貯えも大事ですからね。
いざという時に命を繋ぐためにも、次回もぜひ聞いてくださいね、ありがとうございました。



posted by zaki at 21:39| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

5月までに天下の悪法、共謀罪を制定しようとしている野田政権が反対派の平岡法相を排除!

共謀罪制定に反対していた平岡法相が、今日の内閣改造で排除された。
他の問題発言大臣は離任させられて当然だが、
平岡法相は野田政権で何も問題は起こしていないのに交代させられた。
下のログにあるように、平岡法相は5月までに共謀罪を制定しようとしているのに対し反対していた。
平岡議員は自民党時代の共謀罪の強行採決時(反対側が阻止した)、先鋒となって共謀罪に反対していた議員の一人。

これで閣内の共謀罪阻止の砦が失われた!


posted by zaki at 13:54| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

「共謀罪」を国際公約 政府が5月まで法整備を伝達 法相・民主に慎重論

米国傀儡、野田政権がとうとうこの法案にも魔の手を伸ばした!!
  ↓
産経新聞報道

共謀罪反対運動を共に闘い続けて来てくれた平岡秀夫法相がんばれ!!
ZAKI 共謀罪 で検索すればこの法案の凶暴さが解るよ。

マジ野田政権ブッ倒したくなって来た。

共謀罪の恐ろしさが1発で分かる歌、”へんな共謀罪の歌”
             ↓




posted by zaki at 21:48| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

TPP参加は今からでも潰せるよ!

野田首相の勝手にさせて国民は泣き寝入りなんて有り得ないでしょう。
これだけ問題になって、許してしまったら、政治を動かす強欲資本の横暴に国民はなすすべが無いって事になるよ。
ほとんどの県議会が参加反対決議をしているのに全て無視する野田政権は潰しましょう。








posted by zaki at 21:41| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

オレは男だけど、

原発いらない全国の女たちアクションからの情報を転載します。

以下、拡散希望、転送歓迎です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FoE Japanの満田です。
緊急事態です。
明日、原発輸出に関する日越政府合意が発表されそうです。
この状況を見過ごすことはできません。
24時間・緊急署名にご協力ください。
メールで、ブログで、ツイッターで拡散してください。
締め切りは、明日の正午までです。よろしくお願いします!

==============拡散希望!=====================

【24時間・緊急署名】
私たちは、原発輸出を促進する日越合意に反対します
輸出すべきは、福島の経験から得られた学びであり、命を脅かす原発ではありません
http://goo.gl/td0KY
(どれからでも署名できます)
署名フォーム1:http://goo.gl/sYfBg (PC、携帯サイト対応)
署名フォーム2:http://goo.gl/GGBNL (PC対応)
署名フォーム3:http://goo.gl/0Ai2q (PC、携帯サイト対応)
締め切り:10月31日正午まで
---------------------------------------------
声明:
私たちは、原発輸出を促進する日越合意に反対します
輸出すべきは、福島の経験による学びであり、命を脅かす原発ではありません

福島の原発事故は未だ収束せず、日本の大地、自然、海にいまも放射性物質が降り注いでいます。福島をはじめとして、多くの人達が、放射能汚染の危機にさらされ、生活を破壊され、苦しんでいます。事故の原因さえ、究明されていません。

そんな中、原発輸出をまた一歩前進させる日越政府合意が行われようとしています。

現在、ベトナムでは、日本の税金によってニントゥアン省の原発建設に向けた実行可能性調査が実施されています。しかしこの調査の結果は、ベトナムの住民や日本の納税者に公開される保証がありません。

ベトナムの建設予定地は、風光明媚な自然が広がり、住民たちは漁業や農業、観光などでくらしをたてています。原発建設はこのような住民の生活を脅かすものです。

さらにひとたび事故が起これば、放射能汚染はタイ、カンボジア、ラオスなどのベトナムの近隣国にも広がります。日越政府は、自国民に対する説明責任を果たしていないのと同様、これらの国々の住民にも一切の説明責任を果たしていません。

私たち、経済産業省前に集った北海道から九州までの女たち、そして原発輸出に懸念を有する市民たちは、日本政府の原発輸出に強く反対します。輸出すべきは、福島の痛みによって得られた貴重な経験による学びであり、断じて原発ではありません。

以上を踏まえ、私たちは日越両政府に対して、以下を要請します。

・日本政府は、原発輸出を行わない方針を明確に打ち出すこと
・日本政府は、原発輸出に向け、これ以上無駄な税金を使わないこと
・日越両政府は、現在実施されている実行可能性調査を打ち切ること。
・日越政府は、自国民、近隣国の住民に対する説明責任を果たすこと。

以上

呼びかけ団体:原発いらない全国の女たちアクション


posted by zaki at 20:30| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

カダフィーは独裁者ではなく英雄だった!?

友人が教えてくれたイギリスで制作されたビデオです。
メディア報道とはまったく逆!




posted by zaki at 13:42| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

農繁期突入。

先月、オリンパスの防水デジカメが海で使ってたら水没しちゃって新しいのがやっと届きました。
同じシリーズなんだけど、3年前に買ったのに比べて値段も1万に下がり、高速連写機能やハイビジョン動画撮影機能まで追加されてたよ。
早速、毎週土曜の10時〜11時にFMいしがきサンサンラジオで放送している、
被災者避難者支援ネットワーク石垣島、”ちむぐくる”ラジオチームの運営するFMラジオ番組、
YUIYUIちむぐくるのコーナーの一部を撮ってみたのでアップします。
ラジオチームみんなでパーソナリティーやディレクションを持ち回りながら、
震災原発関連や、支援について毎週特集コーナーを組みながら放送中。
ぜひ聞いてみてください。

昨日の第14回目、10/1日の放送は特集コーナーを荒木君が担当。
津波に関する防災をテーマに放送しました。
FMいしがきサンサンラジオのスタジオから。


過去の放送分はこちらで聞けます。 

石垣島は夏場は台風と強烈な紫外線で野菜が育たないので農閑期。
今年はそれに加え、17年ぶりの大干ばつで厳しかったね。
うちの畑はスプリンクラーがなくて天水に多くを頼る事になるのでこの夏は島かぼちゃ、オクラ、ニラ、程度しか取れず。
センダン草などの野草をけっこう食べてました。
10月に入り気候が穏やかになり、雨も降り出すので、この時期から石垣の農作業は本番。
近くの腐葉土が沢山取れる場所から約10キロ×25袋ほど人からもらったビニール袋に入れて頂いて来た。
この無料堆肥場?(道路傍の雑草を市の作業員の人たちが刈り、大量に草を放置してある場所。数ヶ月から半年で自然に腐葉土化する。)
ほんとに重宝させて頂いてます。
お礼にプラゴミなどを掃除しておきましたから。
またいっぱい雑草を山積みにして下さいね。
無料堆肥場.jpg

雑草を刈った家の近くのこの畑は無農薬の有機農法。
次は雨が降って土が軟らかくなった後に腐葉土を鶏糞などと一緒に耕して種蒔きです。
耕耘機は使わずに1反分の畑をやるのは中々骨折り。
でも運動もかねて体に良いので手で耕します。
ZAKIファーム2.jpg

ZAKIファーム1.jpg

他に、自然農法&協性農法でやっている2反分の果樹園兼、野菜畑の方には春から作って来たアスパラや大実桑などの苗やパパイヤを植えなくちゃだ。
フルーツジャングルを作るんだ。

posted by zaki at 12:25| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

山本太郎頑張ってる!

それをTVで取り上げるやしきたかじんもさすがだね。
テレビメディアよ見習え!!

山本太郎「目の前の利益を護る大人たちに殺されようとしてる」


posted by zaki at 09:33| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

今が大事、反原発。

野田原発推進首相のもと、TVメディア共に泣き寝入りに持ち込もうという策動が続いていますね。
ここが反原発勢力の踏ん張りどころです。
今回の原発災害を転機に出来なかったら、人類は終わります。
子供たち、孫たちの未来は今オレ達の手に。

<転送歓迎>

=================================================================
9・17 原発の運転再開を許さない!全国討論会
 〜福島は活かされるか? 各地の市民運動の最前線から〜
-=================================================================

全国54基の原発の内、現在43基が運転を停止しています(8割の原発が運
転停止中)。今後、定期検査の時期がくれば自動的に残り11基の原発も運転
を停止します。運転再開を止めることができれば、来年春頃には全ての原発が
停止する状況になります。3・11によって、全原発の運転停止というこれま
で経験したことのない状況が生み出されようとしています。この機を逃がすこ
となく、実際に全ての原発の運転停止という状況をつくり上げていきましょ
う。また、停止中の「もんじゅ」や六ヶ所再処理も閉鎖へと追い込んでいきま
しょう。

一方、新政権発足により、原発の運転再開の動きは強まるものと思われます。
ストレステストについては、9月に複数の電力会社が報告を出し、保安院は2
〜3ヶ月かけてチェックすると伝えられています。そして、津波対策だけの緊
急安全対策で、年末頃に運転再開第一号の実現にこぎつけようとしています。

運転再開を止めるためには、福島原発事故の実態からその教訓を学ぶ必要があ
ります。津波対策だけの「消防ポンプ」の配置など小手先の緊急安全対策や、
福島事故の実態と何の関係もないストレステストを実施しても、大事故を繰り
返さない保証にはなりません。福島原発事故では、津波の前に地震動で配管が
破損した可能性があります。このことを検証し、運転再開できない根拠を明ら
かにする必要があります。

さらに、福島原発事故により、多くの人々は生活の基盤そのものを奪い取ら
れ、被ばくや汚染はいまだ深刻な状況にあります。子ども達の置かれている状
況や避難の困難性等、この事故の厳しい現実に立ち返りながら運動を進めてい
きましょう。

多くの原発立地地域から運動を担っている人々が結集し、各地の原発や運動の
状況について情報を共有し、運転再開を止める方針を議論しましょう。事故後
に新たに運動に参加した人々と共に、各地と首都圏をはじめ全国の運動が連携
して、秋からの運動を進めていきましょう。

◆当日の内容
1.原発立地点からの報告(佐賀、福井、石川、宮城、青森、北海道など)
  定検中などの原発の状況、原発の問題点、「やらせ」問題、地元首長達の
  状況等々、各地の運動の現状と方針について情報を共有する。

2.運転再開を止めるために必要なこと。
  ・津波対策だけの「緊急安全対策」批判
  ・ストレステストについての批判の観点
  ・津波の前に地震動で配管が破損した可能性についての検討
  ・福島原発事故がもたらしている被ばく、汚染の深刻な実態。子どもたち
  の置かれている状況や避難の困難性等。

3.運転再開を止めるための方針の議論
  ・運動の方針についての議論  
  ・原発立地点と首都圏、全国の連携した取り組みの方向性について

◆日時 9月17日(土) 13:15〜16:45

◆場所 日本青年館 503(東京 明治公園隣)
    (最寄:信濃町駅、千駄ヶ谷駅、外苑前駅)
 地図 http://www.nippon-seinenkan.or.jp/access/ 

◆参加費 1000円

◆参加希望の方は、下記よりお申込をお願いします。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/4a9071f9159894

◆主催5団体:グリーン・アクション/福島老朽原発を考える会(フクロウの
 会)/国際環境NGOFoE Japan /国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
 /美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
 協力:eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)/福島原発
 事故緊急会議

※9.11-19 脱原発アクションウィーク http://nonukes.jp


=================================================================
eシフト★ 9・18脱原発シンポジウム〜こうして作る!原発のない社会
 日時: 9月18日 13時開場、13時30分開演、18時20分終了
 会場: 日本青年館 国際ホール
 http://e-shift.org/?p=1151
=================================================================

※9.11-19脱原発アクションウィークの企画イベントです。http://nonukes.jp

福島原発事故を経験してもなお、電力会社、経済界、政府は原発依存を続けよ
うとしています。東電や官僚の責任をあいまいにし、広域の放射能汚染と多く
の人々の被曝という実体を隠し、「ことの重大さ」を隠しています。
真に求められているのは、経済、文化、政治などあらゆる分野での原子力依存
からの脱却、エネルギーシフトの実現です。
そのために、私たちは何をすべきか?エネルギー政策変更の道筋とは?そのと
き私たちの暮らしは?景気や雇用、教育は?そんな『問い』を言葉にして、
「できること」をみんなで考えてみましょう。

■日時: 9月18日 13時開場、13時30分開演、18時20分終了
■会場: 日本青年館 国際ホール
    http://www.nippon-seinenkan.or.jp/access/
■参加費: 1000円
■お申込はこちら:http://p.tl/3wKZ

■プログラム:
<第1部>−自然エネルギーによる脱原発シナリオ(13時30分〜15時05分)
革新的エネルギー環境戦略に対する市民からの提案

・こう変えよう!エネルギー政策決定の仕組み
 −平田仁子(気候ネット)
・こんなにすごい!自然エネルギーの秘めた力
 −松原弘直(環境エネルギー政策研究所)
・これが市民事業!ドイツ・フライブルクの実践
 −ヨゼフ・ペッシュ(FESA社専務:フライブルク再生可能エネルギー起業家)

<第2部>−こうしたらつくれる!原発のない日本(15時20分〜17時30分)
ゲストスピーチと参加者全員討論で脱原発社会にいたる道筋を考えてみよう!

モデレーター:野中ともよ
・特別アピール:原発再稼動問題に揺れる原発現地から(調整中)
・原発差し止め訴訟の現状と展望
 −河合弘之(弁護士)
・原発に頼らない安心できる社会へ
 −吉原毅(城南信用金庫理事長)
・正義に適ったエネルギー社会を作るために
 −小林正弥(公共哲学/千葉大学教授)

・質疑応答、ディスカッション

■主催:
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) http://e-shift.org
 連絡先:国際環境NGO FoE Japan (Friends of the Earth Japan)
 tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219

さようなら原発!1000万人アクション実行委員会
 連絡先:原水爆禁止日本国民会議
 tel.03-5289-8224fax.03-5289-8223

- - - - - - - - - - - - - - - - -
吉田明子 (YOSHIDA Akiko)
国際環境NGO FoE Japan
(Friends of the Earth Japan)
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8
  みらい館大明1F
tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
mobile: 080-5173-0136
e-mail: yoshida@foejapan.org
http://www.foejapan.org
- - - - - - - - - - - - - - - - -

--
posted by zaki at 21:13| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

北海道知事、泊原発3号機、再稼動容認と同時に即日運転されそう!

原発緊急情報!
eシフトから友達経由で転送されて来た情報です。
以下転載大歓迎!


杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。高橋はるみ
北海道知事は週明け16日(火)にも、泊原発3号機の再稼働(営業運転)
容認を表明し、即日営業運転に移行する見通しと報じられています。
                    【転送・転載歓迎/重複失礼】

知事は、安全委員会が保安院の最終検査を「チェックする形」をとった
ことについて、「法的根拠はないが、官邸の強い思いの下で行われたの
は評価する」と述べたそうです。しかし、班目安全委員長自身が「政府か
ら何ら要請も受けていない」と表明したように、「二重チェック」はまやか
しであり、道民、世論をあざむく茶番以外の何物でもありませんでした。

現在、道は地元4町村の意向を確認しており、16日(火)にも原発問題
を話し合う道議会特別委員会を開いたうえで、知事が海江田経産相に
再開同意の意向を伝えるとしています。

★この週末から月曜にかけて、周辺自治体と高橋北海道知事に対する
ファックス、電話、メール、ツイッターなどによる要請を集中してください!
短いものでも構いません。以下に、満田夏花さん(FoE Japan)のメール
を転送しますのでご参照ください。

泊3号機 知事、16日にも容認表明 営業運転に即日移行
(8/13、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/311559.html

泊原発3号機、来週にも再開容認 道知事「時間かけない」
(8/12、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/311474.html

北海道・泊原発:3号機運転先送り 地元に安堵と戸惑い
知事、国への態度軟化(8/12、毎日)
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20110812ddr041040003000c.html

………………………………………………………………………………

満田です。美浜の会の島田さんの情報です。
みなさん、短いものでいいので、下記にファックスを送ってください!
たとえば、安全委員会の「お手軽審議」の状況を伝え、住民向けの説明会
をというだけでも、効果があるかもしれません。
また、北海道に知り合いのいる方は、ぜひ、この情報を北海道方面に拡散
してください!
----------------------------------------------------------
泊3号:地元町長などにファックスを!
http://e-shift.org/?p=1124
----------------------------------------------------------
余市町長 嶋 保 様
余市町役場 http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/
〒046-8546 北海道余市郡余市町朝日町26番地
TEL 0135-21-2111 FAX 0135-21-2144
info@town.yoichi.hokkaido.jp

倶知安町長 福島世二 様
倶知安町役場 http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/index.jsp
〒044-0001 北海道虻田郡倶知安町北1条東3丁目3番地
TEL 0136-22-1121 FAX 0136-23-2044
E-mail : infotown.kutchan.lg.jp

ニセコ町長 片山健也 様
ニセコ町役場 http://www.town.niseko.lg.jp/inquiry/
片山健也町長と町のツイッターあり
〒048-1595北海道虻田郡ニセコ町字富士見47番地
TEL 0136-44-2121 FAX 0136-44-3500

黒松内町町長 若見雅明様
黒松内町役場  http://www.kuromatsunai.com/
〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内302番地1
Tel 0136-72-3311 Fax 0136-72-3316
buna@town.kuromatsunai.hokkaido.jp

蘭越町長 宮谷内留雄 様
蘭越町役場 http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/
〒048-1392 北海道磯谷郡蘭越町蘭越町258番地5
TEL 0136-57-5111(代) FAX 0136-57-5112

ポイント:
○原子力安全委員会の「二重チェック」は、まやかし。審議時間たったの
15分で、保安院の説明をきくだけ。
○泊3号だけ、本格運転再開にあたって、特別扱い。福島事故の教訓は、
何一つ反映されていない。
○設置許可の前提となっている安全審査指針があやまりだったことは、
原子力安全委員会、保安院も認めている。
○周辺に活断層があることを指摘する専門家もいる。住民は、大きなリス
クにさらされる。
○少なくとも、住民には説明会が開かれるべき。

------------------------------------------------------------
ツイッターで泊をとめよう!
みんなで、地元自治体に呼びかけよう! ファックスを送ろう!!
「原子力安全委員会の二重チェックはまやかしです」
〜泊3号の営業運転再開は認められない〜
http://goo.gl/fgdmB
※安全委員会、呆れたお手軽審議のUstはこちら
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1195
------------------------------------------------------------
◆官邸ツイッターは @Kantei_Saigai
◆高橋はるみ北海道知事
(FAX) 011-232-0162 tel  011-231-4111 (北海道庁)
高橋はるみ知事のツイッターアカウント <@haruchan_t
< http://twitter.com/haruchan_t

………………………………………………………………………………

【補足】
泊原発から半径10キロ圏内の4町村(道が意向確認中)などへの
要請メールあて先

牧野浩臣・泊村村長
kikaku@ad.vill.tomari.hokkaido.jp

山本栄三・共和町町長
kw.soumu@soleil.ocn.ne.jp

上岡雄司・岩内町町長
http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/mail.shtml

高橋昌幸・神恵内村村長
http://www.vill.kamoenai.hokkaido.jp/mail/index.html

上田文雄・札幌市長(泊原発プルサーマルにも反対表明)
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/mail/index.html


posted by zaki at 14:25| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする