2010年04月14日

国家破産の兆し。

先月、亀井大臣が法律で禁止された「日銀の国債直接買い付け」を提案しました。
それは市場ではなく、日銀に直接大量の国債を買わせて国の借金をチャラにすると言う事で、=貨幣の大増刷→インフレ、と言う事になります。
これは正に戦後の莫大な敗戦債務に困った日本政府がやり、歯止めが利かなくなってハイパーインフレ状態になり貨幣価値が大暴落した政策です。
だから法律で禁止された。
それをまたやろうと言うほど、日本の財政がひっ迫していると言うことですね。
市場に国債を買ってもらうだけでは全然足りなくなって来ている訳です。
さらにこれから今までに発行した国債の償還が毎年数10兆円増えて行くわけだから。^^;
既に末期状態という事です。

「一番怖いのは、物価が上がって、最初の原因は海外のコスト高でも、いったん物価が上がると、今度はそれを見て将来も物価が上がるという見通しを人々が持ち、そうした見通しに基づいて賃金が上がっていくと、2次的、3次的物価上昇が生じてくることだ」と指摘。「そうしたことがないようにしなければならない」
と、日銀の白川総裁は2年前に借金返済のためのインフレに歯止めが掛からなくなる事を懸念してこう釘を刺してますが、
政府がまた法律を変えて貨幣増刷の圧力を掛ければ日銀も従わざるを得なくなるでしょう。

お隣の北朝鮮が今正にこれをやって大失敗してますが、
歴史上、こういう借金返済のためのインフレスパイラルを制御出来た例は無いそうです。
最近、国家破産へのプロセスが閣僚の言葉から如実に見えて来ています。

正しく言うとハイパーインフレ=国家破産ではなくて、
政府が破産(国家予算割れ)しないためにハイパーインフレを起こして国の借金をチャラにすることで、
国民全体が破産した状態になる、という事ですね。
インフレを起こさずにそのまま国家予算割れして破産しても、
債務不履行で円経済は国際的信用を失い暴落するので、輸入困難となって食糧物資危機状態になるのは同じと思います。

ハイパーインフレの原理を書いたブログ。
これが簡単に起きてしまう事が数学的にも証明されているようです。
           ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/iwamotoseminar/32519668.html


posted by zaki at 10:50| 沖縄 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敢えてね、これからは怖い事もちゃんと伝えます。

食糧危機について。

敗戦後の国家破産当時、国は預金封鎖と同時にハイパーインフレを誘導し、日本経済は大混乱に陥る。
当時の日本の食料自給率は70%で、それでも都市部中心にあれだけの食糧難となり食料配給制となり餓死者続出。(ほたるの墓、参照)

人口が数倍になった現在、食料自給率37%の日本が破産したら餓死者がどれだけ出るか想像してみて下さい。
通貨危機を援助する国際通貨基金、IMFの積み立てはたったの35兆円。
足りな過ぎるからアラブ諸国に積み立てを一生懸命要請しているのが現状。
今の世界恐慌が進んで現在一触即発状態の欧米各国が破産したらそんなの一瞬で無くなり、日本への援助も見込めないでしょう。
世界の現実をほとんど伝えない日本のマスコミ報道ばかり見てると、
知らない内に飢餓状態が日本を襲っているという状況になっても遅いです。
マスコミは視聴率で金になる事しかやらないです。
自分の生死に関わる重大な事実を知らないのはあなただけ、
なんて事にならないよう、世界の裏情報をネットでしっかりチェックしましょう。
今それぞれが対策を打たないと一体どうなってしまうのか、ご自分で考えて下さいね。^^

見ていれば分かるでしょう、長期独裁の前政権が歪め、末期状態に陥れた財政の危機を越える力は日本にはありません。
借金を増やすばかり。
飽和状態を迎えた先進国の資本主義経済はもう昔の様な大きな成長などありません。
だからまだ成長の見込める中国などに市場を依存しようとしている。
金儲け至上の資本主義経済最後の足掻きです。
経済成長=金のための自然破壊→人類の首をさらに絞めて行く、という構図も変わらないので、また中国などで金儲けをすればする程、過去の轍をトレースし、自然破壊と格差増幅の滅びを促進するだけです。
既成の間違った社会構造にすがり続けていると、一緒に滅んで行きますよ。

それを打開して行くのが、このブログです。
一人一人が、生活を転換して行く事でそれは解決して行きます。
極力、既成の間違った政治経済に依存しないライフスタイルを目指して行こう。
それは簡単に言うと、なるべくお金を使わないで基本生活を出来るようにして行くことです。^^
それによって、金儲け主義の連中は自然と人類を滅ぼす事が出来なくなるからです。
そして、それをやった人々が、金儲け至上の資本主義経済の滅びから脱出し、生き残って行くんですよ。^^

ZAKIファームの自給自足体験学習プログラム!!
posted by zaki at 00:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

ZAKIファームでやっている3種の農法。

ZAKIファームでは3種類の無農薬農法を同時にやっています。
来る方たちに自分に合った農法を感じてもらうために。

こちらは通常の有機農法で作っている野菜。
一番簡単です、虫除けの工夫が大事。
2010-4 095.jpg

これは同じく半結球(ハンケツ)レタス。
普通のレタスより甘みがある。
2010-4 096.jpg

沖縄の強力な虫達(半端じゃない)に食べられてしまった白菜。
2010-4 093.jpg

そうならないようにミントなどの虫除けコンパニオンプランツを混植、虫除けの網を張る。
2010-4 094.jpg

こちらは無肥料農法で作っている豆類。
種を無肥料に適応させるために何世代か自家採取して収量を増やして行きます。
これからの時代、輸入に頼りっぱなしの肥料もいらない、虫にもあまり食われず収量も多い。
日本、いや世界の救世主にもなり得る農法です。
2010-4 097.jpg

こちらは自然農法の基本的なやり方。
畑の雑草は生かし、不興起で種をまいて生き残った野菜の周りだけ雑草を刈る。
一番自然に近いやり方。
畑面積あたりの収量は少ない。
2010-4 099.jpg

ZAKI果樹園に去年新たに植えた南米原産のナランジラという果物。
半年で実るそうだ。
花が咲いてきて初収穫が楽しみ。^^
2010-4 086.jpg

2010-4 088.jpg

天恵緑汁を応用した、野草で作る天然酵素培養液を作る。
薄めて作物の栽培促進、虫除け、飲んで自然酵素の大量補給が可能な素晴らしいアイテム。^^
費用は砂糖代だけです。
2010-4 064.jpg

押して4〜5日で爽やかな微アルコール発酵の香りが。
2010-4 065.jpg

収穫した有機野菜たち、サラダにてんぷらにソテーとモリモリ食べてます。^^
春は農繁期です。
2010-4 042.jpg

2010-4 058.jpg

2〜30センチのこんな魚はリーフでいくらでも釣れる。
大物はむずかしいけどね。
2010-4 023.jpg

2010-4 048.jpg

塩や醤油やポン酢以外のから揚げの食べ方を工夫してみた。
甘酢醤油あんにからめる。
これマジ美味いよ。^^(居酒屋メニュウからいただき)
2010-4 071.jpg

2010-4 055.jpg

うちの息子は海も畑ももう大丈夫。(だいぶ仕込んだ)
TS3M0002.JPG

民主党政権は国の借金さらに莫大に増やして終わるんでしょうか??
世界最悪の火の車状態の日本財政。
世界的食糧危機が進行する中、これからやって来る国家破産→円暴落→輸入困難による未曾有の食糧危機、
という絵面がさらにくっきりと見えて来て恐ろしいものがあります。

日本が莫大な借金で大変だという事までは報道されているけど、破産したらどうなってしまうのかという事は絶対にマスコミも報道しない事に皆さん気付いていますか??
そんなこと明らかにしたら国民はパニクってしまう上に責任を大追及されるから口が裂けても言えないので、旧政権から報道規制をガッチリかけているんですね。
今まで破産した各国の状態を調べれば一目瞭然なんだけれど、借金の率と食料自給率の低さが史上最悪の日本は、空前の破産の激動に見舞われる可能性が非常に高い。
世界の国別の経済安定性の評価も日本は最低ランクに落ちています。
(この現実は最近マスコミでも言われ出してるよね)

経済倒れても飯だけは食って生きて行ける!!
これから生き残って行く人達には自給自足技術は不可欠です。
手遅れで腹減って死にそうになって後悔するより、今からしっかり準備しておきましょう!
楽しみながらね。^^
(シャレんなんねーから言ってなかったけど、餓死するような人が一人でも減って欲しいと思ってこのファームを一生懸命立ち上げたんです。)

ゴールデンウイーク、あと5〜6名ほど空いてます。
ZAKIファームの自給自足体験学習プログラム!!
posted by zaki at 12:27| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

週末利用のショートプログラムも受付開始!

自給自足体験ファーム、のんびりペースですが順調にスタート。^^

平日5日のお休みが中々取れない方も多いようで、
週末を利用した3日間のショートプログラムの受付も始めました。^^
6日間のフルプログラムでは火曜〜日曜の6日間、農と漁の全てのプログラムが含まれますが、
ショートの場合、金曜〜日曜の3日間で、一通りの農体験と、漁体験が少しという形になります。
どちらの場合でも、海水浴と島の名所ガイドは含まれます。
ショートの場合、木曜の夜までにファームに来ていただき、金曜朝から3日間の体験スタート。
日曜の夕方か、余裕を持って月曜に帰る、というスケジュールになるかと思います。
最短で、木、金の2日間休みが取れれば体験可能になります。
メールでの予約になりますので、詳しくはこちらのログを参照下さい。^^
          ↓
ZAKIファームの自給自足体験学習プログラム!!

体験中は、ZAKIファームの無農薬の野菜が食べ放題。^^
P1200026.JPG

人もいない、島でもほんとに美しいビーチで海水浴&釣り!
P1200039.JPG

切り立った壮大な岸壁と真っ青な海のコントラストが素晴らしいウガン崎。
TS3M0009.JPG

ファームの近くの島の絶景ポイント、平久保岬。
TS3M0030.JPG

海を270度見渡せる壮大な眺め。
TS3M0019.JPG







posted by zaki at 11:24| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ツイッター始めました。

ツイッターいいよ、と皆さん勧められるので始めてみました。
このブログの右側にものせてみました。
zaki8jp で入っています。
よろしくでーす。

ZAKIファームの自給自足体験学習プログラム!!
posted by zaki at 15:24| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ZAKIファーム 自給自足体験プログラム詳細

週末を利用した3日間のショートプログラムの受付も始めました。^^
転送歓迎です。

                ZAKIファーム 自給自足体験プログラム

田舎暮らしや自給自足をしてみたい、一通り農業体験をして作物が作れるようになりたい、農業や漁業を目指したい、
漁の基本も体験してみたい方にバッチリの体験学習プログラムです。
石垣島の美しい海や自然を楽しみながら、観光もかねて自給自足の技術が身に付きます。^^

        予約、問い合わせメールアドレス→ zaki.firm2@gmail.com

                6日間のフルプログラムで体験する内容

                       農業体験
・土作り、苗作りから収穫までの一通りの農作業を体験し、帰ったらすぐにでも野菜を作れる基本技術を学ぶ。
・無農薬の有機農法や無肥料農法、各種自然農法の違いを学習、自分に合った農法を見付けましょう。
・栽培促進と虫除けに効果の高い、自然の酵素を培養して作る“天恵緑汁”や、
トウガラシと焼酎などで作る“天然素材エキス”を実際に作り、薄め方、まき方も体験。
・失敗しないよう、各種の基本野菜の栽培法や注意点、ベランダ栽培などの講習。
・ZAKI果樹園での果樹の育て方講習。
・田んぼはありませんが、簡単な穀類、小麦や芋の作り方の講習。
・野に自生している食べられる野草を採集、種類や料理法も覚えよう。
・田舎暮らしへの移行や、地域の人達と仲良くやって行くノウハウ。
・就農や就漁のプロセスを知ります。

                     個人で出来る漁の体験
・きれいな石垣の海で、投網や釣り、カニ取りや貝取り、海草取りを体験。
・海の危険や種の保存のために気を付ける事を覚えます。
・免許不要船による簡単な操船。
・魚の下ろし方講習。

                 安全、安心の自然健康食について知る
・玄米の力、健康野菜の力、生で食べることの利点、旬の季節野菜の効能など、
収穫した食材を実際に料理して味わい、楽しみます。

                     石垣島の自然を体験
・美しいサンゴ礁で海水浴、マングローブの森と干潟など、南の島の自然の成り立ちを体感。
SMAPや色々なアーティストの作曲家でもある、ミュージシャンZAKIの、
大自然の中での生ライブも聴けます!

☆どのプログラムものんきなペースで進めます。^^
基本は朝8時半に食事、9時半からプログラム開始。
前の晩、飲み過ぎないように気を付けて下さいね。(笑)

                       運営期間
台風やハブクラゲの来る農作業に暑過ぎる夏季と、寒過ぎる冬季を避けた、春と秋の運営です。
・春期間   3月2日(火)から5月半ばまでの毎週“火曜から日曜までの6日間”
・秋期間   10月半ばから12月いっぱいまでの各週6日間
・基本的に火〜日の6日間の中で天候に合わせて全プログラムが体験出来るように調整します。
・休みの月曜日をまたいだスケジュールや短期での参加も可能ですが、週毎に天候に合わせてプログラムを調整するので、重複したり体験出来ないものが出て来ますので、
なるべく火〜日曜6日間の参加をお勧めいたします。

           3日間のショートプログラム
長いお休みが取れない方々のために、
週末を利用した3日間のショートプログラムの受付も始めました。^^
6日間のフルプログラムでは火曜〜日曜の6日間、農と漁の全てのプログラムが含まれますが、
ショートの場合、金曜〜日曜の3日間で、一通りの農体験と、漁体験が少しという形になります。
どちらの場合でも、海水浴と島の名所ガイドは含まれます。
ショートの場合、木曜の夜までにファームに来ていただき、金曜朝から3日間の体験スタート。
日曜の夕方か、余裕を持って月曜に帰る、というスケジュールになるかと思います。
最短で、木、金の2日間休みが取れれば体験可能になります。^^


                      料金について
・体験学習プログラム参加料金
全ての体験と自然食3食、バンガロー宿泊込み、
中学生以上大人 1日5,500円×火〜日曜の6泊6日間
小学生は1日3,000円  幼児は無料
お一人での参加は自分のことをまかなえる中学生以上になります。(小学生以下は保護者同伴)
別棟の素泊まり民宿“北の灯台”での宿泊の場合は+1日500円
飲食物、お酒などの持ち込みは自由です。

ファームまでの交通機関はご自分で計画を立ててお越し下さい。
定員は基本的に8名ですが、早い内に予約していただけば、提携宿との協力で20名までの修学旅行などの団体参加も可能です。
おかげさまでだんだん予約が入って来ています。
早めに計画するほど、格安航空券のある時期の予約がしやすいと思います。

石垣までは半日の旅になりますから、火曜日に出発してもその日のプログラムは受けられませんので、
月曜に来て夜までにファームに来ていただき、翌週月曜か、日曜の夜に帰るパターンがお勧めです。
日曜日発着のチケットは高くなるので、プログラムを火曜日スタートに設定しています。
このパターンだと、平日5日間の休みを取れば一通り体験可能です。^^ 


                     必要な持ち物
・海も畑も日差しが強いので、よごれても良い薄手の作業用の長袖と長ズボンを3日分以上
雑草の種がくっ付きづらいツルッとした素材がお勧め
・普段着用の半袖、半ズボンなど
・風で飛びづらい日除けの帽子と、日焼け止め
・よごれても良いズック靴   
・バスタオルと汗拭き用のタオルを適せん
・海水着 
・その他、6日間の滞在に必要なもの

                         設備
“浜遊”の男女別バンガロー、または提携の素泊まり民宿“北の灯台”
共に、枕、シーツ、布団、タオルケット、水洗トイレ、シャワー、洗濯機あり
20名まで一緒に食事可能な、“浜遊”の台所と食堂を使わせて頂きます。
散策用のチャリンコも数台あり!

                       アクセス
沖縄県石垣市平久保47−7  ZAKIファーム食堂 “浜遊”
レンタカーはあまり使わないと思います、市内からバスで来るのがお勧めです。

         グーグル地図 (オレンジのAの目印の場所です)
                       ↓
                 ZAKIファームの場所


        予約、問い合わせメールアドレス→ zaki.firm2@gmail.com

色んな海の幸が獲れる石垣の海。
近所の浜。(アオリイカも釣れる!)

最初に来る方のための食材用に無農薬の有機野菜を沢山育ててます。
こちらは有機栽培。

体験圃場も準備OK!
有機栽培、無肥料栽培、自然栽培区画に分かれています。
それぞれの特徴を体感!(お味もね)
準備万端!

キャンプやライブなど色々使って行く予定の広場。
自給自足キャンプ場。

宿泊の”浜遊”のバンガロー。
お店の中にも2〜3名宿泊可能のお部屋あり。
男女ご家族など人数によって分けます

こちらが”浜遊”。
気さくなおじいとおばあが協力してくれています。^^
こちらで料理して食事。

近くの素泊まり民宿”北のとうだい”。
人数が多い時はこちらでも宿泊OK!
こちらも空いていれば泊まれます。


posted by zaki at 21:06| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

ZAKIファーム、3月スタート!!

皆さん明けましておめでとうございます!

有機農と漁の基本が学べる自給自足、体験学習ファーム
の詳細と開始日が決まりました。^^
海の綺麗な石垣島の自然を楽しんでもらいながら、
苗作りから収穫までの一通りの農作業と、投網講習や釣りやモヅク取り、カニ取りや潮干狩り、
食べられる野草や山菜取りなどの海や山での狩猟採集を6日間のプログラムを組んで体験していただきます。
取れた食材をみんなで料理して食べます。
お家に帰ったらすぐにでもベランダ菜園など始められるような自給自足の基本が身に付きますよ。^^
農と漁の両方とも一度に体験出来る施設は日本で始めてかも!

体験料金は自然食3食付いて(飲み物など持ち込み自由!)
提携宿での宿泊込みの1日6000円×6日間です。
農体験、または漁体験だけの場合は1日6000円×3日間
民宿並みの料金で色〜〜んな自給自足体験が出来ます!
予約、問い合わせメールアドレス→ zaki.firm2@gmail.com


暑過ぎず台風もハブクラゲも来ない春と秋の運営で、実は石垣の一番過ごしやすく航空券も安い時期なんです。
今回の春期間は海開きと一緒にスタート!
3月2日(火)から5月半ばまでの毎週火曜から日曜の各6日間です。
航空券の空きや値段を確認してから前もって予約して下さいね。
月曜に来て夜までにファームに来ていただき、翌週月曜か、日曜の夜に帰るパターンがお勧めです。
島でも一番美しい海のそばのファームです。

格安航空券サイトのいくつかです。 出発日によって往復3万円台後半からありますよ。
                ↓
航空券サイト1  サイト2  サイト3  サイト4

実際の有機農の基本を一通り体験、各種自然農法の違いなどをお勉強。
鳥除けもバッチリ完成!

畑で収穫してすぐ料理。^^
有機野菜、美味しいよ!

ZAKI果樹園で果樹の育て方も覚えよう!
ZAKI農園

海水浴も楽しみましょう! 3月からもう泳げます。^^
きれいな魚がいっぱい!

スクジビーチ

他じゃまずない投網の実地講習!
6日間で開くかどうか!

釣りや狩猟採集で海の幸をゲット!
初心者でも出来る釣り。

簡単に釣れちゃいます。^^
みんな白身魚です。

運が良ければこんな食材も。
これが獲れる場所は島でも少ない。

魚の下ろし方も覚えよう!
島魚の刺身。

潮干狩りで美味しい出汁の出る貝を取って来よう。
潮が引けば何時でも取れます。

大潮の干潮なら沖縄特産の天然モヅクも取れます。^^(春期間のみ)
色んな食べ方で。

石垣は世界でも有数のダイビングの名所、海がとても綺麗です。
近所の浜。

熱帯魚の海。

春の川平湾.jpg

南海の大自然。 野にも色んな食材が!
ハブのいる危険なジャングル。

巨大ウナギもいる川!

食べられる野草もいっぱい!

てんぷらにすりゃなんでも美味い。

踊りながらみんなでバーベキュー!
楽しいよ〜。

そしてZAKIの愛と自然の生演奏も聴ける!
魂で歌います。

石垣の夕陽は最高です。
そして夜には見たこともない満天の銀河が!
島の夕陽はほんとに美しい。

一番乗りは誰かなあ?
ぜひ皆さん体験しに来て下さいねー。^^


               ZAKIファーム 自給自足体験プログラム

田舎暮らしや自給自足をしてみたい、一通り農業体験をして作物が作れるようになりたい、
漁の基本も体験してみたい方にバッチリの体験学習プログラムです。
石垣島の美しい海や自然を楽しみながら、観光もかねて自給自足の技術が身に付きます。^^

                6日間のプログラムで体験する内容

                       農業体験
・土作り、苗作りから収穫までの一通りの農作業を体験し、帰ったらすぐにでも野菜を作れる基本技術を学ぶ。
・無農薬の有機農法や無肥料農法、各種自然農法の違いを学習、自分に合った農法を見付けましょう。
・栽培促進と虫除けに効果の高い、自然の酵素を培養して作る“天恵緑汁”や、
トウガラシと焼酎などで作る“天然素材エキス”を実際に作り、薄め方、まき方も体験。
・失敗しないよう、各種の基本野菜の栽培法や注意点、ベランダ栽培などの講習。
・ZAKI果樹園での果樹の育て方講習。
・田んぼはありませんが、簡単な穀類、小麦や芋の作り方の講習。
・野に自生している食べられる野草を採集、種類や料理法も覚えよう。
・田舎暮らしへの移行や、地域の人達と仲良くやって行くノウハウ。
・就農や就漁のプロセスを知ります。

                     個人で出来る漁の体験
・きれいな石垣の海で、投網や釣り、カニ取りや貝取り、海草取りを体験。
・海の危険や種の保存のために気を付ける事を覚えます。
・免許不要船による簡単な操船。
・魚の下ろし方講習。

                 安全、安心の自然健康食について知る
・玄米の力、健康野菜の力、生で食べることの利点、旬の季節野菜の効能など、
収穫した食材を実際に料理して味わい、楽しみます。

                     石垣島の自然を体験
・美しいサンゴ礁で海水浴、マングローブの森と干潟など、南の島の自然の成り立ちを体感。
SMAPや色々なアーティストの作曲家でもある、ミュージシャンZAKIの、
大自然の中での生ライブも聴けます!

                       運営期間
台風やハブクラゲの来る農作業に暑過ぎる夏季と、寒過ぎる冬季を避けた、春と秋の運営です。
・春期間   3月2日(火)から5月半ばまでの毎週“火曜から日曜までの6日間”
・秋期間   11月から12月いっぱいまでの各週6日間
・基本的に火〜日の6日間の中で天候に合わせて全プログラムが体験出来るように調整します。
・休みの月曜日をまたいだスケジュールや短期での参加も可能ですが、週毎に天候に合わせてプログラムを調整するので、重複したり体験出来ないものが出て来ますので、
なるべく火〜日曜6日間の参加をお勧めいたします。


                      料金について
・体験学習プログラム参加料金
全ての体験と自然食3食、バンガロー宿泊込み、
中学生以上 1日6,000円×火〜日曜の6泊6日間
小学生は1日4,000円  幼児は無料
別棟の素泊まり民宿“北の灯台”での宿泊の場合は+1日500円
飲食物、お酒などの持ち込みは自由です。

ファームまでの交通機関はご自分で計画を立ててお越し下さい。
定員は基本的に8名ですが、早い内に予約していただけば、提携宿との協力で20名までの修学旅行などの団体参加も可能です。
おかげさまでだんだん予約が入って来ています。
早めに計画するほど、格安航空券のある時期の予約がしやすいと思います。

石垣までは半日の旅になりますから、火曜日に出発してもその日のプログラムは受けられませんので、
月曜に来て夜までにファームに来ていただき、翌週月曜か、日曜の夜に帰るパターンがお勧めです。
日曜日発着のチケットは高くなるので、プログラムを火曜日スタートに設定しています。

                     必要な持ち物
・海も畑も日差しが強いので、よごれても良い薄手の作業用の長袖と長ズボンを3日分以上
雑草の種がくっ付きづらいツルッとした素材がお勧め
・普段着用の半袖、半ズボンなど
・風で飛びづらい日除けの帽子と、日焼け止め
・よごれても良いズック靴   
・バスタオルと汗拭き用のタオルを適せん
・海水着 
・その他、6日間の滞在に必要なもの

                         設備
“浜遊”の男女別バンガロー、または提携の素泊まり民宿“北の灯台”
共に、枕、シーツ、布団、タオルケット、水洗トイレ、シャワー、洗濯機あり
20名まで一緒に食事可能な、“浜遊”の台所と食堂を利用
散策用のチャリンコあり。

                       アクセス
沖縄県石垣市平久保47−7  ZAKIファーム食堂 “浜遊”
レンタカーはあまり使わないと思います、市内からバスで来るのがお勧めです。

         グーグル地図 (オレンジのAの目印の場所です)
                       ↓
                 ZAKIファームの場所


        予約、問い合わせメールアドレス→ zaki.firm2@gmail.com


posted by zaki at 17:07| 沖縄 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

有機農&漁、体験学習ファーム 正式に始動。

地元の、意識ある力強い協力者が力を貸してくれました!
これからやって来ようとしている食糧難時代に備えるには自給自足が最強の方法だ、
と、全く意見が一致。
石垣の素晴らしい自然を楽しんでもらいながら、農と漁の基本技術を一通り体験出来て、帰ったらすぐに自給自足を始められるようになってもらえるような体験ファームをやろうとしているんです、
と話したら、全面的に賛同してくれた。
なんと、3000uの農地と、2棟のバンガロー、そして今使っていない食堂スペースまで使わせてもらえる事になりました!
年明けて2月半ばから運営開始します!

ここが予定地だ!! 1,2,3!
防風林も備えられた素晴らしい農地!
この約3倍の農地を貸してもらえることになった。
早速今日この写真を写した後に草刈をして、作物を植える準備開始!
各種自然農法の違いが分かるように、通常の有機農法、無肥料農法、代表的な自然農法、コンパニオンプランツ農法、多種混作農法などの区画に分けて作物を育てて行きます。
ここに来る人達にそれを実際に体感してもらい、食べてその美味しさも体感して頂きます。

1週間のプログラムを作り、種まき、苗作りから収穫までの一通りの作業と、海や川や山での個人で出来る漁や狩猟採取(投網や釣りやカニ取り、潮干狩りや野草、山菜取りなど)を実際に体験してもらい、
家に帰ったらベランダ菜園でもすぐに始められるような自給自足の基本を身に付けて頂きます。
各種農法の違いや基本野菜の栽培法、成長促進、虫除け天然エキスの作り方から、田舎暮らしのコツまで、
いろんな講習も織りまぜ、島の海や川でのエコツアーや海水浴、観光案内もあり、そしてZAKIの愛と自然の生ライブも聴ける体験学習ファーム。
期待しといて下さい。^^

農地が3区画に分かれていて、下の区画は後々、自給キャンプ広場として使う予定。
PC090016.JPG

運営時期は、台風の来ない農繁期の春と秋、2月半ば〜5月半ばと、10月〜12月の計、半年間を予定しています。
春休みやGWをのぞけば、ちょうど良くこの時期は観光閑散期
(実は暑過ぎず海にハブクラゲも出ない一番島を楽しめる時期なのに、笑)
なので飛行機代も格安です。
これから年明け2月のスタートを目指して仕込みに奔走します!
詳細は近日発表しますね。^^


posted by zaki at 19:38| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

東京から帰還してまた魚取り。

26日に東京から戻って来た。
シンポジウム関係者の皆さん、ミレニアムシティーの皆さん、ありがとうございました。^^
久しぶりに大きなステージで歌えた。
歌った後、壇上に上って来てくれて、癒されました、、と筋金入りの有機農のプロ、くりもと地球村の佐藤さんや、インドで大きなエコビレッジをやっている方が握手を求めてくれたのがスッゲー嬉しかった。^^
そのインドの方は日本語の歌詞が分からないのにすごい気に入ってくれて、
おおお、言葉を越えて魂が伝わったんだ、、インドでもやれるってことだ!と大きな自信になりました。
今度インドに行くよ!!と勢いで約束してしまった。(笑)
皆さん本当にありがとうございました。^^

シンポジウムの合間のミニコンサート
東京での1週間、ほとんど電車移動で、ギターとカバン合わせて20キロの装備を担ぎながらずっと移動していたので、
終わりの方は疲れ果ててしまった。^^;;
有機農ミュージシャン仲間の千葉の玉木さんちに泊めてもらって爆睡させてもらいました。
ありがとう。^^

帰って来てしっかり休んで魚取りを開始。
育てていた野菜苗の植え付けや、今回初めてやる小麦の種まきもやった。
船で釣れる魚と、浜で投網に入る魚は全く種類が違う。
下の写真は船からの小物五目釣りで釣れた魚。
20cm前後の魚はいくらでも釣れる。
上から高級魚のイシミーバイ、トラギス、モンガラカワハギの仲間3種、左下が赤いミーバイと右がロクセンフエダイ。
2時間くらいの釣り。

大物狙って沖に行くと、小魚はあまり釣れなくなる。
大魚も釣れるとは限らない。(まだ大魚ポイントの把握が未熟なのだ)
結果釣れる量は減っちゃうのがちと情けない。
でも40センチ前後のフエダイの仲間が2匹釣れた。
高級魚のタマン(ハマフエフキ)に似ているけど、どっちも似た種類の違うフエダイだ。
島の人はこういうのをタマンモドキと言っている。
そういう市場に出回らない魚種が沖縄には沢山いるのだ。(意外と美味しいのにね)
大物狙いの釣果。

こちらは浜からの投網漁。
これも誰でもやってかまわない漁だ。
この時は秋のシケの日の集会所を狙って1発で4キロも入った。
上から、ボラ、ナンヨウイスズミ、コーフ、ガーラ(ヒラアジの仲間)
集会所にみんな集まってた。

沖縄のボラは千葉のよりちょっと味が落ちるけど、普通に美味い白身魚ではある。
千葉の時もそうだったけど、冬場の投網はボラ中心になりそうな感じだな。
今回、白身魚のペッパー醤油ステーキにしてみたら美味かった。^^
上の3匹のボラと、下のボラは種類が違う。
よく見ると上の3匹は胸ビレが黒く、尻尾が黄色い。
沖縄で初めて見たボラの種類だ。
泳いでいるのを上から見るとその目立つ特徴ですぐ分かる。
下の普通のボラは銀一色なので目立たない。
ボラ2種類。

出来れば2月半ばから有機農&漁体験学習ファームを始めるのに、今気合入れて準備を頑張ってます!!

posted by zaki at 19:18| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

久々に東京でライブやります!

約10日後の11/22と11/23日に東京に出張ってライブをやります。^^
第1回未来ビレッジサミットと言う、世界や日本各地からエコビレッジの専門家達が集まるイベントがあるんですが、
そちらに招かれ、歌う事になりました。

22日の成城ホールでのシンポジウム(錚々たるパネリスト達がエコビレッジの未来に関して一日中色んなトークをやる)の18:15分から何曲かと、
23日の体験ツアーで行ける千葉のくりもとミレニアムシティーで夜のコンサートをやります!

愛と自然のバラード達を歌います。
日本や世界の凄まじい環境問題が中々解決に向かわない今、
マスコミが取り上げる程度のエコロジーでは焼け石に水であることを解って来た方々も多いと思います。
本当に持続可能な未来の姿と、今、子供達や自分の未来ために何をすれば良いのか、ということがしっかり見えて来るサミットだと思います。
皆さんぜひ遊びに来て下さいね。^^

出演する未来ビレッジシンポジウムと、体験ツアーの情報です。
ローソンやオンラインでもチケットが売っていますよ。^^
          ↓
http://npo-mc.com/mv/schedule.html




posted by zaki at 17:51| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

悪天時の集会所。

悪天時、波風の強い日は海人は漁に出ないのが普通なのだが、
最近面白いことに気が付いた。
そういう日は浜のすぐ手前側に魚が寄って来るのだ。
しかも、ある一定の場所に集まって居ることが分かった。
300mの長さの浜うち、2ヶ所ほどごく数mの場所なんだけど、偶然その魚の集会所を見付けてしまった!
悪天時にその場所で投網を打つと、一辺に1キロ〜3キロの魚が網に入ってしまうのである。
別の日でも波風の強い日は必ずそこに集まっているのだ。
近所の浜。

おそらく、沖側の荒波を避けて浜に寄って来た魚達の居ごごちの良い場所なんだろうな。
その1ヶ所はロープが海底に張ってある場所だ。
石垣の海は透明度が高いので、通常晴れや波のない日はこちらから魚がよく見えるかわりに、魚からもこっちが良く見えるので、
近付くとサッと投網の射程外へ逃げてしまいがちなんだけれど、
波風強い時は砂が舞い上がって透明度が下がり、波や雨の影響で魚からこっちが見えなくなるから、近寄っても逃げないのだ。
こっちからも魚が見えなくなる。
でも悪天時いつも魚の居る場所がこっちには分かっちゃったので、
魚は見えなくてもその場所に投網を打てば魚は逃げずにみんな入ってしまうのである。
こう持つと重さが100g単位で分かる。

上から、コーフ、ハダラ、カタカシ(オジサン)、カマス、ガーラ
4〜5回打ってこれだけ。

ただ、一度集会所の魚を取った後は中々集まらないので、そこで取れるのは日に2回くらいだな。
このガーラ(ギンガメアジやカスミアジの種類はみんなガーラという)の20cm位のと、島言葉でコーフと呼ばれる何の種類か分からない魚がこの集会所で良く入る。
波風がおさまるとここからは全然居なくなる。
でも普通魚が取れないシケの日に魚が取れるというのは非常にありがたい。^^

この下のカマス、上の写真のカマスと違いぶっとくて体高が高い。
もしかしたら海のギャング、巨大なバラクーダ(オニカマス)の子供かも??
刺身のコクともっちりした歯応えがかなり美味かったよ。
ガーラの皆さん。

コーフはまあまあ美味しいんだけど身が柔らかくなりやすいからか市場では見かけないな。
でもガーラは日持ちも良くマース(塩)煮にすると美味しいのでスーパーにも良く売っている。
下のクマドリ(カワハギ)はカニ取り用に冷凍。

魚の煮付けというと普通は甘辛醤油味だけれど、沖縄では塩で煮付けることが多い。
ガーラは刺身は身が固くて今一だけど、このマース煮はほんとに美味い。^^
初めて料理。

ハダラは頭を取って骨ごと酢漬けにすると丸ごと食べられて美味しい。
骨まで柔らかい。

ボラに脂がのり出していたので、アラで味噌汁を作る。
千葉でもボラはずいぶん食べていたけど、食べ物が違うせいで沖縄のボラは全般にコクが弱い感じだ。
千葉の外海のボラの方が美味かったな。
ちと脂っこい。

中位の魚までは骨センベイを作って骨まで食べる。
成長期の息子の巨大化のもとだ。^^
カルシウムたっぷり!

ここが集会所だ!!(見てもどこだか分からんと思うけど)
波が静かな今はいない。

今年はイカが中々釣れませんねえ。。
不漁年なのかな??
早く1匹目釣れろよ〜〜〜。^^;;



posted by zaki at 10:10| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

一般常識が最悪の常識であるという典型例。(新型インフル)

マスメディアの言うことを普通に信じていたら大変な事になってしまうかも知れないという例です。
こういう事はマスコミや多くの癒着議員達が、スポンサーの製薬会社に金で支配されているので表メディアからは殆ど流れて来ません。
新型インフルワクチンとタミフルのとんでもないインチキが解りやすくネットで公表され始めました。

本気の医師達が医療、製薬業界の内幕と事実を暴露。
ワールドブロガー協会の取材会
       ↓
http://www.worldblogger.net/

薬害タミフル脳症被害者の会の医師の話。
       ↓
http://www.tamiflu89.sakura.ne.jp/tamiflu.html

油井香代子(医療ジャーナリスト)のページ
       ↓
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20091029-01/1.htm

Thinkerというサイトが集めている詳しい情報。
       ↓
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html

こういった事を読んでも新型インフルワクチンやタミフルを使いたい方は自己責任でどうぞ。^^
うちは元気になる自然食生活と気合で免疫力をパワーアップして、風邪やインフルを寄せ付けないという方針なので、
元々ワクチンは使ってないし今後も使う必要もないので大丈夫です。
このやり方でオレ自身はこの7年間で1回だけ風邪で熱を出しました!
(何かのタイミングに気が抜けていたのか、1回は熱が出てしまったのである、悔しい。^^;)

それにしても、俺達の生活は知らない内に世界の金を牛耳る悪党共に支配され、最悪の状況にされているって事ですね。
自給自足を目指すという事は、極力政治経済に頼らない本当の自立生活を目指すことでもあります。
と言うことは、彼らの悪徳支配から極力影響を受けなくなるという事でもあるんですよ。

政治経済の悪影響からは逃れられない、というような事は全くありません!v^^


posted by zaki at 13:06| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

投網漁復帰&イカ釣り開始。

右腕の骨折のリハビリ(テキトーだけど)もほとんど終わって、
カニかご漁に続いて投網も再開。^^
でももう夏場の投網漁のメインの魚であるミジュンは時期が終わって全然いない。^^;
なんとかハダラという小魚や他の魚は取れるけど、これからだんだんイカ漁、仕掛け網漁、電灯潜り漁にチェインジして行く時期だ。

まずは試しに浜からのイカ釣りを始めました。
ずっと続いているシケの合間に1日だけ波がおさまった。
清太郎と一緒にエギを遠くまでブッ飛ばしては小刻みに引いてくる作業を浜沿いに移動しながら繰り返す。
なるべく沖までブッ飛ばす。

前に良く釣れていた浜でやってみたんだけど、中々アタリがない。
島ではこの時期でも1k超のアオリイカが釣れる頃なんだけどね。
1時間かけて長い浜をだーーっとエギングして行ったんだけど、最後の方で清太郎のエギに近寄って来た影。
釣れなかったけどイカは見えた。
良く注意してればもう一度投げて釣れたんだけどなあ、残念。
清太郎はまだイカ釣りに慣れてないんだ。
下は青のエギだけど、オレンジ、ピンクが島の主流。
イカを釣る餌木。(一種のルアー)

前から気になっていたカニ網(籠じゃない)漁を試してみました。
千葉の九十九里ではこの網を海に放り投げて10分待ち、引き上げてガザミ(ワタリガニ)を取る漁をよくやっている人がいた。
でもあっちにいた頃、これには手を出せていなかったんだよね。
島の釣具屋さんにも売っていたので、いつもカニ籠を仕掛けるマングローブの川でやってみました。^^
初めて試すカニ網。

まずは投網でエサに使う魚を取り、それを網に付いている袋に入れて投げる。
カニがえさを食べようと近付いて来ると網に絡まって取れなくなるって寸法だ。
エサにする魚を取っている時、珍しいものが入った。
大きなクルマエビだ。
投網にもめったに入らない。
これだけはもちろんエサにせず持って帰ってパスタ料理に使いました。^^
1匹でもこいつは嬉しい。

こういうマングローブの茂っている河口付近でカニを取る。
魚も沢山いる。

三つのカニ網を使って交互に投げては10分後に引き上げてみる。
ポイントを選ばないと上手く絡んで来なかった。
卵を持っているカニはリリース。
でも最終的には料理に使うに十分なカニは取れました。^^
でも籠漁で獲れるような大きなカニはこれには掛からないみたいだ。
小さいカニは湯がいてエラを取り、包丁でミソごと細かくして出汁を取る。
今回もカニ味噌クリームパスタを作った。
濃厚で、パスタに絡めるとカニを沢山食べているような満足感。^^
それにクルマエビの身ものっかっている。
でも写真撮るの忘れた。^^;
6〜700g

鶏がらスープと牛乳で茹でて出汁を取った後のカニの細切れ。
スープの塩味が付いていて美味いんだよね、ちとガリガリするけど。(笑)
酒のつまみにもなるし、成長盛りの子供の素晴らしいカルシウム源にもなるので、
なるべく食べて残りはキトサンたっぷりの畑の肥やしにする。
畑をアルカリ化してくれる炭酸カルシウムと、野菜の成長に力を貸してくれるキトサンがたっぷりの農業資材にもなるんですよ。^^
獲ったものは極力残さず食べる。

これから海のシケがおさまったら、アオリイカのトローリング漁に挑戦してみます。^^
(でも現在、台風20号が出戻って来やがって海は大シケ中。^^; 強風域程度なので防風林に守られている果樹園の方は大丈夫だ。)


posted by zaki at 18:27| 沖縄 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

苗植え時です。

台風が行ってしまって、石垣では秋雨前線の影響とみられる長雨と風が続いていました。
その間、島の漁師さんたちも海に出られていなかったようだ。
台風はもう来ねえだろう、と思ってその間、新たに植える果樹苗の仕入れと、野菜苗の育成を始めていました。
そしたら台風20号が発生してアガヤ〜〜!(島言葉であいや〜という意味)と思ったら南に逸れてくれた。^^;
でもその影響でまた海が荒れ出して来た。
石垣の10月の台風の来襲率は統計を調べたら約50%。
11月以降はほとんど来ない。
来ない事を見越して苗を早植えする人と、しっかり待って被害を防ぐ人に分かれるのがこの時期。
早植えは台風にやられなければ秋一番に収穫出来るので高値が付くんだそうだ。
果樹苗は実るのに何年か掛かるので早植えするリスクを犯す必要はない。

野菜苗を作っているんだけれど、初めはもったいなくて古い種も蒔いてみる。
芽が出なければ新しい種を仕入れる。
奥が白菜、手前にトマト、春菊、バジル、シソ、キャベツ、キュウリ。
その内、春菊とシソとキャベツは古くて芽が出なかったので新しいのを買って来た。
7種類。

果樹園の方に、新たに珍しい南国果樹をたくさん植えました。^^
ヤフオクで偶然知り合った島の苗農園のシャンティ・ガーデンさんにも相談しながら、
おととい、新たに6種類の南国果樹を植えて来ました。
ZAKI農園

これはブラジルでは人気があるアセロラに似た果物の”ピタンガ”4本。
アセロラとどっちが美味しいかという話があちこちで聞かれるけど勝敗は付いてないみたいだ。
茂っている様子を見ると生垣に良さそうだったので、果樹園の門にあたる所に並べて定植。
果樹図鑑から→ http://www.fruitia.net/zuk/pitanga.html
ピタンガ

これも南米原産で、図鑑にも載っていなかった島でも超レアの南国果実。
ハリーポッターが魔法の杖を振り上げて、ビリバデリシオーサー!!と叫んでいたのがこの果物の事である。(ウソ)
デリシオサとはデリシャスという意味だそうで、バンレイシ科の果実で一番美味しいと言われる”伯爵夫人の果物”ビリバ・デリシオサを4本。
ビリバ・デリシオサ

こちらはパイン+バナナ+イチゴ味(なんじゃそりゃ??)と噂される、フェイジョア。
シャンティ・ガーデンさんの話によると石垣では日差しが強過ぎるかもとの事で、半日陰になる場所に植えてみました。
品種違いを複数植えると沢山成るらしいので、4品種2本ずつ計8本。
→  http://www.fruitia.net/zuk/feijyoa.html
フェイジョア

うちの奥さんがコーヒーが大好きなので(オレも大好きだけどカフェインアレルギーなのだ^^;;)、
アラビカ種を3本植えました。
自家製コーヒーも飲める南国果樹園てなんかイイね。^^
コーヒー

これは知り合いの方に頂いたイチジクの苗。
実は熱帯果樹だったのだと初めて知った。
5000年前から栽培されているそうだ。
アダムとエバが前を隠していたというあの果樹だ。
ZAKI農園に来た人はみんなこの葉っぱで前を隠してもらうことにしよう。
→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B8%E3%82%AF%E5%B1%9E
イチジク
あ、それとシャンティ・ガーデンさんにおまけで頂いた”ナランジラ”というやはり南米原産のナス科の果樹も1本も植えました。

清太郎にも手伝ってもらって1日で一気に定植。^^
おれがスコップでしつこく根張っている牧草の根っ子を掘り出して植え場を作り、奥さんと清太郎が植えて回りに水分維持用の小さな土手で苗を囲み、
その上にやはり水分保持と雑草を生やさないための敷き草をかぶせてたっぷり水をやればOK。^^
半日スコップの土方作業やり続けて足腰が立たなくなってしまった。^^;;
コーヒーを植えている。

これから10日間くらい水やりに通って(果樹園まで40km)枯れないように寝張りを促進しなくちゃだ。
敷き草で覆われているので1日おきでOK。
今回の苗植えで、ZAKI農園の果樹は、
マンゴー、島バナナ、グアバ、パパイヤ、ドラゴンフルーツ、マンゴスチン、ピタンガ、ビリバ・デリシオサ、フェイジョア、コーヒー、ナランジラ、イチジク、アセロラ、ザクロ、レモン、シークァーサー、ミラクルフルーツ、タンカン、ブルーベリー、ニーム(虫除け用)
の20種類、合計百数十本になった。
全部無農薬でやって行くのは大変だけれど、これから育って行くのが楽しみです。^^



posted by zaki at 11:45| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

台風情報の続き。

台風17号パーマァは変な動きしてますねえ。
台湾の南まで来て停滞しながらフィリピン方向に逆戻り中。^^;
でも強さはだいぶ弱まってはいる。
石垣にはほとんど影響もなく、4日の小学校の運動会も心配されていたが無事完了。^^
今実っている果樹園の島バナナも助かった。

そして台風18号メーローの方は当初、石垣島に向かっていたんだけれど、
二つの台風が干渉し合い、反発して北上ルートに向かいつつある。
2つの台風が接近すると合体することはなく、お互い反時計回りで回っているので、接近面では風がぶつかり合って反発するのだ。
ちょうど島は二つの台風がぶつかった狭間で被害を免れたという感じ。
でもメーローはこれから北上して8日には日本列島直撃パターンの予測になっていますよ、本土方面の方々、要警戒です!
予報では8日になっても瞬間最大風速60m級という本土では最強クラスの台風です。
ゴジラは気まぐれで南に向かってくれたけど、ガメラが日本列島に来襲しようとしているようなもんです!

最大クラスの南海の大怪獣ガニラは今朝、平久保川に上陸しようとする所を何とか来襲を阻止、捕獲に成功しました!
地球防衛隊による2時間に及ぶ冷凍攻撃で、やっと動きを止めることが出来ました。
爪はペンチの数倍におよぶ凄まじい破壊力でした。
爪だけで10cm!

台風情報
http://weathernews.jp/typhoon/



posted by zaki at 10:27| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

パーマァこっち来るんじゃネ〜〜!!

南洋にスッゲーのが生まれてる!
17号台風パーマァ。
既に強さレベル”猛烈”最大風速75mまで強力化している。
もう車が普通にぶっ飛ばされる風速だ。
まだ南洋にいるのにここまで強くなっているという事は、
こっち(石垣島)に来る頃にはもっと強くなって、風速80〜90mの史上最強クラスまで成長する可能性があるという事だ。
ヘタすると風速100m超か??
半端じゃねえ。。
直撃されたら果樹園が全部ブッ飛ばされてしまう。(ついでに2週間停電、ネット不通のおまけ付きかも)

10/5日位にこっちの方に来る。
頼むから暴風域外れてくれ〜〜。。^^;;
(しかも立て続けに次の18号台風メ〜ロ〜もこっちに向かってる!)
       ↓
台風情報
http://weathernews.jp/typhoon/


10/2 追記
良かったー、パーマァ弱まって若干下にずれて来た。
実は台風は来てくれないと海がやばいんだよね。
なぜかと言うと台風が来ないと水温が下がらなくてサンゴの白化現象やオニヒトデ被害が増えて来るのである。
今年は白化現象が進んでいて、この前も50cm近いオニヒトデがいた。
強風域程度で海をかき回して水温下げて行ってくれるのがベスト。
17号パーマァはそんな感じになりそう。
しかしその次の18号メーローが島を直撃するかも知れない。


posted by zaki at 13:43| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

石垣から眺める西表島。

石垣島から2〜30km離れた最後の楽園、西表島。
初めはこの西表島に住みたくて借家を色々探したんだが全然見付からなかった。^^;
大きさは石垣よりちょっと大きい位なんだけど、島のほとんどが山で、南海のジャングルがおおい茂っている。
石垣が人口5万人に対して、西表はたったの2千人。
でも昔は石炭採掘が盛んで、かなりの炭鉱労働者たちが定住して賑わっていたらしい。
人が住める平野が少ないのと石垣と違って島のほとんどが国定公園になっている。
素晴らしい原生動物達の宝庫なんだけれど、最近違法なリゾート開発を沖縄県が野放しにし、絶滅危惧種が問題になっている。
誰も人の住まないジャングルに一人で自給生活をしている有名なおじさんもいる。

石垣島の西側の名倉湾からの眺め。
海から全体が一望出来る。

下は西表に一番近い石垣の屋良部半島先端からの眺め。
西表島がかなり近く見えて、なんかモスラの生まれた南の島みたいだ。
お母さんモスラがゴジラにやられて、そのゴジラを糸で雁字搦めにした幼虫達がズオオオ〜〜っと海に泳いで来そうだ。
屋良部は風光明媚で人も少なく、石垣でも住みたいなあと思う筆頭の地域だな、今作ってる果樹園までも割りと近いし。
市内までも20分だ。(今住んでる所は40分もかかる)
景色がロマンティックなんだよね。

うちの果樹園まで今の家から40km離れているので、計画中の有機農&漁体験学習ファームをその近くでやろうと思い、
その近くに借家を確保しようとずっと探しているんだけれど、中々1件家の貸家が出なくて困ってる。^^;;
島の知人にも色々当たってみてるんだけど中々見付からない。
見付かればすぐにでもやれる体勢が出来てるのにもどかしい。
楽しみにしている皆さん、もうしばらく待っていて下さい。
海沿いの牧場から。

ズームで写すとこんな感じ。
西表への憧れは未だに消えないな。。
あの島の自然は凄いからね。
でも子供が通う高校がないのと、商店が少ないので色んな買い物がちょときびしい。
(船で石垣島へ渡らないと買えない物も多い。)
近く見える!

この1ヶ月以上、骨折で投網も漁も全然出来なかったので、
清太郎に魚取れるようになってもらおうと投網を教えていた。
投網はもう、千葉にいた頃から10年近くやっているので、技術は島のウミンチュの人達ともひけは取らない。
こっちに来た頃、なんか見かけないヤツが投網やっててボラも取ってるぞ、と噂になってたらしい。
(島では素早く逃げる浅場のボラを仕留められるのは、プロと見なされるって後で聞いた)
島には売ってない直径8m位の大きな投網をきれいに開くと驚かれた。
この投網漁だけは島でも自信持ってやれる。(笑)
掴み方と投げ方をちゃんと教えてもらったら、3月くらいの練習でそれなりに魚が取れるようになる。
その辺がよく分からなくて、やり始めても中々開かなくて挫折してしまう人が多いんだけど、
ちゃんと教えてもらえば誰でも開くようになるんだけどね。^^
最初は手取りに苦労する。

何回かに分けて教えていたら、時々網が開くようになって来た。
魚もちょっと入った。^^
あとは回を重ねて慣れて行けば魚が取れるようになって来る。
魚が動く時の波の動きも良く見えて来るようになる。
魚がどんどん取れ出したら楽しくなってやみ付きになっちゃう。(笑)
最初の数ヶ月の頑張りが投網熟達の勝負所だ。
ちょっとコツが分かったかな??

右腕の骨折が1月経って徐々に使えるようになって来た。
でもまだ固定に慣れていたので回転運動が痛いのと、手首の関節が少ししか曲がらない。
この状態でもやれる漁といったら、カニ籠漁くらいだ。
久々に漁に復帰、カニ取って来て景気付けました。(笑)
こんな大きなカニが普通に取って食べられるなんてほんとに贅沢だ。
そのかわりど田舎だから、めったにレストランや飲み屋には行けませんけどね。(笑)
その代わり美味しい物を自給して楽しむのだ。(鮮度は格別!)
この時期からはミソも美味い。

これからの時期、仕掛け網漁とアオリイカ漁が始まります。
プロの海人の技をしっかり覚えていかなくてわ。



posted by zaki at 17:08| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

沖縄の食べられる野草。

夏場は紫外線が強過ぎて緑の野菜がかなり少なくなってしまう。
しかも台風が来るたびにやっれちゃうし。^^;
夏はスーパーの野菜の値段も内地の倍くらいになる。

そこで春に沢山モヅクを取って塩漬けにしておき、ビタミン源として食べているんだけど、
昔の人達は夏に生えている野草をよく利用していたようです。
そこでこの辺で採れる夏の野草を調べ上げて採っては食べてみているんだけど、
なんと野原は食べられる野草だらけであった。(笑)
夏場の野菜不足はこれで全然問題ないことが分かった。
意外にこの時期、沖縄人が好んで食べるフーチバー(ヨモギ)があまり見かけなかったな。
みんな食ってるからないのか??
この草、そこら中に生えていて、しかも種が服にくっ付いてしまう厄介者のタチアワユキセンダングサ。
なんとこれが食べられると知ってびっくり。
どこにでも生えているのでマジ食べ放題。^^
味はヨモギに似た感じで爽やかな薬草風味?
アクもなく意外に美味しかった。
しかも年中採れる!

前にも話していた桑の若葉。
台風で葉っぱが全部落ちた後、猛然と生えて来る。
柔らかくて全然クセがない。
昔の島の人達は台風の後野菜が全滅した時、まさにこの葉っぱを食べてしのいでいたに違いない。
これも食べ放題。

その他に青ビユ、ツワブキ、調べても分からないけど絶対に食べられるとオレが勝手に決めた(まず自分で毒見してから)すっきりした味でアクのないアザミっぽい花の野草などなど、てんぷらにしてみました。^^
この時期のツワブキはけっこう固かった。
アク抜きの茹で時間を長くしなくちゃだ。
てんぷらにすりゃなんでも美味い。

トゥナラと言う島野草のサラダ。
苦味があるけれど、酸味と甘みを効かせたドレッシングで食べると普通に美味しい。^^
鶏がよく食べる。

桑の若葉が覆い茂った後にこの桑の実が大量に成り出す。
意外に実が大きくて、2cm以上のもけっこうあった。
これがね、めっちゃ甘くて美味いんだよね。
実の形がもっと綺麗で、すぐ柔らかくなったりしなければフルーツとして売られてたんだろうな。
ジャムにはバッチリですね。^^
糖度20以上はありそう。

青ビユを小松菜がわりに入れて作った中華あんかけイカ焼きそば。
高い白菜は使わず、千切りのパパイヤと島産の木耳でやってみました。
あんかけ焼きそばには昔から目がなくって、初めての中華屋さんに入るとまず最初に必ずたのむ。
その味で店の味レベルが自分的に分かるんだ。
あんかけ焼きそばが美味い店は他の料理も絶対美味い。
でも島の中華屋さんはみんな台湾系なので、広東料理のあんかけ焼きそばは売ってないのだ!(残念、、)

塩味系のエビや海鮮味のあんかけ焼きそばならけっこう自分で簡単に作れるのでよく作ってます。^^
ニンニクしょうがを油で焼いて材料を炒め、鶏がらスープと片栗粉であんかけにして最後にゴマ油少々、多目の油でこんがり焼いた麺の油を切り、あんをかければOK。
よく使われている蒸し麺は使わず、札幌ラーメンの麺を茹でてから焼くとめっちゃ美味い。^^

ただし塩味系じゃなく茶色いあんの、五目あんかけ焼きそばの調味はすごく難しい。
かなり試行錯誤して極上の調味バランスを研究してみたんだけど、やっと加減が分かって来た。
あんの味付けに使う調味料、ニンニクしょうがに鶏がらスープと醤油、隠し味の砂糖とお酢、オイスターソースとゴマ油、
これらのバランスが超微妙で、何かが多かったり少なかったりするだけで、あの高級中華料理店の味にはならなくなってしまうのだ。
そして具材の種類が多いほど深みのある味になる。(塩味系のは種類少なくてもOK)
今度島の具材だけで美味い五目あんかけ焼きそばを作るのにチャレンジしてみよう。
みんな大好物。



posted by zaki at 12:01| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

官僚支配だけじゃなく、財界癒着も何とかしてね!

政権交代後1日目(16日)のマスコミの報道、新人議員を揶揄する報道は一切なくなり、
新政権誕生の報道がしっかりされてましたね。
タイミングを合わされていたサカイノリコ関係の報道で邪魔するのはかなり控えたようです。
新政権からの圧がかかったのか、自主的に媚を売っておくべきと考えたのか分からないけれど、
コロッとお蔵替え??ってな感じのマスゴミさん達の対応。
まったくゲンキンもいいとこって感じです。(笑)
これから新政権との癒着関係構築に奔走するんでしょうね。

戦々恐々としている高級官僚達と同じ様にマスコミにも厳しくできるかな?
民主党政権は。
クライアントである大企業たちに金で支配され、企業に不都合な事実は極力隠蔽して来たマスゴミ。
民主党もその大企業たちから献金もらっているようではその劣悪体質を変えることは出来ないでしょう。

民主党も自民党と同じ様な財界癒着体質を引きずっている。
それを正す事なしに本当の改革なんて無理じゃねー??
献金を全て違法にして、厳しい監査機関を作って各議員の帳簿を監視する位の事やって下さいよ、民主党さん。
議員がしっかり政治を行うための資金は、別に公正厳格な制度を作れば良いんです。
政治家になっても儲からない、利権も手に入らない、そういう体制作りがきちんと出来たら、
米日財界裏権力の甘い汁や圧力に屈さない、真面目な政治家だけが残って良い国になって行くでしょう。
時間がかかる事だとは思いますが、そこまでやって欲しいですね、歴史的政権交代なんだから!
まずは閣僚や党執行部のお偉方から自ら帳簿をガラス張りにしてクリーンな政治を始めて欲しい。

え? ガラス張りにしたらお偉方の色んなヤバネタが見えちゃうのでそれは出来ない??
それは困りましたねえ。。


10/13追記
おとといあたりに鳩山首相の献金疑惑が報道されていましたね、
旧政権が仕込んでいた大ネタだったんだろうけど、2,3日経ってマスコミ報道から消えました。(笑)
旧政権の時ならマスコミ操作して去年の小沢さんの時の様に大問題にして出鼻を挫けたんだろうけど、
政権交代後にはそれは出来なかったようです。
マスゴミ支配権力も交代したようですね。
旧自公政権の状況に関してはもうほとんど報道されず、新政権に肩入れする報道がほとんどになっています。
これが新政権の圧力によるのか、マスコミが媚を売って積極的にやっているのかは分からないけれど。(両方かもね)
どっちにせよ、大勢に迎合し、金儲けのその時の視聴率最優先のあからさまな豹変ぶり(笑)
視聴率さえ上がれば金をくれるクライアントの企業達が喜ぶからです。
所詮自分らの利益のためには真実なんかどうでもよいと言う事です。
(ちなみに、褒め称えておいて何かあったらほらこんな事になった!と扱き下ろして視聴率を稼ぐのも常套手段です。最近の例がサカイノリコ事件。最近活躍してる著名人知事なんかゴシップを嗅ぎ付け捲くってるんじゃないかな、危ないですね。。)

そんなマスゴミさん達の身勝手な右往左往に翻弄されない、真実を見極めようとする目が、おれ達国民自身の運命を握っているのかも知れません。
真実は見えていても、国民には知らせず権力に迎合しながら視聴率稼ぎに踊る、
俺達には公正な真実は伝えられず、彼らの利益のために踊らされる。

それが日本のマスコミの真実です。




posted by zaki at 13:49| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

権力は交代するか??

自民党政権によるマスコミの牛耳りは政権交代前夜、今日まで続いています。
今日までの各局のニュースはサカイノリコ覚醒剤事件中心、新政権の不安を煽る報道ばかり。
明日16日にサカイノリコ保釈という仕込み続けて来たどうでもいいニュースで、同日、歴史的新政権誕生の日に茶々を入れる準備万端。(笑)
明日、今までの自民党傀儡マスコミどもがどっちにどれだけ報道するか見物です。
傀儡マスコミは、自公政権による今日までの金と圧力のしがらみを優先するか、明日からの新たな権力の傀儡となるのか、
明日の報道全般をしっかり見据えておきましょう。^^

新旧権力によるマスゴミ支配バランスがどうなっているのか、
明日、世の中を席巻するニュースをちゃんと読めば分かりますよ。^^


posted by zaki at 21:09| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野生化変則日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする